flexaret

b0058021_23513149.jpg


トロントのKOJIさんよりCzechoslovakiaの二眼レフflexaret
を頂いてしまった。flexaretは知ってはいたがほぼ未体験で、多数ある型違いも判らない
しかし便利なネットで調べると、これはVI型のようだ。

VI型の特徴はセミオートマット巻き上げで、レンズはテッサータイプのBelar80/3.5。
我が家の二眼レフの王者? Rollei Cord Vaと好敵手的なスペックで興味津々である。

cordと較べると巻き上げと同時にシャッターチャージが出来る処が勝っている
のだが、操作系が全く違うので大いにとまどった。

写真は絞り f=5.6の状態、cord Vaと違い、円形絞りに近い。



b0058021_14141729.jpg


b0058021_1416359.jpg


b0058021_14155082.jpg

3点 f=8くらい


b0058021_14172992.jpg

b0058021_14195324.jpg

2点 f=3.5 開放

とり目、弱老眼、乱視矯正眼鏡の私に夕方の磨りガラススクリーンは拷問であった。
ピントが甘いのか、開放がソフトなのか、正直よくわからないのだが、
万が一後者なのだとすれば、これは欲しかった模写なのだ。

ハイライト部のフレアーが派手なのは古いレンズとカメラ内の反射によると思う。
せめて純正のフードをあつらって上げないと可愛そう。(西新宿にあったような)

bodyなかばに付いたシャッターレリーズはコツがいるようでcordのつもりで撮ったら
1/25でも結構ぶれぶれ写真を作ってしまった。

上の五枚は三田用水の南側、旧前田侯爵邸(現:駒場公園)
FILM は FUJI PROVIA 400を使用。

カラーの最後は KODAK FILMでE100VS (このフィルムの選択は×だった)

docomo茸みたいなベンチをもろ日暮れ逆光から意地悪ショット。

b0058021_14352523.jpg

by coolys1 | 2005-10-25 14:35 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(1)
Commented by 越渓 at 2005-10-25 15:56 x
わが目で見たクラシックカメラの作例を見るのって、新鮮です。
確かにフレアっぽいですが、いいじゃないですか。特に1枚目。
良いものを見させていただきました。


<< made in U.S.S.R 川を作る為、坪1円で買い上げた... >>