Digital 撮影日和

娘がバトミントン/シングルス大会に出たので応援/撮影。

しかし、この地区だと対戦チームがほぼ皆無なので結局、所属しているクラブ内の
対抗試合の様相となり、いつも負けるライバルに予想通り負け、優勝を逃してしまった。
バトがさかんな地区の大会に出ると一回戦予選落ちもあるので複雑なのだが、
井戸の中とはいえ、ここいらで一発優勝という文字(=結果)を欲しいのも
親の偽らざる心境であった。
b0058021_16321130.jpg

SIGMAの28-105/2.8-4


b0058021_16323679.jpg

FA*80-200/2.8  
ネット越しはAF合焦ポイントをずらしてネット下の足元にあわせてみたりもした。



室内/人工光のみでのバトミントン撮影は厳しい。
今回の会場の照度は予想以上に低く、*ist Dsのiso設定を1600にしても
f=2.8で1/100しか切れない。 最大設定の3200にすると機のモニター上
でもザリザリ満載でいつも使う気が失せる。

微かに優勝の期待があったので、機材は豊富。
FA*80-200/2.8、FA*85/1.4、FA20/2.8の純正高性能レンズ軍団に
広角側を補う、借り物のSIGMAの28-105/2.8-4という布陣で臨んだ。

果たして使って問題のレンズは今回はFA*85/1.4であった。

*ist Dsは動体予測がピクチャーモードのスポーツシーンでないと働かない。 
 スポーツシーンではシャッター速度をより稼ぐのでFA85/1.4
を装着すると,1/250でf=1.4〜1.8の間を行き来するのだが、さすがに深度が浅く
どうにもピントの歩留まりが悪い結果がでてしまった。

対してFA*80-200/2.8は開放でもピント外しが少なく(あくまで)
フォーカス速度も使用帯域内では合焦が速いと思った。
ただ会場ではちょっと広角側(80mm)が長すぎでコートサイドで振り回しにくかった。

それはあらかじめ判っていたので、今回友人からSIGMAの28-105/2.8-4を
借りていたのだ、このレンズはSIGMA得意の廉価速玉シリーズの1本で
広角側でF=2.8、望遠側でもF=4を謳うものだ。(但し DG仕様でない)
このお徳用レンズの開放での撮影結果とAEやAF機能等のボディとの
相性を知りたかった。

28-105mmという焦点距離は*ist Ds装着時には約43mm〜155mmになって
バトの撮影には絶妙の画角になるのである。しかし105mm側ではF=4に変動してしまうので
今回の条件ではシャッター速度は1/50まで落ち込んでしまうのが難点といえた。

AFの性能(相性)については特に問題を感じなかった、まあ元々速くないAFの
システムのペンタなので、ユーザーとしてもさほど気にならないのが本音。

開放での画質は残念ながら期待を裏切ってくれなかった 
(ただしSIGMAは若干曇り気味。)
が、あるかも知れない四隅の流れは幸いセンサー外に蹴られているので
さほど気にならないだろう。
というのは
今回、画像頒布の為に撮影ファイルサイズを一段(長辺2400)に落としたので
パソコン画面上ではFA*レンズ達とは天と地ほどの差は感じられなかったせいもある。
ただし曇っているとはいえ同じF2.8でもファインダー像のクオリティが大いに違うのには
ちょっと驚いた。


開放での甘さはボディの画像エンジンで補正しようと試みたが、これがうまくいかない
それは*istDsはピクチャーモード状態ではシャープネス、彩度、コントラストの調整が
まったく不可能なのだ!! このあたりは是非、改善して欲しいところ。

大口径標準ズームを求めるとペンタ純正では28-70/2.8というスターズームになる、
そして望遠側が70mmとまり。
タムロンにはたしか28-105/2.8というド級レンズがあったが、ペンタAFマウント
は無かったかも・・・あったとしてもAF速度がどうなのか不明なので、それならば
相性の心配の無い純正ズームがいいとなる。

将来、ISO-3200が使い物になるボディがペンタから出ればまた話しは
変わってくるのだろうが、 
逆にセンサー専用で35-120/2.8のようなレンズが出てくれてもいいかも。
(もっとあり得ないね 笑)

あっ ボディが2台あれば FA43/1.9やFA35/2という選択もありだな・・・・・
by coolys1 | 2005-08-01 17:52 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(2)
Commented by 雀坊 at 2005-08-02 11:36 x
いいですなー。
一度撮影してみたいです。難しそうだけどね。
Commented by coolys1 at 2005-08-02 17:20
このくらいの規模の大会だとスチル撮影しているのは
私だけ・・   
もっともクラブ単位では研究指導用に動画撮影している方は多いですね

コンパクト機ですとデジでも難しい被写体なので、はなっから
スチル撮影はあきらめている方が多いようです。
ストロボ禁止、置きピン、MFほとんど無理、しかもレンズも
明るい高価なズームが要求されるので、色々しんどいですが
写真を差し上げると喜んでくれるので、その分楽しいです。

実はね  雀坊さんのフォーミュラみたいに流し取りしたいんです
よ。  選手の動きがもっと読めるようになったら出来そうカナ。
でも・・・娘が中学に入ると今のクラブから脱退ですので
ジュニアの試合は今年一年限り。。。。。


<< Digital 撮影日和 真夏の夜の涼しい話。 >>