「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:北渋谷の味わい( 84 )

北渋谷呑み喰い事情 2016

タイトル程ではない。 幡ヶ谷駅北口周辺の昨今みたいな。

最初は近日オープン予定のここ。 「焼き鳥JITAN」
b0058021_16205276.jpg

6/1から6/10までプレオープンするというが・・・
b0058021_16212542.jpg

フレンチ・ビストロスタイルの焼き鳥ですか! 会費制のプレオープン価格から察すると客単価5000円以上かぁ
b0058021_16235349.jpg

駅から甲州街道を新宿へ少し歩いて左側、以前レストランバーがあっていつの間にか閉店していた場所(ほぼ夜逃だったかも)
その後、しばらくして解体、全面改装してやっとオープンするようだ。
正直、この場所に客単五千円オーバーのお店が出来るとはちょっと驚きを隠せない、きっと幡ヶ谷以外の顧客も獲得するつもりだろうね。  
さらに昔は洋食屋があった場所で、間口が狭いのはさすがに変えられない。

その数軒先にある。 カフェっぽいレストランバー。 このやや立地の悪い場所で10年以上やっているのは偉い。
30代前後の若い顧客が週末の遅い時間でも入れるような感じで、私のような年配向けではない。
b0058021_16332415.jpg


若い人達が遅くまで、というとずっと駅寄りの六号商店街入口にある。 ピザ主体のワインバー。
ここも毎日AM3:00頃までやってるっていう業態で五百円で食べられるピザと、安価で多種なワインで近辺の若者達を一手に吸い取っている感じかな。
もちろん私達は場違いすぎて入れないし、そんな客も少ないようだ。 業態的には大成功らしく入れ替わりの激しい区画で、もう4~5年やっている。
b0058021_1637970.jpg

ちなみに二階に写るモツ鍋屋は、最近馬肉専門店から鞍替えした業態。そうここは二年くらいで店や業態が入れ替わるのだ。 
駅チカとはいえ二階立地は厳しい土地柄である。


一方、若いお店にいけない世代の方の食事とワインを引き受けているのが、この老舗。 
値ごろ感と気取らない感じがいいのだろう。昭和世代のビストロ感が満載で、意外に混んでる週末も多い。
b0058021_1644839.jpg


立地的には幡ヶ谷駅に近い甲州街道沿いだが、地階へのエントランスが悪く、いまいち入りの悪そうなサイゼ。
安いイタリアン(ぽい)けど幡ヶ谷では苦戦していると思う。 幡ヶ谷はチェーン店にも難しい地域なのだ。
b0058021_1619394.jpg


3月に駅の上のコリドーに出来た餃子専門店。
シロクマ餃子といって5個/三百円台の価格帯は、お一人様で仕事帰りや夕方に一杯引っ掛けるには丁度いいかなと思ったが、、
二度目の来訪を果たす前に、もうひと月あまり閉店中。。。 最初は設備点検の為なんてお知らせを貼っていたがもうそれすらも無いということは・・・・
まぁこの区画はしょっちゅうテナントが入れ替わる処なので、まさか呪われているのか?
b0058021_16193212.jpg


その向かいの、ラーメン屋ばっかり入れ替わり立ち代り変わっている区画。 最近はハマ系のこの店が頑張ってる! まぁ私は一度しか入ったことがないけどね。
見ての通り店の前がスロープになっている。 こんなスロープでも商売に微妙な影響がある。いわゆる坂道商売の怖さを物語る処かも
b0058021_16193263.jpg


このコリドーの一番奥の立地の一番悪いと思われる区画に入っている大阪ルーツ系の串揚げ居酒屋。 狭くチープだが意外にいける。 
幡ヶ谷1500円お一人酒場としてはここも使いやすいかも。 
b0058021_1619339.jpg


実はここ、この店の前は台湾魯肉飯の店だったが、裏手には堂々と当時の看板が残っている・・・・
突き当りは、幡ヶ谷唯一の喫煙者天国、「全席喫煙可」のポエム。 やったー!凄いコンセプトだけど俺は一生入れない。。。
b0058021_16193447.jpg


駅から続くこのコリドー。 結局勝ち組は右手に写る、インドカレーのダルビッシュってことになる。 
北口近辺では唯一のインド系業態なので、持ち帰りも多いけど、最近始めたビリヤニはちょっとね。。。
b0058021_16193320.jpg


2年くらい前に出来た、モダン鉄板焼き系の居酒屋。 絶賛閉店中。。。
b0058021_1619349.jpg

ありゃりゃ 立ち入り禁止なんて貼ってるってことは債権関係も複雑かなぁ?実はここも入れ替わり立ちかわり物件なのだ。呪われている・・・
b0058021_16193550.jpg


この横道で、もう数年以上頑張っている、立ち呑みワインバー。 
いわゆる1500円系のワンコインバーなんだが、さすがに椅子くらいは置いている模様。*入りたいタイミングではどうしても一杯になる狭さが・・・
b0058021_16193676.jpg

立ち呑み系は、どうしても一回転商売だと思う。 つまり一軒目の客がその90%だろう、夜も更けるともう座りたいのが人情ってもんだ。
まぁ 幸い幡ヶ谷は居住者の多様性で、駅チカならば一軒目客のピークが二~三度くらいはあるかも知れないけど、

その斜向かいに突然、六本木から現れた、フィッシュ&チップスの専門店。 
b0058021_16193537.jpg

b0058021_16193668.jpg

都心六本木価格のメニューが響いて苦戦中。  魚と芋の天ぷらなのである。 ハタガニアンにはそのありがたさは理解できない(自分も)
b0058021_16193734.jpg


一体、なぜ幡ヶ谷に出店したのだろうか? 不思議に思う。 でもこのポスターは通りがかりによく勉強させてもらっているのだ 笑
b0058021_16193775.jpg


こちらもGW前から絶賛休業中の「萬月」   まぁ開ければ連日満員なんで、一人でやってる店主が腰を痛めるという繰り返しなのか。
1年に半分も営業すれば潰れないビジネスモデルが出来上がっているというか・・・わざわざ開いてるか偵察にやってくる常連も多い。(俺か)
b0058021_16193843.jpg


萬月のある横丁にある焼き鳥店の帝王。 鳥伊那 こちらは普遍。 隣はバー。その隣は女将が一人で切り盛りしている小料理屋。(いまや貴重な業態だ)
b0058021_16193859.jpg


鳥は鳥でも大分スタイルの唐揚げで、絶好調の「とりあん」 少しだが店内でも呑めるのが利点。 
幡ヶ谷でバーとか経営しているグループが運営している模様。1500円お一人様にもありがたいお店。
b0058021_16193962.jpg


鳥といえば、六号商店街の表店に出来た、トリキ(鳥貴族) さてこのチェーン店は六号で生き残れるか? 要注目物件。
b0058021_1713513.jpg


とりきの向かい、惜しまれながら閉店した小林古書店の一画にオープンしたパン屋さん。 えっ!?と思う価格設定。
b0058021_17142562.jpg


ブックオフの二階(昔は村さ来だった・・・)にある「せじけん」 ご存知幡ヶ谷ドミナント出店の千原せいじのお店。
呑みに行ったことのある愚息に聞いたら、面白いけど料理はあまり印象に残らないとか。
b0058021_17291522.jpg


刀剣ブームでディスプレイが変わった、「なまづ屋」  もちろん飲食店ではないが、外国人の多い幡ヶ谷ではかなりアメージングなお店である。
b0058021_17304073.jpg


六号の表店から筋道に下がった「HASHIYA」 店内が広くなったおかげで待時間が少なくなったのが朗報。
シェフは若い頃はイケメンだった!? 店先で待ってる客に時々媚を売っているのが、はちわれさんの能代である。 やるなぁ能代。
b0058021_17331257.jpg


HASHIYAの旧店舗 建て替えの為引っ越したと聞いていたが、まだ残っている。。。
b0058021_1734832.jpg


焼き肉はモウモウ煙の中で「タレが決め手」って言う方には聖地な処 「大昌園」
b0058021_17352047.jpg


その 「大昌園」の先に、出来たチェーン店の楊州商人(ラーメン)
ハタガニアンに愛され惜しまれつつ閉店した「おかずの華」(吉野家HD系列の惣菜弁当店)の跡地に数ヶ月前にオープン。
正直、ラーメンチェーン店より惣菜屋に残って貰いたかったのは自分だけではないだろうな。。 
ところで、ここ味はなんとなく知っているのでまだ入っていないが、店頭メニューからはさらにチェーン店臭が強くなった気がする。。
b0058021_17551584.jpg


実は楊州商人は、もともとあった中華店の向かいにオープンしている。 
ではそこは楊州商人のおかげで大打撃かと思いきやそうでもないみたいで、このあたり面白いね。
b0058021_17573090.jpg


麺といえば、写真の奥の行列。  旨いラーメン不毛地帯だった幡ヶ谷を全国区に押し上げた名店「不如帰」である。 
平日夜とかにいけば、すんなり入れるのも逆に全国区ならではか? 笑 *但しスープが残っていればだが。。
b0058021_1812049.jpg


六号商店街の出口(水道道路)付近。 たしかオープン当時は武蔵野うどんのお店だったはずだが、いつの間にか串かつのお店になっていた。 
ここは経営が変わったというより業態が変わって行った感じ? はっきりワカラナイが、そんだけ難しい立地なんだよね。商店街の終わりの処って。
b0058021_1841447.jpg


かつてはオリンパスやテルモや帝国石油等の企業で潤っていた幡ヶ谷駅近辺だが、今はそのような企業もない。
地元に軸足を向けるか、厳しいけど幡ヶ谷まで来てもらう顧客を狙うか、難しい地区となってしまっている。
もちろん私は地元なので、地元に優しい飲食店が増えるほうが嬉しいけどね・・・・

商店街をでた水道道路沿いにある ハタガニアン向けの「れんげ食堂」  安くて量があっていうことなしだが、実は気になる部分もある。
それは、何度か行くと舌で判る気もするけど、、 安いから仕方ないね。
b0058021_188232.jpg

b0058021_1883632.jpg


その隣の隣にあったペットショップ(熱帯魚屋)から焼き肉店になった処。  ところでここは上が都営住宅なのだが、契約先はどこなのだろう?
b0058021_1894945.jpg


れんげ食堂と被る 中華レストラン。 ほぼ並びなのだが、なぜか両立している。 料理がもう少し上品そうなので棲み分けてる感じかも?
b0058021_1811431.jpg


そして最後は、幡ヶ谷屈指のパティスリー 「コンセント」 いや~ここが出来て幡ヶ谷人も、やっと美味しいケーキが食べられるようになったのだ!
土日はパンも焼いてくれるので、時々買っている。 いやはやここは南口の住人もさすがに羨ましがる北渋谷の宝物だ。 ははは!
b0058021_1814986.jpg




終わり

iPhone6
by coolys1 | 2016-05-21 19:00 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

梅雨空

夜遅くオフィスを後にし、向かうのは
b0058021_21402688.jpg



勿論自宅ですけど、今夜はちょっと引っかかる。
b0058021_2140298.jpg



マスターの調子がいいと25:00くらいまでやってるんだよね。 「萬月」

レア焼きの牛タンをDOVで一杯、至高のお楽しみです。

仕事の収差を収差のあるレンズで癒やすなんてね

COSMICAR12.5/1.4

E-P2
by coolys1 | 2015-06-30 21:46 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

北渋谷のカーネギーホール

先週 夕方に水道道路を歩いていて見つけた居酒屋。 昨年暮れに新規OPENしたもよう。 なんだか面白いファサード

b0058021_21114361.jpg


家からごく近いのでエムリコ連れて寒い北風が吹く中行ってみることに  それでも寒い凍りそうな月!

b0058021_21122543.jpg


特徴ある入口ドアに象徴されるのは はたして・・・・
b0058021_21122726.jpg


そうここは、葱に特化した居酒屋だったのです! メニューは葱料理のオンパレード

b0058021_21153399.jpg


こんなのも
b0058021_21153641.jpg


箸置きも
b0058021_21174366.jpg


お通しから葱。 これは茨城のブランド葱で葱オイルと塩で頂きます。
b0058021_21175927.jpg


蒸鶏と焦がし葱のバンバンジーとクリームチーズの葱味噌漬。 
b0058021_2118778.jpg

b0058021_21181031.jpg


葱に隠れたつゆだく塩角煮←←メニューより
b0058021_21235845.jpg


フライドポテトの葱ディップ! *葱と大葉のMIXディップでいけます
b0058021_212527100.jpg


エムリコの頼んだ、ネギハイボール  どうやらウィスキーにネギを漬け込んでいるようです。 ついでにネギもマドラーでついてきます。
b0058021_21274075.jpg


〆はネギージョ(ネギとキノコのアヒージョですね) 焼きネギがオリーブオイルと絡まり至極の一品でした。
b0058021_21275163.jpg



いやー すべてネギ尽くし! 葱好きのエムリコも大満足の様子。

しかも こんな若い女性二人がやっているのですね! 北渋谷にまた嬉しいお店ができたのでした。
b0058021_2132232.jpg



ネギッチン negi negi


ちなみにお隣は謎のBAR ニューマタンゴだったのでした。。。。

b0058021_21362696.jpg






Q7
by coolys1 | 2015-02-01 21:43 | 北渋谷の味わい | Comments(2)

陸橋

原宿陸橋は車も通れるのであった。

b0058021_21204222.jpg


でも殆ど通ることはない。(地元以外は)
b0058021_21204483.jpg

b0058021_21204686.jpg


跨ぐキラー通り南青山方面を望む
b0058021_21204840.jpg


北側 千駄ヶ谷方面を望む
b0058021_21205089.jpg

by coolys1 | 2014-12-14 21:24 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

20141122の晩餐

本日は1122ということなので、エムリコとご近所で夕食でもということになり、ご無沙汰していた水道道路沿いのカジュアルイタリアンへ

b0058021_11585531.jpg


はじめにスパークリングをいただきながら、生ハムやソーセージの盛り合わせを

b0058021_11585776.jpg

b0058021_1159096.jpg


前菜で楽しんだ 牡蠣のフリットは独特の濃厚な味わい。
b0058021_1159235.jpg


メインに向かって楽しむワイン はトスカーナのNOZZOLE(Chianti Classico)
b0058021_1159975.jpg


ここの店内は地下で打ちっぱなしベースですが、落ち着ける空間です。渋谷にあったOMBORATと同様、二人は打ちっぱなしレストランに縁が深い!?
b0058021_11585989.jpg


魚介系の自家製幅広のパスタとマコガレイのアクアパッツァ
b0058021_1159435.jpg

b0058021_1159668.jpg


・・・・でほぼ満腹になりかけましたが、 手元にはこんな素敵な肉切りナイフが配られて・・・・・
b0058021_1159793.jpg


さてはラスボスの子羊のローストがおったのでした。
b0058021_11591184.jpg



一品多かったかな? といつもの後悔で、当然ドルチェは無し。悔し紛れにグラッパで〆。
b0058021_1159129.jpg



優しい番犬に挨拶して店をあとにしました。

b0058021_11591440.jpg

by coolys1 | 2014-11-23 12:31 | 北渋谷の味わい | Comments(1)

SUPER MOON

M.riccoのお祝いで、幡ヶ谷「萬月」へ! 18:30に先客4人の処に我が一家郎党が4人。 そしてほどなく女性2人組が来店して萬月満員御礼の図。

b0058021_8415885.jpg


この夜は、飢えたタンイーター共が まさにタン(とテール)づくし

四人で平らげたもの

牛タン焼き ¥950×2  (二人で一皿で十分です 判ってください)

茹でタン ¥950×2  (二人で一皿で十分です 判ってください)

ローストタン ¥450×1 (この日は特上がなかったのだ)

テール(蒸煮) ¥520×1 (初登場ながら早くも幻のメニューになる予定だとか 十分に4人でシェアできる量)

ジャズ ¥450×1  (ジャガ芋の醤油バター炒め。*ジャガバターは別にある。こちらのほうがJAZZだけにバタ臭い感じ?)

タンシチュー ¥590×1 (驚愕のプライスだけど、タンも量もしっかりある。 ね○しなら倍以上の値段だ。)

コムタンぞうすい ¥660×1  (最近は食べる人数分で小分けで出してくれるのだ。)

純米「刈穂」×2 (やはり牛たん焼きにはビールより日本酒があうと思うな 僕は)

生レモンサワー×2

ウーロンハイ×1

自家製果実古酒×2

ウーロン茶×1

〆て 四人で¥12000台なので、安いとしか言い様がない。  北渋谷万歳!



b0058021_842045.jpg

by coolys1 | 2014-10-05 09:04 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

特上ローストタンのわけ

4月の記念日には、やはり 「萬月」

客もマスターも誰も使わないのにいまだに鎮座するピンク電話・・・・・でもあるってことは、きっと使えるのかね。
このピンキーから「おいここで呑んでるから今から来いよ」 とか誘うのが、実は粋じゃないかなぁ なんてね。

b0058021_16532426.jpg


この日メニューで新しく目についたのがこれ「特上ローストタン」

b0058021_16472795.jpg


想像するに大人の事情で生まれた新メニューかと。 昔タン◯しに使っていた部位をローストした(とはいってもほんの周りの少しだけ)逸品でした。

b0058021_16481520.jpg


やっぱり牛タンには日本酒が合う。  吉乃川って書いてあるけど注がれているのは、「赤磐雄町」 岡山の本醸造。
でも個人的には赤磐雄町よりも吉乃川のほうがよかったかな~。。。。。

名物の馬鈴薯料理の「JAZZ」
奥の濁ったサワーは、DOVというドブロクベースのサワーで、萬月では人気定番。、酔いそうで酔わない、でもやっぱり酔ちゃう不思議な奴。

b0058021_16583875.jpg



ん? iphoneの先にあるのは?

b0058021_1711018.jpg


新メニューでしたか 笑

b0058021_1711254.jpg


1h/¥800じゃ 出ない もとい 来ないでしょうね。。。。。 まったく本気なのか冗談なのかよくわからん。

「萬月」は、先代オーナーから数えると、もう30年くらい通っている店だけど、いつの時代も二十代の若い客が贔屓にしている不思議な店。

でもそうやって新陣代謝がいいのは、飲食店も人間もいいことだなぁと思う。



01STANDARD PRIME 8.5/1.9

PENTAX Q7
by coolys1 | 2014-04-06 17:13 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

幡ヶ谷 日暮坂の残雪

b0058021_211489.jpg


b0058021_211859.jpg



b0058021_2114842.jpg



LENS:TAMRON HB-35(35mm/f=2.1)

CAMERA:E-P2
by coolys1 | 2014-02-16 21:05 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

昔、BIMOTA KB-1が飾ってあった処

ゆる~い感じのファサード

b0058021_011893.jpg


b0058021_011586.jpg


今は、「音楽を聴きながら適当にくつろぐ店」だそうです。
by coolys1 | 2014-01-24 00:03 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

POEM

幡ヶ谷に長~く 根付く 「コーヒーハウス ぽえむ」 一応チェーン店なんだが

最近になって見かけたこのA看板は、個人的に本年度最優秀サイン大賞を差し上げたい! ほど素敵。

まぁ なんてったって 今時全席喫煙可なんで 私が行くことはないとは思いますが、、、、

なんか お店の明確な世界観を感じるんだよね。 喫煙者のサンクチュアリとしてこれからも頑張ってください。


b0058021_12101526.jpg

by coolys1 | 2013-12-28 12:17 | 北渋谷の味わい | Comments(0)