2015年 12月 30日 ( 1 )

今治の焼き鳥屋は煙たくない?

しばらくぶりの、看板酒シリーズです。

出張先の今治駅前で目に止まり、入ったお店は、焼き鳥屋でした。  看板酒は地酒ではない富久娘ね

b0058021_11161688.jpg


最近建て直したのか大変綺麗で清潔な広めのL字のカウンターに案内されて、とりあえずの燗酒(おそらく富久娘)をいただきました。
酒はテキパキした若大将がカウンターのグラスにチロリでスリキリ入れてくれますが、一滴たりともこぼれません!
横の皿はレンコン焼きというもので、れんこんの穴につくねが入っていて不思議な焼き物。
b0058021_11154854.jpg


メインの焼き鳥は皮とモツを頂きましたが、今治の焼き鳥はなんと鉄板焼きで串にも刺さっていないのでこんな感じで提供されます。
b0058021_11155853.jpg


皮は親鳥らしく結構噛みごたえがあったけど、タレが妙に旨口でたまらんですね。

「醤油にする?ポン酢にする?」と大将に聞かれて出てくる豆腐焼き この辺りでお酒を地酒の「山丹正宗」にしてもらってランクアップしました 笑
b0058021_1115551.jpg


揚げ物は、若大将のお母さん?かな 専門でやってくれます。 隣の人が食べていてあまりに美味しそうだったので頼んだ串かつ。
ガウス型に挟まれた玉葱のほうが大きい串揚げでした。
b0058021_11155144.jpg



その他に椎茸なんかも焼いてもらって燗酒3杯飲んでごちそうさま。
座敷と二階もあるお店は、殆ど地元常連さん達ばかりですが、駅に近いせいか私のような一見さんもちらほら、、

b0058021_1132388.jpg


次回来訪の際は、名物せんざんきを頂きたい処です!
by coolys1 | 2015-12-30 11:44 | 看板酒を呑む | Comments(2)