境港へ行く

土曜日の出張業務が午後終わり、15:30頃に米子駅まで戻る。 
さて最終のANA米子-羽田便(20:50発なのだ)まで時間があるので、念願の境港に行くことに!

でも米子駅に行ったものの、0番ホームから出る境港線 境港行き15:26発はさきほど出たばかり、、、
一時間に一本なので、さて次の16:29発の奴に乗るのもちょっと辛いなぁ

ということで、地元日の丸自動車の路線バスの境港行きに乗ることになりました! 
こちらは米子駅前16:00発なのでそれでも30分ほど暇つぶしをば、念願の扇形機関庫を見にいきますが、、、やはりうまく見えませんね。

JR線を超える県道の高架橋からやっと見える手前の波型スレートの建物がそれですが、さすがに往年の面影も薄く色気無しですね。
b0058021_125276.jpg

転車機横のDE10 扇形機関庫はDEやキハの巣窟となっています。
b0058021_11575988.jpg


てなことで、路線バスの旅に・・・ 始発なので整理券はないですね。 ちなみにこの路線は、前乗りでしたので東京での乗車感覚と近い。
b0058021_1158227.jpg


米子から境港までの砂洲で出来たフラットな大地の県道をひたすら走るバス。 生活路線なので停留所も多いです。
b0058021_115842.jpg

どんどん跳ね上がる乗車賃表。 終点境港まで一体いくら掛かる? それにしても途中の停留所、○○農協前っていうのがやたら多かったなぁ。
b0058021_1158773.jpg


ほのぼのとした景色と砂地で作られている?葱畑を見つつ揺られて45分。 やっと終点とうちゃこ! 
料金は650円でした。 JR境港線だったら¥320ですから、バスは高いね。 でも所要時間は変わらないから、やっぱりバスで来て正解ちゅう訳です。
b0058021_11581490.jpg

(ちなみに土曜日なのにバスに乗ってる観光客は僕とあと二人くらいだったかな? 他の乗客はみな生活者でした)

出迎えてくれた立派な駅舎。 と思いきや駅舎は別だったみたい。
b0058021_11581044.jpg


こちらも駅前で出迎えてくれたブロンズ像達。 水木ファミリーは当然として、やっぱりこちらは「ヤマタノオロチ」だよねぇ。
b0058021_11582733.jpg


ということで17:00前についた境港ははてさてどう? 続くのだ。





PENTAX Q7
08WIDEZOOM
06TELEZOOM
by coolys1 | 2015-07-04 12:28 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)


<< 境港の港に行く 梅雨空 >>