花火は撮るもの? いや観るものでしょ!

秋田で花火を見るというのにそして撮れるというのに、持っていった機材は諸事情でPENTAX Q7とカーボン三脚。

三脚は桟敷席が予想以上に振動するということで実際は殆ど役に立たなかった。 というか見る方に熱中して最後は撮影どうでもいいッて感じでした。

まぁ当たり前ですね

AFは効かないし、ということでMFで撮るわけですが、レンズ交換時にピントがずれるんですわ。これが
で、合わそうとしても夜空にはすぐに合わせるものがない。

b0058021_23215710.jpg


最後のスターマイン30連発は、とうとうTAMRONの産業用CCTVレンズの35HBで撮ってしまいました!

135版換算画角では165ミリ相当の望遠で撮るとこうなるわけですね 笑

そもそも基板なんかを撮る産業用なのでコントラストは低めなので画像ソフトで上げてますけど、肉眼で見るのとはまた違った雰囲気はだせたとは思います。

Q7のおかげで機材はとってもコンパクトに済みましたが、次回はやっぱりOVFのDSLRがいいかなぁ~と思いました。
by coolys1 | 2014-09-09 23:31 | 大曲花火競技会 | Comments(0)


<< 一関の熱帯雨林 夏の旗艦君臨 >>