リンクのお知らせ



たとえ衆院が解散しようが、平和ボケと言われようが、戦バカと
言われようが、右翼だ左翼だと罵られようが、言われた奴も言った奴も
腹が減ったら喰わなきゃならん。

ということで、前々から興味のあった   戦闘糧食のサイトをリンク
させて頂きました。(リンクフリーだったし)









宮崎はやお氏も戦闘中の食事には凄く興味があったのか? 
彼の漫画に出てくるトルメキアの王族用のコルベットには分不相応な
キッチンがついていたましたし、悪役1号多砲塔戦車にもちゃんとコックが乗っていました。
by coolys1 | 2005-08-08 18:58 | 尼酒道 | Comments(4)
Commented by 腰痛ミリオタ at 2005-08-08 20:18 x
こんなサイトがあるのですねぇ。

米軍のMREは、Meal Ready to Eat(すぐ喰える飯だぜぃ)
のアブリエーションですが、余りの不味さにGI達は
Meal Rejected by Ethiopian(エチオピア人も喰わねぇ飯だぜぃ)
と言ったとか。
拙のアメリカ事務所のディレクターは、
元グリーンベレー大佐でユダヤ人なのですが、
ちゃんとコーシャミールが支給されてたそうです。
が、しかし、
屈強なグリーンベレー達が泣くほど不味かったそうです。

これに比べれば我が陸自のⅠ型戦闘食のトリ飯は名品ですね。
また、ときのんでCレーション試食会やりましょう。(^^ゞ
Commented by coolys1 at 2005-08-09 19:11
若い頃、御徒町の中田商店でMCI(meal-combat-individualt)をみんなで買って食べっこしました。たしかまだ煙草が入っていたなあ。
(痛んでいたものも多かったが・・・)
十分若かったのにメインディッシュの缶詰は胃に重く、舌に濃かったですね。   (つうか 食べ比べているとほとんど味の区別が付かなくなる)

やはり、ホテイの焼き鳥缶と明治屋のウインナ缶ですかね!!
Commented by coolys1 at 2005-08-09 19:29
エチオピアには地球上でもっとも気温の高い処があるらしいですね。
その探検紀をTVで見ていたらAK47ぶら下げた若いアフロの民兵が
灼熱の大地をパトロールしていました。その見事なアフロヘアーの
セットに3時間は掛けるとかで、機能よりも様式美を愉しむ男の原点を見た気がしました。

そんなエチオピアに敬意を込めて高知のエチオピア饅頭をば!!
http://www.hi-ho.ne.jp/japan/kochi_1998/gourmet/echiopia.htm
Commented by 腰痛ミリオタ at 2005-08-10 00:35 x
わははは、エチオピア饅頭、喰うてみたいです。
次回のご帰省の折にはぜひお土産に!!
でも、社長、エチオピアに行くときはこの頁をご参照ください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=95
エチオピアもやばいが、隣国もやばそうな国ばかりです。
ブラックホークダウンのソマリアもありまっせ。
海兵隊上陸のときのCNNの画像が泣かせました。
まず先遣としてシールズがゴムボートで上陸地に現れたのですが、
メディアの連中がライトを煌々と照らして待ち受けておりました。
まるで、初めて洞窟に入る川口探検隊でしたね。


<< ハードボイルド・カッチンチン 国産6×6一眼レフカメラ >>