“French-French-East” 2008.12.06

南町田カルフール屋上駐車場にて

b0058021_213426100.jpg




今回は余裕で早起きして出かけたにも関わらず、携帯は忘れるわ、時計は忘れるわ、でまったく休みボケのスタートとなってしまいました。

(ハイドロBXなのに携帯を持っていないというのは、いささかマズイ。)


おまけにカメラのiso設定をAUTOにし、その調整範囲を200~1600にしたつもりが何故か1600固定に。。。

冬とはいえピーカンの空の下、iso1600で撮りまくった写真はみなハートウォーミングでノイジーな名機DC-4800を彷彿させる写り・・

仕方ないので今回は一気にサムネイルで!!




幸い天気もよく、また風がなかったせいか、予想よりもはるかに暖かかったのでした。

仏車のお尻や後ろ姿、
かなり個性的な奴もいますね。その中でもルノー・アヴァンタイムはやはり別格の趣かな。

b0058021_21311348.jpg


CITROENは今回はSM様がいらっしゃっていたので感激です。マゼラーティのDOHC/V6というのが泣かせますね。
b0058021_21313523.jpg


今年は、DSの当たり年? しかもみんな猫眼でした。A110も少ないなぁなんて行ってる先から集まって数台規模になりましたね。
同じアルピーヌでもV6turboは少なくて二台、(A610も二台)その二台ともデビルの四本出しなんですが、音が違います。
ウチのもデビルですが、どうもこの二台とも音は違う感じですね。
本当は今は無きMCファクトリーのステン一本出しのほうが抜けがいいらしいのですが・・・
b0058021_2132381.jpg




さて今回のハイライトはやはりこの車!!グループBマニアさんの愛車BX4TCですね。

ボンネットのパワーバルジと並列4灯のドライビングランプが強烈な印象です。
(日本では点灯不可、 車検上は、配線もしていけないそうです。)


b0058021_21374293.jpg


ノーマルより300mm程長いノーズの先で、オーナーさんがなにやらやってますが、これは儀式の一つなのらしい。
b0058021_2138732.jpg


ノーマルと全く違う車なので大人気! みんなエンジン見せて下さ〜いと群がっております。
しかしこの長いノーズを見慣れるとノーマル(手前のBXは私のです。)は逆に寸詰まりに見えてしまうのが面白い。

b0058021_21382618.jpg



エンジンはこんな感じ、AUDIみたいに縦置きです。エンジン自体はどうやらプジョー505系の4気筒みたいです。
縦置きなので、ドライブトレーンはいわゆる串オデン型配置でしょうか。プジョーエンジンにはSMのギアボックスらしいです。
ターボ、インタークーラー・インジェクターのライン見ると、あのパワーバルジが伊達どころか、絶対に必要なのが良くわかりますね。
エンジン自体は完全にフロントオーバーハングですが(公称200HP)一般的な整備はとてもやりやすそうに見えます。(見えるだけ?)

b0058021_21384352.jpg



公道用シトロエン屈指のいつまでも未来的なプロトタイプダッシュボード。
そんなボビン・ダッシュに詰め込まれたアナログメーター類も一見ミスマッチに見えて実は超精悍ですね。
運転席に座らせて頂きましたが、意外にも僕のBXよりもアップライトで、長いノーズの見切りも悪くありませんでした。

b0058021_2139033.jpg


リアのデフ周り、フロントもそうですが、独自のアクスルユニットを付けるためにサブフレーム方式をとっていますね。
このあたり見るとやはりグループBカーの雰囲気が如実に感じられます。

b0058021_21391736.jpg


ホモロゲ用に200台しか作られなかった(実際に登録されたのは数十台とか)4TCですが、グループBマニアさんの話ではその中にフェーズ1と2があるとのことでビックリです。

もっとも、一番ビックリしたのはこのグループBカーにチャイルドシートが付いていたことでしょうか!!

奥様、旦那さんを小一時間拘束してしまい、どうもすいませんでした。






余談というか・・・休日は冷却水も大気開放だ!  みたいな

よく病院に行って病気を貰ってくるなんて話がありますが、今回はそんな出来事が・・・・

カルフールでの仏車乗りの方々と話しが弾むとやはり出るのは故障の話ですが
「最近は壊れないですねー僕のは・・・」と言ってたんですが、

都心への帰り道、国道246号の信号待ちでなにやら前方から狼煙のようなものが、、、
しかもちょっと焦げ臭い。

とっさに計器類を確認(常に水温計と油温計は見てますが)しても正常です。

なぁーんだ、前にいるアウディが調子悪いんじゃんなんて一瞬思いましたが、そのアウディが左折して消えても、納まりませんでした。

仕方ないので、左に停めてハザード出して、ボンネットを開けます。
(週末の246は混んでいて、こんな奇妙な行為はよく目立ちますが、仕方ないです、というか慣れっこだから・・・)

結局、その場では良くわからず、正常値を示している計器類を信じて数キロ先の自宅まで戻ってきましたが、

車庫に入れたとたん、冷却水の中量下血をおこしました。(途中の道には漏れた形跡がない)ある程度で止まったのですが、
まだ熱いのでそのまま放置します。

その後の仕事を済ませ戻り、幾分冷めたエンジンルームを改めて点検しますが、
どうやらインジェクターパイプの裏側にある冷却水のラインの一部から漏れたようです。

上から見ても下からみても判らないので、コンデジのAFとマクロフラッシュを信じてカメラを突っ込みルーム内を撮影。

ようやく判ったのが下の画像

b0058021_8405777.jpg


どうも冷却水のバイパスラインの一部のパイプの破裂のようです。バッチリ写りました!
しかし写真は撮れても手が入る場所ではないので、応急修理は無理そうです。
このパイプは最終的にラジエーターの中位置付近に入ってますので、冷却水の半分近くは失われた可能性はあります。

おそらくこのパイプのもう一方の先、リザーブタンクの中は見事空っぽ。


b0058021_845396.jpg



本日、十数キロ先の修理工場まで持っていかねばなりません、さてどうしたもんだか?
とりあえず、何リットルか水をもっていきますかね。
もし途中でだめなら、そこからJAFだな・・・・・

更新 08.12.07 pm12:30

無事に谷原のGST系のシトロエンサービスに到着。。

途中でガソリンが無くなりかけて慌ててガススタンドに入り補給(ガス安くなったなぁ)

実はエンジン停止すると下血するんですよね・・・・

スタンドの店員がガスを入れている最中に車体からじわーっと液体が垂れてきているもんだから店員さんも不審な顔つきを隠せません!!

「あーこれ冷却水だから安心してっ」「これから持って行く処だから」

結局そのガススタンドで2リットル水を追加してしまいました。


夜、工場から電話があって、ホース部品は存在するが、国内在庫がエラーになっているとのことでした。。。。。
by coolys1 | 2008-12-07 09:08 | 仏車利 | Comments(12)
Commented by ponchan at 2008-12-07 11:01 x
仏車に限らず欧州車の故障の話はつきものですね。現在乗っているBMW E36、ヤフオクで手に入れたのですが今のところ大きなトラブルもなく、イイ感じです。冷却水が一番気になったのはMINI 1000でしたねー。
がんばって工場行かれてください!
Commented by 山本 at 2008-12-07 13:15 x
行きたかったんですけどね。
生憎朝から現場でした。
今日も仕事ですけど。(涙)
4TC見たかったなぁ。
Commented by かめ at 2008-12-07 21:07 x
当方のクルマも、荷室には希釈済LLC常備です...
以前、漏れた時に水を足して乗ってたら、配管錆びさせて穴開けてしまいました。
Commented by coolys1 at 2008-12-07 21:37
ponchanさん なんとあのE36はヤフオクモノでしたか!
ビックリ! もちろん実車を見ての入札ですよね。
E36は好きなBMWデザインのひとつです。
そういえば現行型のM3ってV8らしいですが格好いいし、早そうですね。 よってたとえALPINEで出会っても知らんぷりしてます。
Commented by coolys1 at 2008-12-07 21:40
山本さん
もしや来られるかと待ってましたが、仕事でしたか、僕も午後から仕事だったので昼過ぎにおいとましました。
4TCは 凄いです。 やはりBXの帝王ですね!
Commented by coolys1 at 2008-12-07 21:42
かめさん

7万kmあたりでアッパー・ロアー等ホース交換は終わっていましたが、このバイパスラインはやってないと思います。

本日は無事工場までたどり着けました、というか途中でガスが無くなりかけて焦りました。 笑

Commented by グループBマニア at 2008-12-08 09:18 x
先日はありがとうございました。
しっかり儀式の写真を撮られてしまって笑いました。
帰路でトラブルに遭われていたとは知らなかったです。それでも、なんとか騙し騙し整備工場まで辿り着けるのは、さすがBXというところでしょうか。
V6ターボも休眠中ですし、なんとか早く現役復帰させたいところですね。

Commented by coolys1 at 2008-12-09 12:44
グループBマニアさま
なんとか辿り着きました! いけね!トランクにシャパラルのミニカー入れっぱなし・・・

>V6ターボも休眠中ですし、なんとか早く現役復帰させたいところですね。

そうなんです・・・よく考えてみたら二台あって二台とも乗れないっちゅうのは馬鹿みたいな話しですね。
Commented by カミヤマ at 2008-12-13 23:04 x
>そうなんです・・・よく考えてみたら二台あって二台とも乗れないっちゅうのは馬鹿みたいな話しですね。

 やっぱり3台目が必要?
Commented by coolys1 at 2008-12-14 00:22 x
カミヤマさん 軽四 いや やめて 笑 
でも二輪という手もありますね。 ははは
Commented by at 2009-01-07 16:35 x
3台あって、3台とも入庫(1台代車)というシチュエーションは実際に私はありましたが...
何台あってもいっしょです。
Commented by coolys1 at 2009-01-08 00:11 x
と さん こんばんは
三台とも入庫というのも辛いですねー。XM/Xmは昔(今も)憧れの一台であります。でもその80年代後半のクルマの維持が70年代と60年代の同メーカーのフラグシップと同じ(またはもっと大変?)ということが最近おぼろげに・・・・
それでも、先週末に甲州街道で僕を追い越していった白いXMは
かっこよかったなぁ・・・・


<< “French-French-... Ds in Hatagaya >>