「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:サーマル工房応援隊( 34 )

TOSAZAI展へ

新宿パークタワー「オゾン」にて開催中のTOSAZAI展

b0058021_21492275.jpg



実はサーマル工房が、新製品の1/6の土佐和船をひっさげて出展しているのです。(会期9/8~9/25)


b0058021_21492482.jpg


来場者に和船模型の魅力を説明する村正氏、 いまや商品プレゼン用にツールにはipadは欠かせませんねぇ!

b0058021_21492615.jpg


そして慣れない花のお江戸で、やや緊張気味の和船イメージキャラクターの漁馬さん  (大丈夫かえ?)

b0058021_21492926.jpg


隣のブースのちょっと気になるバターナイフです。(説明を見るまで用途不明でしたが・・・)

b0058021_2149336.jpg


TOSAZAI展出品作ではないけど、気になる高知製品。。。

b0058021_21493583.jpg



高知の銘酒  「亀泉」  東京ではほとんど飲めませんけどね。

b0058021_21493790.jpg




土佐の銘品(林業・林材・和紙・漆喰)を生かした製品を広めるためのTOSAZAI展は9/25まで開催です。
by coolys1 | 2012-09-09 22:01 | サーマル工房応援隊 | Comments(4)

パンフレット

東京でも直接買える日は近いかも?

b0058021_13465963.jpg

by coolys1 | 2011-11-26 13:47 | サーマル工房応援隊 | Comments(0)

土佐和船で一献

村正氏が土佐和船のプロモーションで来京。

魚の旨い、渋谷の八吉で一杯やりました。

舟盛りじゃなくて、舟自体が肴というわけです。 石川の手取川が旨し・・・・(本当の肴はへしこ鯖)
b0058021_0443938.jpg


で、、、なぜか、シェーバーが乱入し・・・(秋長コレクションのフィリップス)盛り上がります!

b0058021_0461495.jpg



約1/10のギリ竿と竹リール 0.3号のテグスでしなるしなる!!!

b0058021_0473251.jpg


撮影 秋長時太郎氏


結局 舟肴で飲んだ日本酒は八海山、手取川、黒龍、そして十四代でした! 
(土佐山田の銘酒 文佳人が好物の村正氏も堪能した様子でした。)
by coolys1 | 2011-11-25 00:51 | サーマル工房応援隊 | Comments(4)

1/10和船 スケールモデル

村正氏よりの最新情報!

サーマル工房の新製品は、なんと地元産 檜と杉板をつかった土佐和船です。

しかし凝り性ノンブレーキ状態に陥った 製品には、チヌ釣り用ギリ竿と手巻きリール、錨、
そして夜釣りの必需品!(これはまだ秘密のアイテム)がオプションで付くかも知れませんねぇ。


b0058021_19171140.jpg

b0058021_19181230.jpg

by coolys1 | 2011-11-10 19:17 | サーマル工房応援隊 | Comments(0)

土佐空援隊 (仁淀川河口上空)

土佐の村正氏より、会心の空撮成功との連絡が・・・・

快晴の中、仁淀川河口付近の上空を1/3のカーエイトが僚機を従えて舞っています。

時折見える海はもちろん太平洋! 遠く北には四国山地そして西には宇佐漁港や横浪半島も 高知も良い季節になったなぁ。




元記事

関連記事


ところで、村正氏はまた、オーパーツを入手し楽しんでいる模様・・・
by coolys1 | 2010-05-02 08:18 | サーマル工房応援隊 | Comments(2)

春のサーマル工房たより

龍馬、空を飛ぶ(高知市潮江地区上空)




この龍馬はどこのもんぜよ? サーマル工房工作室 元記事
by coolys1 | 2010-03-12 07:57 | サーマル工房応援隊 | Comments(1)

深秋:ハビヒト黄昏の試験飛行に思う。




夕暮れ迫る春野の田園を飛ぶサーマル工房のハビヒト

そのアクロバティックな飛行にも関わらず、眼下ののどかな風景に思わず望郷の念を強くしてしまいます!!


この動画を見ていて

昭和20年8月某日、ある陸軍飛行士が北海道の某地で完成した木製戦闘機(キー106か?)を受領した手記を思い出しました。

部分木製の機体はピアノの様な艶塗装仕上げで、製作に携わった女学生達が出発の直前まで一生懸命磨いてくれていたそうです。

「どうかよろしくお願いします!」

大勢の関係者に見守られて受け取った機体は、その日のうちに関東地方へ空輸する為、すぐに北海道を飛び立ちましたが、

その陸軍飛行士は、この戦争が敗戦という形でもう終わりにごく近いことを察知していたようで、

軍を信じて一心に機体を磨く彼女達の姿、そしてこの先の国の行方、空輸中の不安で複雑な心境で見た、

日本上空のあまりにも美しくかつ切なげな夕焼け空が、一生忘れられない光景として強く印象に残ったと記していました。
by coolys1 | 2009-10-24 07:42 | サーマル工房応援隊 | Comments(2)

こだわりのスケール機を創造!

New model of thermal studio(サーマル工房) who is developing!!

*It is not a glider.
*balsa wood of the high quality.
*Laser PreCutting Kit.
*Equipped with large-scale motor
*???超Long canopy??? He likes it.  (^^;;;
*Dream of reflecting in surface of the water ・・・ -

The announcement : with New Blog??

Coming soon!!

b0058021_12413167.jpg





サーマル工房の新ブログ「ラジコン空技廠」オープンしてます!!



新製品はなんと!1/6スケールの零式三座水偵!!でした。



b0058021_1242232.jpg




b0058021_12424312.jpg

by coolys1 | 2009-07-20 20:31 | サーマル工房応援隊 | Comments(2)

翼に写る空

上昇反転

1/3スケールのKa-8c

翼のフィルムに映り込む空と海と陸は懐かしい光景です。



パイロット養成講座
by coolys1 | 2009-06-26 00:34 | サーマル工房応援隊 | Comments(0)

恐るべしかな IQ

村正氏が社用車として導入した IQ

私も実車はトレッサで見て 正直 四人乗りだとシンドイサイズだなぁと思ってましたが・・・・

いやいや 人間様よりも大きい1/3.5スケールの大型グライダー含め、5機も乗せられるとは!?


ちょっとビックリじゃありませんか!


b0058021_23244132.jpg



こんな風に載せてます。クルマも人間も工夫次第ということですね。


頑張りましょう。
by coolys1 | 2009-02-11 23:28 | サーマル工房応援隊 | Comments(6)