カテゴリ:寄道・脇道・誘い道( 92 )

哀愁ファサード

中野サンロードからブロードウェイに抜ける手前、いつも飲みに疾る私の心を、一瞬和ませてくれた、いけ花茶道教室だったが、、、

なんと鳥良系の海鮮居酒屋に変身中。  もうすぐこの不思議な残滓ファサードともお別れなのであった。 あーめん

b0058021_22513769.jpg

by coolys1 | 2014-11-19 22:53 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(0)

まさき

神戸三宮さんちかにて

さすがだね。

高校一年の時 同級生が大阪に遊びに行って、「あっちは上田正樹が凄いねん」って興奮してかえってきたの思い出した。

あのころは憧れの兄さんだったよ 正樹

b0058021_2244073.jpg



今の職場で、新しくきた人に「俺はここではレジェンドと呼ばれている」って言ったら、

”自分でレジェンドていう人、あんまりいないですよね” って返えされた。 まぁ そうだよねぇ

他人が言ってこその価値なのだろう 笑



実兄のマサキ氏と  幡ケ谷 萬月にて  2014.09.25

b0058021_22125164.jpg

by coolys1 | 2014-09-30 22:09 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(0)

春のウィンドウに映してみたら・・・・・・

さすがに決まった一張羅のスーツ。 でもないか。(実はスーツなんてここ数年着てませんし)

弥生三月に入ると担当中の物件(姫路・埼玉・木更津)が佳境を迎えるので、早めに昨年度の確定申告を行うことに決定。

そこで月末の週末の午後ですが、オフィスでの仕事を午後イチで切り上げて、渋谷の申告会場に向かうことにしました。

申告会場は渋谷金王坂上にあるので、渋谷駅から徒歩コースですが、
東口歩道橋から只今、話題沸騰中の「開削された(一時的に暗渠を開いた)渋谷川」を観察できました!

b0058021_15112125.jpg



東急東横店や東急線渋谷駅施設も解体がどんどん進んでいる様子。

ところで、何故?旧東急線改札から副都心渋谷駅への地下アプローチ口(黄色矢印)が離れていたか判りましたね。

最短コース(ピンク矢印)には渋谷川があったからですね!! そして東急東横店が実際に渋谷川に載っかっていたという訳です。

b0058021_151124100.jpg



申告の為の特別会場は、いつものベルサール渋谷ファースト。 

見た目に寄らず、一応愛国者の私は時の執政がどのようであれ、決算書とともに青色申告様式で国税額を決めしっかり納めさせて頂きます。
*たとえそれが、徹甲弾の一部になろうが、議員会館の蛇口になろうが・・・・・・です。 笑

今年、苦慮して捻じりだした国税額も、なんとか一桁万円に収まったので、それはそれで成功でしょう 爆

どうせこの先に地方税や個人事業税をがっつり取られますもんね! 
まぁ、でも昨年みたいに国税還付金を地方税務局に差し押さえられるなんていう怖い事態にならないだけいいですよね。

ところで、税務署にはもうひとつ重要な要件がありまして、それがこれ。

b0058021_15112666.jpg


青白申告廃止届けの提出です。

実は、ワタクシ 今年から税務上では、給与所得者になってしまったのです。
なので今年度からはリーマン並の年末調整による国税納付とあいなったのです。さらば確定申告・・・・
でも実際は正社員でもなく、契約社員でもなく、派遣でもなく、実はそれ以上に働く特殊な立場なんですけどね。

なんか五十代後半で、役員や社員になりたいほど魅力溢れる会社っていう感じでもないので、いい落とし処かも知れません。

もちろん 残業代も付きますしね。

気楽に(しかし先は読めないけど)契約期間を過ごしましょう。。。。

そんな晴れ晴れとした気持ちで、眺める青山界隈。 
落書きだらけの青学のグラウンドを抜けるトンネル、夕刻の弱い光に照らされるタワー。好きな冬の光景です。
(今度、じっくり撮りたい地域だなぁ)

b0058021_15112761.jpg



金王坂途中の英国雑貨屋にあった古い「Bickerton Portables」の中古車。 手前のは内装式の変速ギア付きでした。

当時自転車では最新素材のアルミフレームですが、溶接技術等の問題で一切溶接を使っていないようですね。 ちょっと欲しいかも

b0058021_15112933.jpg



その後、17時に予約していた渋谷アップルストアのジーニアスバーまでに時間の余裕があったので、
ドカティショップを覗いてみたり、「カサンドラ・ウィルソン」の輸入盤をタワーレコードで探してみたりして、 暖かい夕方を満喫しました。

そうそう タワーレコードで視聴した、ライ・クーダープロデュースの三姉妹のカントリー・アルバムは良かったなぁ。 購入決定?


The Haden Triplets



ジーニアスで目的の第五世代のipodの電池交換プログラムをお願いしていたら、待ち合わせのエムリコがやってきたました。

さて、まだ日は明るいものの、マークシティ横のパブ 「failte」で乾杯!! 決算報告終了のお祝いです。


b0058021_15113168.jpg


「failte」で飲むのはやはりこれ! ロンドン郊外テムズ川上流域のごく小さい醸造所で作られる
リッジ・ウェイ・フォーリンエクスポート。

濃い目のスタウトですが、苦味は少なく、奥深い甘みとアロマでビール嫌いのワイン党も納得の旨さだと思います。

日本ではここでしか飲めないみたい。 以前は樽生もあったんだけど、今は500mlの瓶のみ、しかも1300円もします!
でも本場同様ちびりちびりやれば、一時間以上持つので、結果、案外安上がりだったりしますね。

b0058021_15113436.jpg



8%もあるリッジウェイなんで、チェイサー代わりに ベルギーの「ヴェデット」をサイドオーダーしましたが、柑橘系でちょっと合わなかったかな。


陽のあるうちのAlc=8%にすっかりやられた二人は、「もう一軒」の探索と酔い覚ましにと青山界隈まで歩くことに決定。

ヒカリエの地下でチャンツァイを探してみたりしながら、宮益坂を登山して青山へ、あぁ ここのシトロエンはフェラーリになったんか・・・とか

神宮前裏通りで見つけたハンドシフトのHD
b0058021_15113640.jpg


・・・でこんな処へ。
b0058021_15113825.jpg



光の回廊を進むと

b0058021_15114092.jpg


何故か? 大聖堂がありました 笑

b0058021_15114220.jpg


日本のこういうビジネスは、ある意味すごいですね~。 
そこから眺める青山AOビル。少し酔ったか? ぶれていますけどこのタワーの夜のコチラ面は素直に綺麗です。

b0058021_1511445.jpg



結局、明治神宮前まで出たものの、なんかもう一軒が見つからなくて(実は和食希望)
頼みの綱の隠田商店街にもそれは見つからずに結局、千代田線で代々木上原に戻ることに決定


上原なら、私たちの世代でいう、「スノッブ=死語」な飲食店が結構あるよな~です。

その中の一軒、 初めてでしたがという和食居酒屋へ。 駅前の地下のお店です

「美とし」

お通しはバイ貝、エムリコの希望で生牡蠣を少し(長崎産とのこと) お酒は甘口原酒の「射美」と土佐の「美丈夫」で乾杯です。

b0058021_15114525.jpg


白貝の酒蒸し
b0058021_15115264.jpg


本当に白い貝殻の二枚貝ですね。 身は大振り
b0058021_15115091.jpg


その後、和牛を炭で焼いてもらったりしましたが、上品な味付けの料理は居酒屋というより和食店でした。
20時頃に入った店内は心配なくらいガラガラだったけど、出る頃にはほぼ満杯で、開店して一年だという割りに常連さんも多い店でした。

〆に頼んだ、小豆島オリーブの素麺。 オリーブを練りこんでいるんでしょうか? 素麺ももとより、つけツユの美味しいこと!
常連リピーターが付くのが納得のお店でした。

b0058021_15115497.jpg


ごちそうさまは 二人で9600円也

さぁ これから棲家の北渋谷の幡ヶ谷まで、また酔った身体で山登り・・・・上原(上の原っぱ)から幡ヶ(谷)なのにねぇ  下りじゃないんです 笑



Photo:iphone4s
by coolys1 | 2014-03-01 15:39 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(2)

フルーツ軍艦

艦コレ 人気ですね 私の周りでも何人かのリーマン中年提督が日々善苦戦しているようです。

私はやってませんけど、あれはやるとハマるでしょうねぇ!

さてそんな旬の軍艦ですが、もしネーミングに果物名しか使えないなんていう制約があったらどうなるんでしょう? ってなこと考えてみました。


まずは ぶどうだったら どうなるか・・・・?


超弩級戦艦 「巨峰」   

ずど~~ん




  終 了      



いやいや これで終了という訳にもいかないので続けます

まずは「石榴」   

なんか榴弾砲のせた 河川警備用の砲艦のようですが、ざくろのイメージからいうとざくっと爆沈系? 乗組員からなんだか評判悪そうですねぇ。


次、苺級はどうでしょう?

「とちおとめ」「とよのお」「あまおう」「さちのか」「ゆめのか」「さがほのか」・・・・・

千トンクラスの甘くスィーツな小さい艦の感じですね。  なんか戦闘艦のイメージとちょっと違うかな?



柑橘級だと

「温州」   お! これはなんか護衛空母なみの風格ありそうな名前ですね!

でも「日向夏」「伊予艦」「たん艦」あたりはいいですが、
「ぽん艦」「夏み艦」あたりから怪しくなって、、「でこぽん」でさすがに戦意ゼロになっちゃいまいますね。

それでも「清見」「甘夏」「天草」「南津海」などの爽やかな名前も豊富で、さすが艦きつ系と言えます。

一方「バレンシア」「ネーブル」あたりになると西班牙から貰った戦利艦のイメージ?



日本の誇る林檎級だとなかなか立派で戦艦クラスに使えそうです。

「つがる」「ふじ」「王林」「北斗」、それに「陸奥」!!

「紅玉」「陽光」あたりは特殊艦っぽいかな? そしてなんと「世界一」なんてぇのもありますから、さすが林檎級は奥が深い。。。。




林檎に負けていないのが、柿級!

「富有」!! これも正規空母クラスですね 「刀根早生」「甲州百目」なんて正体不明の艦名があったかと思えば、「平核無」なんてぇ 核兵器非搭載艦にピッタリなネームもありました。



一瞬、可愛い感じの サクランボ級ですが、 例の錦が付くネームが多くて

ネームシップの「佐藤錦」に始まり、「香夏錦」「月山錦」「豊錦」

そして「大将錦」!! おおーっ サクランボの癖に旗艦機能まで持ってそうな壮大な名前で素晴らしい!




杏級
も案外いいですね。

「平和」「昭和」に特殊艇なのか「山形3号」! そして仮装巡洋艦なのか「信山丸」まであります。




最近は焼酎に入れる方も減りましたが、梅も立派なフルーツ、なかなか古風で立派なネームを持っていてイケています!

「南高」「白加賀」「古城」「小梅」ですから、間違いなく巡洋艦クラスですね。



さて冒頭で超弩級戦艦を生み出した 葡萄級でしたが、他の艦名はちょっと癖者揃いでした

「甲斐路」「甲州」「赤嶺」あたりはいいのですが、「デラウェア」「キャンベル」あたりはメリケンの古い砲艦を買い取ったみたいだし、

「ベリーA」なんかは、ペリー提督の乗船艦を分捕った感じで、さすがに近代的ではありませんね。


その他、枇杷には「涼風」とか「瑞穂」、 には「あきづき」「愛宕」なんて名前がありますし、には「白凰」「あかつき」なんてぇのも。。。


最後に九州で砂糖漬けを食べ実に美味しくて好きになった「ざぼん」、 これはさすがに向かないかな。。。。。


それにつけても 大艦巨峰 はやっぱり美味しいですよね。  


やはりフルーツは食べるのが一番ということです。
by coolys1 | 2013-11-02 22:09 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(2)

道草 2013

蒸し暑い午後に約束の夕立雨。 のちに訪れた夏暮れの路地

b0058021_2295199.jpg


御徒町は湯島天神に日が沈み
b0058021_2295461.jpg


新橋烏森口は西から活気を帯びてくる
b0058021_2295794.jpg


こんな素敵な1日の終わりには、こんなご褒美の一杯を ゴキュリ・・・・

b0058021_2210180.jpg


*(クラッシュアイスに浸された金宮に天羽の梅シロ!)



COSMICAR 12.5/1.4

E-P2
by coolys1 | 2013-08-07 22:27 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(0)

丹沢に沈む夕日

終着駅の夕暮れ  夏の日の入りは秋の始まりの予感。


b0058021_2361861.jpg



まぁ これから乗ってかえるんだけど。
by coolys1 | 2013-07-23 23:07 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(0)

恋するタイル

いや 僕がこのタイルに恋してしまったのだなぁ・・・・

b0058021_23524989.jpg


b0058021_23525211.jpg



横浜 ベーリックホールにて
by coolys1 | 2013-01-17 23:59 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(0)

Take Its To The Limit

やるところまでやった! あとはもう・・・・


b0058021_23223751.jpg



店内は異常に広い様子  値段はとくに安くはないけど・・・・


b0058021_23224093.jpg

by coolys1 | 2012-10-11 23:24 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(0)

旅の終わりに

豪徳寺から世田谷まで乗った世田谷線、 帰りは松陰神社から乗って北の終点下高井戸に
b0058021_1231510.jpg


京王線に乗り換える前に北口の駅前市場に寄ります。
b0058021_1234864.jpg


お目当ては魚屋が並ぶ筋の左の奥の店
b0058021_1235086.jpg


なぜか看板に川魚・貝類と書いている長谷川屋へ、 
ここは近海物のマグロのブツがいつも安くて旨いですが、この日は紅トロサーモンと定番のネギトロを買って帰ることに。
合計¥1000で家族四人の夕食が満足になれます。(幡ヶ谷は笹塚と違い、魚屋がほぼ無いに等しいのです。)
b0058021_1235425.jpg

by coolys1 | 2012-08-11 12:17 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(5)

ミド世田谷漂流(極私的感傷旅行)

曇だけど暑い日の夕暮れ、仕事ついでに昔懐かしい世田谷へ。

35年前に上京して半年棲んでいた界隈 意外に坂があって世田谷区役所から西には下り坂。

b0058021_2259022.jpg


懐かしい下り坂、昔から道幅が広い。ここから眺める夕焼けと振り返って見る暮れ落ちた東の空は一生の思い出。
友人が買った510クーペはたしかこの辺りに停めていたよなぁ・・・

b0058021_2259423.jpg


同じく友人がバイトしていた、スーパーマーケットもまだある。
b0058021_2313992.jpg


何度も渡った世田谷線の踏切、でも掛かって困ったことは一度もないけどねぇ
b0058021_2322149.jpg


その世田谷線を若林方向にあるくと、その路地があった
b0058021_2331754.jpg

b0058021_2332198.jpg


このクランクはよく覚えている!
b0058021_234108.jpg


そしてこのあたりに棲んでいた学生寮があったのだが、さすがに30年以上経つとその面影もない。
b0058021_2341484.jpg


世田谷通りに出て振り返ってみる。 渋谷からバスで戻ってきて何度も通った懐かしい路地だ!
b0058021_235336.jpg


通った、世田谷通り沿いの風呂屋は、ビルディングに
b0058021_2355060.jpg


セコイヤチョコを買った婆さんの店はこの辺りだっけ?
b0058021_2351812.jpg


深夜に牛丼を食べた「一心」は健在だった!(牛丼はないようだが)
b0058021_2355670.jpg


生まれて初めて入った蕎麦店は駐車場に・・・・

b0058021_2383516.jpg


でも世田谷通りのバス天国状態は今も昔も変わらずだなぁ
b0058021_2393764.jpg


松陰神社に続く商店街へ
b0058021_2311278.jpg


ここはセンター排水溝方式にしているんだな。
b0058021_2312233.jpg


真夏なのになぜか賑わっている、おでん種のお店
b0058021_23131783.jpg


カルビクッパをよく食べた「焼肉まるみ苑」も既に跡形も無くなっていたのが残念無念。

b0058021_2314612.jpg


当時は士館の巣窟だった、鶴の湯 今見るとなんだか風情があるなぁ。
b0058021_23153047.jpg


最近はこういう雰囲気の中華に惹かれます! で入って思わず注文するのは何故かタンメンなんだよなぁ。
b0058021_23174743.jpg


松陰神社駅から世田谷方向へ少し戻って踏み切りを越えると・・・
b0058021_23185247.jpg


お腹の膨れた若い奥さんが、いつも眠そうに店番していたレコード店跡。 アナログ盤をよく試聴させてもらったなぁ・・・

試聴ばかりじゃ悪いと思って達郎の「SPECY」を買ったのだが試聴され過ぎていて、傷だらけだったっけ。
b0058021_2321141.jpg


そして松陰神社駅から下高井戸行きに乗って、仕事ついでの小さな感傷旅行は終わりに向かうのだった。
b0058021_23224495.jpg

by coolys1 | 2012-08-09 23:36 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(10)