Spada coda tronca

まさかcoda troncaが車名になるなんてことが既にビックリなんだが、、、

spada conceptを率いるErcole Spadaが自らデザインしたalfa のTZシリーズを下敷きにしながらも
超現代的なイタリアンデザインの解釈で創られたcoda troncaは妙にそそるスタイリングである。

b0058021_11343793.jpg

b0058021_1135323.jpg

b0058021_11402988.jpg

b0058021_11421525.jpg


シャーシとパワーユニットはなんと現行コルベットであるという!!!
(そういわれればFウィンドウなんかはコルベットの流用っぽいし、全体の構成もコルベットの定規上のようだ)

Spadaconceptはたしか以前にOSCA GTで市販化寸前のレトロイタリアンデザインのミドエンジンカーを作ったけど、
今回のcoda troncaがそのデザインの正統な進化系と見えるところが、さすがErcole Spada、一本筋が通っていて凄いと思う。

ルーフに付いているツノはピトー管をイメージしたアンテナということらしい。

ところで
デザインにおける「ガンダムチック」というカテゴリーはグローバル化しているのか
それとも単なる日本人故の思いこみなのか    いよいよワカラナイ?????

すくなくとも「やぎさんコーナー」にはちょっと似合わないって!?
by coolys1 | 2007-06-06 11:46 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(2)
Commented by 山本 at 2007-06-06 14:34 x
OSCA GTはかなり好きでした。
ミニカーあるのかな?
キャノピー周りのデザインに共通性が見られますね。
Commented by coolys1 at 2007-06-07 12:59
>ミニカーあるのかな?
いや  さすがにないと思います。。
でもイタリアではあったのかなぁ 
しかし実車が出なくて本当に残念でした。
coda troncaはコルベットベースだと意外に大きいかも



<< BACK IN TOWN SIGNの王道? >>