夏の終わりにスッパイダーとつぶやく

心地よい風に揺れる蜘蛛の巣
心地よい風のとまる瞬間を待ち
風がなくても震えるレンズで・・・

被写体ブレと被撮影者ブレの惑星直列に偶然は無い。

何度もモニター見ながら呪詛をつぶやく・・フィルムだったら残り24時間は幸せなんだが、デジタルは待ったなし。

その繰り返しを見て脇で呆れるツマ

蜘蛛撮影の醍醐味ではある。

b0058021_14404094.jpg





いや予測なんか不可能なんだが

こいつを旨い旨いと食べている可能性・・・・・・・・・25%有り

b0058021_1442133.jpg

by coolys1 | 2009-08-28 13:00 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(2)
Commented by flarist at 2009-08-29 09:27
風がない日ってホントに少ないですね。
風さえなければってシーンがデフォですね。
Commented by coolys1 at 2009-08-30 12:46
他の虫の場合はともかく蜘蛛はその巣が風の影響を受けるので
非常にきついですね。 笑
オオスミコガネグモはすっごく大きいですね! 立派ですなぁ


<< East‐Southeast 渋谷でサカナを >>