チャガマル

10月農場のT34/76か? はたまたヴィレル・ボカージュのクロムウェルなのか?

2009.03.16.pm19:00

我が愛車D6C号は代々木三丁目付近においてピンポイントヒットにより擱座した。

b0058021_12534132.jpg


原因はシフトリンケージの外れ、MT/BXに現れる典型的なトラブル ベスト5ランクくらいかな・・
前回は、2003年 夕暮れの早稲田通りでやられたなぁ・・・・

と 感慨に耽って居る場合ではない、 ハザードを出しクルマから降りて両手を頭の上にあげ大きな×印を作って
これ以上どうにもならないことを後続車に知らせる・・・・まるで投降したフランス兵?
(何しろ青信号になったばかりの交差点で私の車は先頭にいたのだから・・・仕方ない)

冷静にチェックするとギアは1速に入りっぱなしなので、前進だけは出来ことが判ったが
このままでは、安全に自宅に帰ることは難しいだろう。

運良く歩いていた友人のノミ君を見つけ、手伝って貰って広めの歩道にエスケープ。 そしてJAFを呼んだ。
(そのおかげで30分後には今回の事件が地元の友人達の知る処になったのは間違いなかったが・・)

ロードサービスにとっては恐怖のハイドロシトロエンだが、エンジンも掛かるし油圧もあるので担当ドライバーはほっとした様子。。。


b0058021_12552515.jpg




小一時間後、クルマは取りあえず自宅には帰ったが
その夜の現場(船橋)に行く足が無くなってしまったので、デザイナーのクアトロA6にピックアップして貰うことに
*つくづく思うが、A6とか乗るとBXがブリキのクルマに思えるので嫌なんだよなぁ


2009.3.17

主治医に電話で相談

高年式仏車の場合、まずパーツがあるか? を確認しなければクルマを修理にだしても意味がない。
シフトリンケージだと汎用品や国産品の流用というのは考えられないしね。

問い合わせしたら
取りあえずBX16用のリンケージロッド3種3本(使うらしい)が1本づつ日本在庫があることが判明!
速攻で部品注文を掛けて貰ったのは言うまでもない。

自宅から工場までの搬送は任意保険のサービスで30kmまで無料搬送が使えそうなので一安心したのだった。

メデタシメデタシ???
by coolys1 | 2009-03-17 13:17 | 仏車利 | Comments(4)
Commented by かめ at 2009-03-17 21:19 x
あ~、この手のローダー、私も数年前に載りました。
助手席には、うちのチビ1号と共に...

早期復帰出来そうで何よりですね!
Commented by coolys1 at 2009-03-19 11:33
かめさん うちもJAFのご利用は久しぶりです。
JAFの時代遅れなサービスも最近は少しよくなりましたね
(もちろん現場に来る人は皆いい人ばかりでしたが)
搬送も昔の無料料金数キロから15KMに伸びていましたし。。。

けさ、自宅から工場まで改めて搬送しましたが、JAFではありません。任意の保険のほう(全労済のマイカー共済)で
こちらは30KM超からは1km/525円ですので、その点でもJAFより有利ですね。
外車は近くにディーラーが少ないので30KMは最低限必要です。

今回はついでに12ヶ月(13ヶ月)点検も実施予定
D501/006Jの24ヶ月点検がぁ・・・・・
Commented by flarist at 2009-03-21 06:59
行き倒れを他人事として読んでいる自分。
3年車検をサボっているからだ^^
セーフティーローダーが懐かしい。
Commented by thermal-kobo at 2010-02-23 22:59
JAFも二輪車対応になったので側車オーナーになった地点で即入会!
しかし、クロムエルのたとえはピッタリ! 流石やねえ♪


<< Downtown 公私共に >>