雨上がりのDetail-1

b0058021_1175833.jpg

b0058021_118731.jpg

b0058021_117880.jpg

b0058021_1171132.jpg

b0058021_1165165.jpg

b0058021_1113366.jpg

b0058021_1163764.jpg

b0058021_1162697.jpg

b0058021_1163487.jpg

b0058021_11151991.jpg




ゆーるピアンミーティング2016(横浜港シンボルタワー)にて

TAMRON A17
PENTAX K5IIs
by coolys1 | 2016-02-21 11:17 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(2)
Commented by うちかわ at 2016-02-21 14:39 x
ご無沙汰しております。
カッコイイ、クールな切り口で魅了されました。
ただ、クラシックカーはフィルムで見たいかもなんて思ったりもしました。
特に、ランチャの赤はコダクローム25で見たい。あの鮮烈な赤で。

P.S. 最近少しポートレート復活中です。URLで公開してます。
Commented by coolys1 at 2016-02-23 12:32
うちかわさん こんにちは! お元気にポートレート精進されておられるようで安心しました。
今回の写真シリーズは70-300の庶民ズームのみの撮影にしましたが、やはり1600万画素クラスになると厳しいですね。
中判フィルム=ネガなどで取れば引き起こしなど自由自在なのですが、、、
そもそもPENTAXにはこのレンジのF4通しの自社他社含めた高級レンズの選択肢が無いのが辛い処ですが、(自社60-250/F4はある)
FFのK1も近いことなので、もうAPSCにはあまり投資は避けたい処ですね。
最終的には16-85(いいレンズです)とDAの55-300でレンジのフィックスをしてしまおうと思います。
FFのK1は持ってみるチャンスがありましたが、コンパクトなのにズシッと重い、 独特なボディでした。 ローライコードより重いのかと
最近 Qシリーズで日和っている自分には重量級なのが悩みどころですね。


<< 雨上がりのDetail-2 ACR2016-4 >>