週末は炉端焼きで

新橋の炉端焼きで一杯。。。

店内の七割方のメニューは290円です。 ハタハタやアジを焼いて貰うとちょっと幸せになれますね〜。

b0058021_21585174.jpg


テーブルというか飯台の高さは腰掛けとほぼ同じ尺五寸前後、、これも炉端の王道の高さですわ。
b0058021_21584096.jpg


大手のチェーンでないし、新橋なので日曜日は残念ながらお休みですが、週末の土曜の夕方から入ると、
料理以上に来店客の色とりどりの人間模様が観察でき、実に楽しいひとときになること請けあい!!
b0058021_21585849.jpg

by coolys1 | 2012-04-11 22:06 | 尼酒道 | Comments(6)
Commented by kororogi at 2012-04-11 23:04 x
う~ん、相当魅力的なお店です♪
Commented by アズ at 2012-04-12 02:44 x
行かなきゃ損ソン
Commented by t-h-arch at 2012-04-12 08:13
 飯台の高さ、尺五寸、いい高さですよねぇ。
 尺貫法が生きていることにも感激です。
Commented by coolys1 at 2012-04-13 18:26
kororogiさん かつて70年代は、炉端焼きの全盛時代でしたね。

ここは平日は、リーマン兄弟達で大変でしょうけど、土曜にいくと
独特の雰囲気が味わえますね。 写真にも写っていますが、若めのカップルもいますが、どうやらオトコが連れて来ている様子、
やや場違いな感じもありますが、それなりに楽しんでいたようです。 
Commented by coolys1 at 2012-04-13 18:28
アズさん ここは新橋外の人は、やはり土曜がよいようです。 全員浴衣の従業員はドリフターズみたいと表現した人もいます。 笑
焼き方は重労働なので(酒のお燗もここでやる)一時間ちょっとで交代するようですね。

Commented by coolys1 at 2012-04-13 18:33
杣工房さん 私が昭和33年に生まれた時は、体重一貫でした。
今は、体重二十貫、身長五尺八寸ですねー。
業界でもまだ、尺貫法が生きてますよー 冷蔵ショーケースなんかは
まだまだ尺寸法のままですし。

そういえば昔、首都高速の図面みたら尺でした。

尺に寸に合に升・・・大事にしたいですよね。


<< Kawasaki2011 夜の浅草寺 >>