フルーツトマト

ムラマサ氏より土佐は南国市の「フルーツトマト」が届く。

子供のころ、婆さんが作る夕食のおかずがキュウリやトマトだけなんてことがあって血気盛んな当時は不満タラタラ・・・
まぁ人生枯れ始めた今思えばただただ懐かしいおかず。
(キュウリは醤油、トマトは塩で、あっさりとご飯を頂くのだ・・・)


さて昨今、人気のフルーツトマトはどうやって頂こうか?


静岡は掛川に土井酒造という「開運」ブランドで呑みやすい日本酒を出している蔵がある。

その蔵のトップブランドに「波瀬正吉」なる高名な杜氏名を謳った大変旨い大吟醸酒があるのだけど、
これをフルーツのメロンを食べながら飲るのが旨いよという人がいた。

今回この糖度の高いトマトをアテに頂くのは富山の富美菊酒造という蔵の「羽根屋」。
越中産の酒造米「五百万石」を用い17度以上の純米中汲み生原酒であるらしい。

飲るまえはミスマッチ!?かと思ったが、いやイケますねこの取り合わせ。
まぁ、、このままだと日本酒飲みナントカみたいな唄の世界にはいっていきそうですがね

b0058021_22523532.jpg

by coolys1 | 2008-05-01 11:30 | 尼酒道 | Comments(3)
Commented by soave at 2008-05-02 17:35 x
これは美味しそう。
お酒もトマトも♪
Commented by かめ at 2008-05-02 20:51 x
以前、棚田の田植えに行っていたとき、昼飯時には完熟トマトやキュウリをつまみに、吟醸酒出てました。
コレが最高に旨かったです。

因みに、キュウリは味噌で、トマトはそのままいってました。
Commented by coolys1 at 2008-05-03 11:19
soaveさん
もしかして吟醸酒やるには、今が一番いい季節なのかも知れませんねぇ!
かめさん
田植えのあとの一杯! もうそれだけで上等な味わいなのかも
午後は仕事になりましたかな?


<< ON&OFF 1/3 の世界とLight w... >>