2017年 10月 09日 ( 1 )

SHOE CARE WORK SHOP&LUNCH

古着のリフォームで何度かお世話になっていた代々木上原のGMT FACTORY SHOPさんのSHOE CARE WORK SHOPが開かれるというので、参加してみました!
最近は革靴や革製品の使用が多いので、そのケアには興味がアリアリだったのですね。(色々と齧りやうろ覚えを一回リセットしたかったのも本音です。)
そして少々気温の上がった祝日のお昼に向かったのは代々木上原駅前のNODE(ノード)という地下にはビストロを持つオープンなカフェです。
b0058021_22014892.jpg
b0058021_22014846.jpg
ビックリしたのが店先に既にWORK SHOPの準備がされていたこと!(SHOE CARE用品はなんか心を踊らせますね~)
b0058021_22014977.jpg
b0058021_22014881.jpg
SHOE CAREということは靴磨きなので、さすがに手を汚してからではアレなので先にランチとなりました。
頼んだB.L.Tサンドが品切れということでほぐした豚肉と目玉焼きの挟まれたボリュームのあるサンドウィッチをいただきます。
b0058021_22014909.jpg
ふとランチョンマット(紙ですが)見るとそこにはSHOE CAREの基本が書かれています。(凄い用意ですね)
ランチはSHOE CARE用品店の柴崎氏のSHOE CARE基本論を拝聴しながら頂きました!
b0058021_22014931.jpg
SHOE CAREとはいっても、基本は全ての革製品に通用するベーシックなもので、
とにかく一番大切なのは履いた後の埃や汚れ落とし=ブラッシングの大切さでした!汚れを落とすのが馬毛のブラシ、そして艶出しが豚毛のブラシという基本。
食後は早速店頭のデモ・スペースで実践です。 まずは柴崎氏による汚れ取り布の指への巻きつけ方のレクチャー。
(これがスパッと決まると格好いいだろうと思う) *駅前の洒落た飲食店の店頭ということで、通行者の興味の視線も大いに感じましたが・・・
b0058021_22014937.jpg
今回使わせてもらった、馬毛ブラシ(左)と豚毛ブラシ(使ったのは豚毛風のナイロンでした)
b0058021_22015039.jpg
ブラッシング~リムーバーによる汚れ落とし~保湿クリーム塗り込み~ブラッシング、そして拭き上げによって美しく輝く自分のブーツ!
(仕上がりにはちょっと 感動しました)
b0058021_22015011.jpg
使わせて貰った道具たち(左から)
簡易キーパー(やはりこれを入れると圧倒的に作業し易い)
馬毛ブラシ(最初に靴の埃やゴミをはらい取る為)
リムーバーと柔らかい布(リムーバーを布にとって軽く優しく汚れを取ります)
アニリン系の保湿クリームとフェルト布(着けすぎないのが肝心)
豚毛ブラシ(つや出しブラッシング)と最後の拭き上げクロス
以上がMONTHLY SHOE CARE用の道具となるようです。
b0058021_22015077.jpg
いつもは自分の目玉から一番離れた部分で健気にその仕事をしている靴ですが、やや高いテーブルに載せて一連の作業をするとなんとも愛らしい逸品になるものですね。
実は、もう少し手軽なWEEKLY SHOE CARE用で汚れ落とし+保湿クリームが一体型になったものもあるのでした。
たしかに所有している靴が多いと各々上記の作業は大変ですものね。

GMT様 ありがとうございました。

それにしてもこういう楽しい作業は狭くそして暗い玄関で嫌々やってはいけない作業だなぁとつくづく思いました!
by coolys1 | 2017-10-09 22:38 | Lunch time trip | Comments(0)