KATO KA-4000R 下北沢北口のミステリー


駅含め、再開発中の下北沢駅北口、ふと見ると大きなクレーンブームが!



b0058021_11465588.jpg
b0058021_11451421.jpg


KATOの最大級のオールテレーンクレーンであるKA-4000Rが鎮座してました!(所有は内宮運輸機工株式会社)

KA-4000R(KATO HPより)
b0058021_11451404.jpg
六軸、400ton吊りの威風堂々とした車体は大迫力! カウンターウエイトも凄い迫力です。

しかしここでちょっとした疑問? コヤツは一体どのようにして、この北口に来たのだろうか??ということです。

何故なら、下北沢北口には、このような大型車体が進入出来る幹線道路は無いからです。
というかそれをこれから作るための再開発でもあるからなんですね。。。

リンク:「都市計画道路補助第54号線(下北沢1期)及び世田谷区画街路第10号線」

この開発計画、下北沢北口商店街界隈を一変(ありふれた駅前化?)させるかもということで、反対論も大いにあり、まだまだ悶着はありそうですが、
とにかくその都道の一部(約250m)と北口への接続区道の計画先行が小田急線の完全地下化によりどんどんと進んでいます。
まぁ 渋谷と世田谷を東西に結ぶ補助第54号の全線開通は、自分の生きてる内はお目に掛かれないでしょうけどね。
(というか息子の世代でも開通は怪しいかも)

てなことですが、今は何時出来るか分からない都道よりも、

一体どうやってこの建機は入ってこれたか?

が気になる気になるのでマップで色々検証してみました。

北から(最短では井の頭通りから鎌倉街道を南下する)を入ってくるルートを考えるのは全く不可能なのでやめて。
南の国道246号、三軒茶屋か?あるいは淡島通りから北向きに茶沢通りをひたすら進入するルートを検証したのが下の図です! 
そして茶沢通りでは下北沢北口・南口方面に行けるのは三本のルートがあると妄想。

b0058021_11453913.jpg

まずは茶沢通りから代沢三叉路で左に分岐した南口商店街の狭い坂道を逆走する、

*ルート1
 

KA-4000Rは、ブーム&旋回体を外した上で行政の特別許可を受けての公道走行可能ですので
そこまでやったら一通逆進も関係ないだろとの読みでしたが、実際の南口の通りはとてもじゃないけど・・・

b0058021_12113387.jpg


b0058021_12113371.jpg
旋回体が無いのだから一低い井の頭線の高架もくぐれるかも知れない 知れないけどねぇ こりゃ難しいかな?

最後の北口の(広場)へは段差もあるので、ルート1 はかなり不可能!との判断です。

b0058021_12113392.jpg



次は、茶沢通りから一旦代沢三叉路で分岐しさらに北沢庚申堂で右に分岐し、本多劇場に向かう真ん中「あずま通り」の 

*ルート2

一箇所難儀な左折コーナーがルート検討地図上で判明してますが、はたして??

コーナーを曲がった通りは、東北沢東会というスーパーのOZEKIやらマルシェのある、あずま通り。
ちなみにパット見は
「毛沢東」と読めてしまいますね~ここ。 読めませんかね。いや読みましょうねこれからは!
b0058021_12213172.jpg
b0058021_12232388.jpg
旋回体がなければ余裕の道幅なんですが、問題はこの先のコーナー!
ここですね。 右方向から手前に曲がってくることになるのですが、、、
b0058021_12233517.jpg
ちょっと高い視線でコーナー全景。 内径は幸いにして隅切りしてる訳です。
b0058021_12233895.jpg
KA-4000Rは六軸ですが、後ろ二軸が逆位相操行可能なので、スペック上では最低回転半径 11.6mとなっています。
さぁこれでここが曲がれるのかどうか? 曲がれたら一番早くて近いルートである筈なんですが。

曲がれたとしての毛沢東通りをもう一度振り返り。写真では人は多いけど、どうせ来るのは深夜でしょうからね。
(でもこの通りの界隈は深夜でも人通りはあるのだなぁ)
b0058021_12353190.jpg
小田急の旧線路跡までくると、北口は目と鼻の先! しかも、進入用の仮設スロープもちゃんとありました!
ここを上がってきたのでしょう。
それにしてもここ、南口と北口の商店街が最短で行き来できるようになったので今のところは超便利ですね! 
でも開発が終わると線路が道路になるので、横断は容易ではなくなるでしょう! まさに今のうちだけね・・・

b0058021_12375403.jpg
もちろん車体は一旦、線路跡を右へ(東北沢駅側)にアタマ入れてから、バックでこのスロープを登って来たはずですが、、、
ややピンぼけですが、東北沢方向の線路跡はアタマ突っ込むにも余裕ありありですね。
b0058021_12415680.jpg




そして、最後は台車の操縦オペレーターにとっては一番楽勝と思われる「茶沢通り一直線」の 

*ルート3

三軒茶屋から茶沢通りを一直線にきて、途中の井の頭線の高架もまだまだ高い位置だし、そのままスズナリの前のゆるいコーナー坂を上がれば
労せずして もう小田急の線路跡(旧開かずの踏切)です。
b0058021_12505032.jpg
もちろん線路も無いし、そのまま左折も右折もつまり東北沢駅方向への展開もかなり容易ですね~。
線路の向こうは、そのまま鎌倉街道まで続く北口の商業のメッカ下北沢一番街の入口です。
b0058021_12540607.jpg
b0058021_12513594.jpg
北口側はこんな感じ、 旧線路軌道上に消防車が居るのはなんかのイベントのようでした!

それにしても平たくすると、線路用地は広いですね。 わざわざ住宅地にこれから何十年も掛けて補助54号なんか作らなくても

この地下化された線路上に東北沢の都道420号から北口まで道路作った方がよっぽど早そうな気もしますがね?

今建機の鎮座している場所って結局54号との接続道路の10号(正確にいうと北口ロータリー)になるので、そのままここ通らせば良い訳ですね。
まぁ 小田急地下化の地の字もなかった頃からの都の道路計画なんで、今更言っても仕方ないか・・・ないですかね。



b0058021_12533721.jpg
さて、本題のルート3はここまでは楽勝なんですが、問題はここからくだんの北口まで延々と旧軌道上をバックして行かないといけないことです。
でも一応ルートらしきものは、作ってあるようですね。
b0058021_12565606.jpg
先には北口の例の建機が、、、 それにしてもやっぱり、このまま道路にしたほうがなんぼか・・・・
b0058021_12573507.jpg
ちなみにあずま通りのルート2も毛沢東コーナーを曲がらずに直進すれば、ここに出られますが、、、まさか無いでしょうねそれはね。
b0058021_12572627.jpg
さて、このミステリー? どのコースが正解なのか? 曲がれればルート2もありなんですが、
実は、台車だけ来てもしょうがないですよね。
実際には、旋回体やブーム、バラストや組み立て用のラフターなんかも別便で運んでこないといけない訳で
それを組む場所も必要となると、遠回りだけどルート3が一番やり易いのかなぁ と素人推測しています。

それにしても旧地上線路跡、やっぱり道路に・・・

撮影
PENTAX Q7
02 ZOOMLENS



-----


# by coolys1 | 2018-02-12 18:00 | 建機一杯 | Comments(0)

夜の今治市街2015-2

b0058021_12114560.jpg
b0058021_12114971.jpg
b0058021_12113622.jpg
b0058021_12114104.jpg
b0058021_12112572.jpg
2015年12月 CAMERA PENTAX Q7
LENS 01StandardPrime 8mm f=1.9
iso=800 f=1.9  -1.3~2 Program



----

# by coolys1 | 2018-02-10 12:14 | 地方出張の果は | Comments(0)

夜の今治市街2015-1

b0058021_11035825.jpg
b0058021_11035454.jpg
b0058021_11035573.jpg
b0058021_11035496.jpg
b0058021_11042150.jpg
2015年12月 CAMERA PENTAX Q7
LENS 01StandardPrime 8mm f=1.9
iso=800 f=1.9  -1.3~2 Program





-----
# by coolys1 | 2018-02-07 11:06 | 地方出張の果は | Comments(0)

夕暮れの今治市街 2015-02

駅前の和・洋食屋さん 残念ながら開いてるのみたことないけど・・・
b0058021_16594670.jpg
しもた屋だけど ひとが居た!!
b0058021_16595320.jpg
b0058021_16595822.jpg
b0058021_17000185.jpg
b0058021_17000598.jpg


あと180秒でフェリー埠頭
b0058021_17000810.jpg
2015年12月 CAMERA PENTAX Q7
LENS 01StandardPrime 8mm f=1.9iso=800 f=1.9 Program







-----
# by coolys1 | 2018-02-05 17:15 | 地方出張の果は | Comments(2)

夕暮れの今治市街 2015-01

b0058021_20462783.jpg
b0058021_20462736.jpg
b0058021_20462836.jpg
b0058021_20462753.jpg
b0058021_20462772.jpg
2015年12月 
CAMERA PENTAX Q7
LENS 01StandardPrime 8mm f=1.9
iso=800 f=1.9 Program




----
# by coolys1 | 2018-02-02 20:50 | 地方出張の果は | Comments(0)

夕闇の今治港 2015-3

しまなみ海道経由では行けない島からのフェリーが到着。(橋の無い大崎上島や下島他の小島ルートでしょうか。)
b0058021_16005701.jpg
徒歩客の後には市内へ戻る便なのか車両も続々降りて来ます。
b0058021_16005737.jpg
今治から島々に工事やなにかで行く場合はクルマも載せていかないと仕事にならないからね。
b0058021_16005801.jpg
お疲れ様でした!
b0058021_16005883.jpg
こちらはもしや、定期便運行終了後の渡航船(乗り合いタクシー)かな~? 今治で呑んだ帰りの助っ人?
b0058021_16005727.jpg
岸壁から振り向くと、市内の南西は最後の残照にシルエットになって
b0058021_16013258.jpg
b0058021_16013215.jpg
2015年12月 CAMERA PENTAX Q7
LENS 01StandardPrime 8mm f=1.9iso=800 f=1.9  -1 Program







----
# by coolys1 | 2018-01-31 16:13 | 地方出張の果は | Comments(0)

夕闇の今治港 2015-2

今治港も「しまなみ海道」開通で、そうとうに運行先や便数は減ったようなんですね。
誰もいない待合室。 
ここ見ると、同じ時間帯の東京の竹芝フェリー埠頭の待合室がまるで銀座や渋谷のようです。

b0058021_18182046.jpg


b0058021_18182070.jpg
各島へ連絡船は、第三桟橋がほとんどのよう。。。
橋のつながっていない島への連絡船が残っているって感じでしょうか。

b0058021_18182095.jpg

それでも新しいターミナルみたいなのを作っていました。(移転するのかな?)

b0058021_18182524.jpg
b0058021_18254157.jpg

2015年12月 CAMERA PENTAX Q7
LENS 01StandardPrime 8mm f=1.9iso=800 f=1.9 -0.7 Program







---
# by coolys1 | 2018-01-28 18:27 | 地方出張の果は | Comments(0)

夕闇の今治港 2015-1

b0058021_11083859.jpg
b0058021_11083882.jpg
b0058021_11083811.jpg
b0058021_11083828.jpg
b0058021_11083929.jpg
2015年12月 CAMERA PENTAX Q7
LENS 01StandardPrime 8mm f=1.9
iso=800 f=1.9 -0.7 Program








---

# by coolys1 | 2018-01-27 11:13 | 地方出張の果は | Comments(0)

JI・SAKEYA

昨年末で、四年間務めた会社を辞めましたが、その影響で一番残念なことは仕事帰りに大門の名酒センターに寄れなくなったことでした。
その残念な感覚のまま、年を越して、そして新年に近所の不動様に初詣に行った処、なんと! こんなお店があるじゃないですか!!家から徒歩で10分程度です!
b0058021_18055098.jpg
店内では、ほとんどの酒が(ショーケースに入っている)試飲出来るバーカウンターもあって・・・素晴らしい!
b0058021_18054937.jpg
ふと見ると こんな看板も!
b0058021_18055076.jpg
金升は、新潟は新発田の蔵で、名酒センターでもよく頂いていましたので、興味を持って店主に聞いた処、
なんとここの店主は、名酒センターの先代社長(故人)と親密なおつきあいをしていた仲だったようで、なるほど腑に落ちました。
このお店のすごい処は名酒センターにも置いていないような、地方の蔵元の普通酒も買える(呑める)っていうところで
例えば、一升瓶で2000円を遥かに下回る、蔵元の地元でしか飲めないような本醸造であったり、普通酒であったり「ある意味超レア」な酒があるということです!
安酒研究数十年?? の自分もこれは嬉しいお店でした。ああ よかった。ところで、このお店の前にはこんなお店もあるので、ちょっとビックリ。
b0058021_18055000.jpg
最近 不動通り商店街も色々、おしゃれになってきていますね。

そういえば、近くにはこんな葱専門居酒屋もあったのでしたね。

# by coolys1 | 2018-01-24 18:20 | 看板酒を呑む | Comments(2)

小田原漁港のひと

b0058021_10220729.jpg
PENTAX K5IIs
TAMRON A17





# by coolys1 | 2018-01-21 10:23 | クルツとランゲ | Comments(0)