鰯の油漬けの缶詰にハマル その壱

いやー 見事にはまってしまった!!

こうなるともはやSardines creekかな?


b0058021_19182729.jpg


はまった訳は、缶詰ラベルのデザインがとっても素敵だからで、(特に南欧系の商品)
これはついぞコマーシャル系のミニカー収集へ行かなかった自分への遅すぎた報復行為でもあるといえる。(??)


で、折角だからオイルサーディンについて色々油漬け・・じゃない!一夜漬けで勉強した結果報告をば。

オイルサーディンの生産地は、日本でおなじみのノルウェーは北欧産
大西洋や地中海に面したフランス、スペイン、ポルトガル等の南欧産とモロッコのアフリカ産や大英帝国等々も
そして、山陰を中心とした日本産も勿論ある。(缶詰大手の国分やサンヨーもちゃんとある)

北欧産や国産は割に小型の鰯を使うが、南欧産はやや大振りの身が入っている。
そして、漬けている油の種類で随分食感が異なるようだ。

鰯が漬かっているのはいわゆるベジタブルオイルだが、これにも色々種類があって
大豆油、綿実油、オリーブオイル、そしてサンフラワー油なんてものまであるから驚き!

どうやら一般的にはオリーブ油が高級とされるようで。。。。
こいつはオリーブ油で漬けているぜ! って高々と謳っている商品もあるくらいなのだ。

さて国産にも丹後半島方面にそうとうに旨い逸品があるらしい。
また別の国産品でも食感を高めるために従来のオリーブ油からあえて
エキストラ・バージンクラスにグレードアップした商品もあるとのことで頼もしい。

そのほか、味付けとして、チリ味、トマト味、レモン味なんかが各社ラインナップされているが、
日本では油を殆ど使わずに醤油で漬けた変わり種もある。

値段は300円から800円前後であった。


しかし、このマイブームのお陰で輸入食品に強いスーパーのハシゴをした訳だ・・・マッタク


丹後のオイルサーディンはパッケージ違いが写真右隅に写っています。
(最近はマイワシが獲れないので、カタクチイワシになっているそうですのでラベルも変わったのかな?)
by coolys1 | 2008-05-11 19:18 | 尼酒道 | Comments(10)
Commented by かめ at 2008-05-12 22:14 x
近年、鰯が激減してるそうで、生のも缶詰も貴重品になりつつありますね。
(そのうちマイワシ缶は蟹缶並みになるか!?)

鰯好きには、寂しい限り...
Commented by 酔之字 at 2008-05-13 03:08 x
や、や、やられた。。。。。
アンチョビ・コレクターを自認していましたが、
仰るようにオイルサーディンの方がイケてるかも。
老いるサーティーン。幼年よさらば、青春よ今日は。今は昔。。。。(?)
Commented by coolys1 at 2008-05-13 11:00
かめさん  tangoのオイルサーディンはやはり真鰯のほうが旨いらしいですね。  水産庁的には日本海では真鰯は絶滅種らしい・・・・・
日本で初めて作られた缶詰が長崎で、大量に獲れる真鰯の保存の
目的だったことを考えると皮肉な現実ですね。。
Commented by coolys1 at 2008-05-13 11:06
酔之字さん
実はアンチョビ缶のほうが小さくて可愛いんですよね。我が家ではほとんどアンチョビを使わないので、残念ながら買いませんけど
ところで今、大英帝国のサーディンブランド「KING&KING」を捜索中です。どこかで見かけましたらご一報を!
Commented by sakura-blend at 2008-05-14 22:49
やはり食用とコレクション用と2缶買うのですか?
タカの爪としょうゆ一滴入れて直接コンロにかけるのが好きです。
Commented by coolyscreek at 2008-05-14 22:55 x
sakura-blendさん
そうですねー2缶買いたくなりますが、一応、消費期限がある食品なので、、、、こと食べるコトに関しては、自分に合う一缶を見つけ出す旅の始まりではあります。

醤油合いますよね。
次回は かの「ディンドン卿」も愛したというサーディン料理に
挑戦します! お楽しみに?
Commented by 酔之字 at 2008-05-15 19:46 x
亀レスです。読んでくれるかなぁ。。(笑)

> 大英帝国のサーディンブランド「KING&KING」を捜索中です。

ひょっとして、King of Kingsブランドのことでしょうか。

そうだとすると、拙のご愛用店にありますが。
http://www.kobegrocers.com/cgi-bin/kobegrocers/siteup.cgi?category=3&page=2

この店、面白いですよ。
Commented by coolyscreek at 2008-05-15 21:40 x
酔之字さんありがとうございます。
実はここのサイトで存在を知りました。 (^^;;;;
そうKING OF KINGですね。
ノルウェーの雄 キングオスカーにも重大な秘密があるのを
最近店頭で知りましたが・・それゆくゆく
下に掲載されているミネルバも最近見ないなぁと思っていたら
日本での老舗輸入業者が廃業したそうです。
でも豆関係の商社が取り扱いを始めたそうで、店頭にもそのうちに戻ってくるかもしれません。
Commented by afuroyan at 2008-05-18 09:56
昔の明治屋のシリーズも好きでした。ところで蓋を開けるとローリエの
切れ端が入っているのはどれくらいありましたか?
次は牡蠣の燻製の油漬けが良いかと(じゅるる)
Commented by coolys1 at 2008-05-18 21:47
明治屋の缶詰は自衛隊の個人携行食にも
同内容のものがありますよね! ちなみに明治屋の国産牛コーンビーフは2500円以上のプライスです。
ローリエは南欧産のものにはどうも入ってないみたいですね。

牡蠣の薫製缶は日本製だけ!? 


<< Mini-Stoveを作る。 雨音はショパンの調べ >>