「ほっ」と。キャンペーン

今週の酒 今週の灯り

水曜は富山に出張でした。 夕方富山駅に帰り着き、駅前の「さかな屋 撰鮮」で富山の地酒のお供にしたのは

かじきの昆布巻(昆布〆)でした! (奥のカニは鳥取産)

b0058021_08535891.jpg
特にこの日の昆布〆は、茗荷も挟んである特別品で、これがまたいいアクセントになります。
b0058021_08535919.jpg
富山の漁港の特徴ある醤油も選べるので、身だけでなく昆布も醤油をテイスティングしながらおつまみに・・・
b0058021_08535972.jpg
当然、地酒純米も二杯目に! これは曙をいただきました。
b0058021_08540003.jpg
富山の酒肴を堪能して、日帰りすると、家ではUCOの真鍮製ランタンが待っていました! これは実用品として使います。
b0058021_08540044.jpg
そして週末の昨夜。 残業で閉店間近の「名酒センター」に滑り込んだのは20:45分・・・・ 昨夜はいわゆるジャケ買いというかラベルデザインで選んでみました。

美しいラベルデザインで選んだ群馬の「赤城山」 普段はなんか泥臭いラベルのイメージの「赤城山」ですが、これは公募で女性がデザインしたということで、洒落ています。
純米生酒ですが、やや軽めの今風な味わいはやはり女性をターゲットにしているからでしょう。 ラベルの稜線は赤城山??って感じもしますが、北側からみるとこんな感じなのかな?
b0058021_08540109.jpg
これは とんでもねぇ? って感じでそそられた、京都の「むきだし」 なにがむきだし? ネイキッド? 焼酎?みたいな感じですが、これも
意外にスッキリしている味でした。
b0058021_08540000.jpg
規程の三杯で、この日の場外ホームランだったのは、島根の「ザ・セブン タイプK」 純米吟醸原酒です。
19度くらいの、フルボディの辛口。 地元米らしいですが、お隣の鳥取とは違います。 キリッと辛口が球体で口の中を転がっていく感じで、まさしく男酒2016でした!
b0058021_08540161.jpg
これはぜひ息子にも呑ませたくて、4合瓶で¥2200もする高級酒ですが、買って帰りました。 そうここは呑める酒は気に入れば買って帰れるんですよね。


ではでは

by coolys1 | 2016-11-05 09:11 | 尼酒道 | Comments(2)
Commented by いㇳゥ at 2016-11-12 15:46 x
かじきの昆布巻 食べたい。

お久しぶりです!

車は置いといて(^^;

いつもお元気!良い事です。

寒さと共に、貴殿との飲酒力高まる。
Commented by coolys1 at 2016-11-16 09:43
いトゥさま 本日も富山出張です。(今回含めてあと二回?)
先日は白エビの刺身なるものも頂きました。
富山は肉が弱いと言われていますが、それを補って余る海の幸の宝庫ですね。 
醤油は甘目がメインのようですが、酒はさすが辛口の本場です。
どんよりとした雲の中にたまに見える立山連峰の神々しさは思わず奮い立ちそうになります。

刺身は最後は昆布〆と言われますが、たしかにそう思います。旨いです。

さて我が家の高山犬ですが、致命的な故障と判明しました。
源泉かけ流しの如く金をつぎ込めば直る可能性はありますが、、、、
その予算があればより低走行の同型車が買えそうです。

まぁつまりエンジンが壊れてしまったのです!

今回を持って降りることを決意しました。


<< 高山病で入院治療へ COGHLAN'S L... >>