デスビキャップ交換

昨日、友人に手伝ってもらい。BOSCHの新品デスビキャップに交換。

ある程度工具を増やしたので、比較的スムーズにすすんだのでした。

元々付いてたデスビキャップ(見た目では判らないけどリークしまくりらしい)
b0058021_1865655.jpg


先日 レフナースさんが置いていったテスト用キャップ(中古)。内部に湿気がこもりにくいように通気口が空いている!(でもやや不良品だった)
b0058021_187127.jpg


そして交換取り付けした処。 先日、プロがやった手順をなんとか復元というか。 1/2くらいの縮尺の指と手が欲しい!!
b0058021_1881332.jpg


でも残念ながら始動は果たせず・・・・・

本日はその敗戦処理にまた駐車場に、いつものように錆猫さんが寛いでおります。
b0058021_1893425.jpg


ずーっと取り付けしないでいたイグニッションモジュール。(実は復帰させるのがとても難しい位置なのです)
b0058021_18103433.jpg


たったボルト二本なんだけど、昨日は付けられず、今日はファイト一発!根性で取り付け直しました。(最後は指ラチェットです)
b0058021_1810374.jpg


エンジンマネジメントを司る大物コネクターも清掃。。。
b0058021_18111270.jpg


電気は来ている。 火花も飛んでいる! 燃料も来なくはない・・・ ということは??
b0058021_18114166.jpg


インジェクターが吹いていない??  それともこの燃圧調整のレギュレーターが悪い??
b0058021_1813683.jpg


またまた燃料ポンプが弱い??

随分と遠回りしながら、だんだんと近づいてきたような気がする。。。。。

したいよね~。
by coolys1 | 2016-10-23 18:18 | 仏車利 | Comments(2)
Commented by 水玉のドラグ at 2016-10-24 17:26 x
始動不良は辛いですよね、以外と単純な原因だったりとかしないかな〜。猫さんのせいではないように。
Commented by coolys1 at 2016-10-27 22:31
ガソリンが実は無いとか~
それはないけど、正直不動車は狭い工場では嫌がられますね。
まぁ青空に露天されるよりはいいですけど。



<< 灯りともしころ 2016 ストーブメンテナンス >>