「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ: Heritage( 44 )

妄想自動車メーカー1977-1979

好きな車のイラストを描くうちにはまるのがコレ!

自分の自動車会社。  

もちろんこの世代だ。 大衆車なんか作らない、夢のスーパーカーメーカー。

で、20~21歳くらいの六泉寺が夢想したそのメーカーで一番古そうなのはこれ!

社名はどうもコラウム=CORAUMというらしいが、ネーミングの出所は全く不明というか記憶になし。

CORAUM ROMIYET 77というGTカーだが、コメントを見るとどうも計画倒れのようだ。
なぜかというと ホイールベースは決まっているが、全長と全幅が??になっている。

b0058021_21532963.jpg


本人の妄想によるとコラウムというメーカーは、1971年には存在していたようで、
その頃にあったロメットという最上級車種が6年ぶりにモデルチェンジしたということになっている。
限定生産から通常販売モデルになり、さらに20%も値下がりしたとは、一体なんということだろう。

コンシールドタイプのワイパーシステムや5mileバンパー装備等 アメリカ市場を意識したモデルだったようで 
3.6Lから290HPを出すという新型V8エンジンも気になる処だが、描いた本人が何もかも忘れているのでいまさら調べようが無い。





そして、CORAUM ROMIYET77は陽の目を見ないまま? 

新しいメーカーELRA つうのが妄想から現れるのである。

ELRA-ROMETY

b0058021_2295851.jpg


ROMITY77から基本コンセプトを引き継いだ、V8エンジンを前車軸の後ろに詰め込んだ2+2のGTカーだ。
エンジンの表現されたボディ断面図から推測するとどうやら、ギアボックスを駆動軸側に置くトランスアクスル形式のよう。
つまりアストン・マーチンと当時のフェラーリデイトナを混ぜたパワートレーン配置かつ、V8の全長を生かしたコンパクトな車体のようである。



当時のノートから発掘されたスケッチではELRAには、なんとリムジンも計画されていたようだ! 
b0058021_22165470.jpg


車名不明ながら完全なショファーカーで、これは当時のイソ・リヴォルタやクワトロポルテなんかよりむしろRRなんかに近いコンセプトのよう。

アストンマーチンを引き合いに出すまでもなく、間違いなくパワートレーンはROMETYと同じV8だが、さすがにギアボックスはフロント側だと思われる。

護衛をいれて5~7人のキャビンは大きいが我ながら旨くまとめているのかな? ラゴンダやリンカーンを混ぜこぜにしたようなスタイリングだ。


一方、インテリアを夢想したスケッチも残っていた。
b0058021_2225345.jpg

護衛席の中央はお約束のバーカウンター。 冷蔵庫に大きめのTVが描かれている。 さて誰が乗るクルマだったのか・・・・



で、ELRA発表後? 数週間も経たずして現れた脳内新興メーカーがNOOS

箱型セダンタイプのNOOS INSAT-III (S,SR)

b0058021_2230326.jpg


アメリカ市場を意識していた、CORAUMやELRAと違い、完全にヨーロピアンなクルマづくりに大変換してしまっている。(なにが起きたのか!?)

エンジンもV8をやめてボクサー4気筒! 
FRで、どうも当時アルフェッタから影響を受けたド・ディオン&トランスアクスルを堂々と踏襲しているのが面目ない 笑(しかもインボードディスク!)

本当にこの頃の自身の理想のクルマがアルフェッタ(GT)だったのがよく判る (いや判りやすすぎ・・・)

イラストはおそらくSRかな ボディデザインはFIAT131ラリーの単なる模倣にすぎないのだが、、、、、



このNOOSには結構入れ込んでいたようで、同じパワートレイン配置でクーペも用意されていた。

それが、CUGEL BULLIT-S
b0058021_22302694.jpg


当時好きだったVWシロッコを夢想発展させたクーペのようで、これもひとつの理想形だったのだろうか?
ボクサーエンジンでウィッシュボーンなので、街中ではステアリングはあまり切れなかったに違いない。

妄想コメントにある通り、このCUGEL BULLITにはさらにホットバージョンのSTRもあって

こんな感じだったらしい。 ターボ装備のGr.5風のボディだが、現代からみると性能はあまり過激に思えない。
b0058021_22294421.jpg




STRの後 NOOS社の脳内プロジェクトは意外な展開をみせる。。。 

それが

Kirar Plassic と呼ばれた(自分で呼んでただけだが)スーパーカープロジェクトだ!

b0058021_2251753.jpg


ツボにはまったボクサーエンジンはいよいよ6気筒になり、ターボ加給された2.5Lは240HPを絞りだすし、
そのエンジンもミッドマウントになったのだから来る処までキターという感じなのか??

上のイラストは実は縮尺1/43で描かれていて、六泉寺はどうやらこれをミニカーで実現しようとしてたふしがある。
なので、車体諸元もかなり細かく設定されているのだが、どうしてATやパワステが計画されていたのは今も不思議である。

側面形はなんとなく、ベルトーネの「ナバーホ」や「シビロ」を連想させるが、後に出るステルビオやNSRの雰囲気もあるのが面白い処だろうか。

えらく 車体の低い図。 正面図はなんとなく側面図とは整合性がとれてないようで、フェラーリ308のようだ。
ツインチューブラーフレームでラジエターハウジングを兼ねるなんて描いている割にフロントには堂々たるグリルがあるのが可笑しい。
b0058021_22511162.jpg


いずれにしても、横に立つオッサン(自分か?)は理想のクルマを前にして嬉しそうではある。

*結局このKirar Plassicの1/43ミニカー計画はなにかの理由で頓挫し、、


その何ヶ月後かに妄想ノートに現れるのは、スーパーカー。 FINGER DOLL

b0058021_2321047.jpg


こうなるとNOOS社の製品なのかも不明だが、飽きてきたのか、コンセプトもスタイリングも当時大好きだったVECTER-W8の未消化の上、クリソツ丸写しである。。。

ミッションももはやAT3段だし。

リアスタイルも描いているので、それなりに入れ込んでいたのか? 
でもパンテーラやストラトスをないまぜにしたスタイリングに自分の妄想の限界を見たような後ろ姿ではあった。
b0058021_2352465.jpg





そしてさらに時代は遡り 脳内妄想の世界はさらに続くのだが、、それはまた今度ね。
by coolys1 | 2015-12-15 23:31 | Heritage | Comments(0)

1978年頃のCar Illust

学生時代に読み漁っていた、CG誌やAUTOSPORTS誌なんかで、記事の印象の強いクルマをピックアップして描いていたと思われる原画が発掘。

裏写りするペラペラのノート紙になぜか油性マーカー(細)に水性マーカーの着色のようだ。

ジネッタG15は英国のクラブマンレーサー風。 というか実車もそのもので、CG誌の特集記事の影響が強い。
935はシングルターボの76年式で、”ハワイアンレーサー”のD・オンガイズがインタースコープレーシングからデイトナ24に出場したもの。
このカラーリングが好きで、スロットレーシングカーのクリアボディで真似たことがあるし、、、
シュニッツァーのセリカLB-GR.5は、カプリと並んで当時の人気者だが、自分の書いていた小説に最大の敵として登場させていた曰くのマシンだった。
b0058021_21142365.jpg




アルファは、欧州の耐久イベント(スパ?)あたりの出場車のイメージだろうか? 当然GTAだろうけど。半端ないキャンバーが付いている(笑)
数少ないフランス車ではALPINEA310。 A310は時代的にはもうV6を積んでた頃だけど、やはり六つ目が好きだったのかな?かなりぽっちゃりちゃん。
CDはもう当時は、雑誌(しかも旧いCG誌)くらいでしかお目にかかれなかった車種だけどLMの記事でFerrariP3の後ろに写っていた姿、その一枚に惚れて描いた気がする。死ぬほど格好いいと思った。
そしてなぜRRが描かれているのかは、今もって謎だが、それはその着色にも現れていてなんか怪しげなカラーリングになっている。
b0058021_21142124.jpg




ヒルマンIMPもジネッタと同様、英国クラブマンレースを紹介したCG誌の記事で目覚めたレーサーで、
当時はミニベースのダヴリアンやユニパワーなんかと同時に憧れたものだった。
アバルト695SもCG誌のアバルト特集からインスパイヤされて描いたのかな? 個人的にはビアルベーロや2000OTが好きだったけど。
フルビアはそんな好きじゃなかったけど(124の方が好きだった)フロントマスクが好きなのと、小さい薄いキャビンが面白くて描いた。
ジュニアZは、ほしい実車としてももう文句なしに好きな車だったはずだが、何故かデフォルメがおおばひろし風なのが可笑しい。
b0058021_21142619.jpg






おそらくこれらのイラスト集の一番最初に描いたのがこの一枚で、デイトナのGR.4 N.A.T.Oレーシングをでっかく描いている。(N.Aまでしかレタリングしてないのが、、、)

でその下にはなぜかオリジナルでサニー1000のレーシングバージョンを描いている。
鉄ッチンに後付のフェンダー・スポイラーetc  どうしてサニーなのか判らないけどなにか心の底に通じるものがあったんだろうね。*本当は510BREを描きたかったのかも?
是非、今世紀にミニカーで再現してみたいが、ベースモデルがないか、、、ODKの1/32とかあればスロットにいいかもね。
b0058021_21141714.jpg




イラストに押されている花印は消しゴムで作ったものだが、Plassicというのは、

plasticの持つ ”軽妙さ”や”流行り”とかの言葉のイメージと

Classicの持つ 普遍や重厚な基準性のイメージを重ねあわせた造語だったと思う。

本人もこのPlassicをIDとしてほかにも応用を考えていた節も残されていて、今後の自分史の研究課題として面白いかも?
(上のサニー1000レーシングカーはプラシック・レーシングチームのようだし。)


最後は 色紙に描かれた Ferrariの数々。 万年筆に色鉛筆だ。

車種は、当時持っていたFerrariミニカーを題材にしているようで、 ミニカー自身も今でも所有しているもが多い。
b0058021_21142987.jpg



そしてこんなイラストからまた変な方向に向かうのであった・・・・・


続く
by coolys1 | 2015-12-13 22:01 | Heritage | Comments(1)

デハ3 羽後交通雄勝線梺駅跡にて

秋田は湯沢で鉄好きの方に連れていってもらいました。

二軸ボギーのデハ3は小屋の中でひっそりと保管されていて、、、、でもこうやって撮ると威風堂々!?

b0058021_14193246.jpg


元々は荷物車も兼ねていたらしく窓の配置がそれを物語っているそうで、(鉄好きの方の解説)デハニだったのか? 
b0058021_14192461.jpg

いや実は客車を引っ張る機関車も兼ねていたんだけど。。。何しろ可愛い電車です。
b0058021_14202162.jpg


木造の内部は地元の有志(大工さん)にてレストアされております。
b0058021_14194258.jpg

運転席回り
b0058021_14195486.jpg

b0058021_14375771.jpg

b0058021_143802.jpg


運転席下回り 機械式ブレーキのチェーンが見えます。
b0058021_14201377.jpg


二軸回り
b0058021_1420818.jpg


羽後交通雄勝線は経営が大変だったようで、初めは電化区間だったのに、電気代が払えずに最後にはディーゼル車による運用だったとか。。
でもこの可愛いボギー車が客車を引っ張っている姿は見たかったですね。

当時の車内の様子を思わすギャラリー配置にて 笑
b0058021_1420060.jpg


不揃いなリベットは新造時からなのか? レストア時なのか?
b0058021_14411332.jpg



このあと、羽後交通雄勝線区内の最後の終着駅である西馬音内に寄りましたが、なんとなく駅舎の跡にもみえる場所でした。
(でも実はここは駅舎でもないし、線路はもっと南側を走っていたようです)
b0058021_14271445.jpg


こじんまりとした西馬音内の街
b0058021_14381510.jpg


西馬音内の盆踊りは、なんと日本三大盆踊りとかで、ビックリでしたが、
ちょっと秘密めいた頭巾を被り、がんけと呼ばれる「亡者踊り」なる踊りの時間もあるとかで、なかなか興味を引くものです。
b0058021_14295317.jpg



つくづく秋田は奥が深い。

1963年ころの羽後交通雄勝線の様子を紹介されているHPをリンクしておきます。

ところで、小屋の中にはファイヤーエンジンも展示されていました。
b0058021_14381153.jpg

by coolys1 | 2015-10-11 14:47 | Heritage | Comments(2)

Restoration

Bピラーの先は、某市の重要文化財指定の建築群。
b0058021_9292076.jpg


足場もかかり本格的なレストア作業が始まっている。
b0058021_9292846.jpg


こちらは場所をわざわざ移動させてこれからの長い作業の準備中の建物
b0058021_9292510.jpg


二十年前から見ているが、その老朽化は10年くらい前から顕著になっていたような。
丁度、建築構造やディテール、材料の調査の為に部分解体が行われている処だろうか?
b0058021_9293139.jpg


ウルトラでっかいシャコ万がいくつも使われている。
b0058021_9293476.jpg


聞けば、この市で最も古い高校の原型にあたる建物だそうな。足場の掛かっているほうは学生寮なのか?
江戸時代はいわゆる城内に位置する場所。
b0058021_929388.jpg



この市は、二十年来 木造で天守閣を復元したり、(何故にALL木造で多層階建築の確認申請が下りるのか疑問ではある?<<教えてほしい?)
二の丸や御殿の維持やレストアを熱心にやってきた行政であるのだが、現在の不景気な時勢に予算を付けられたのはたいしたものだと思う。
by coolys1 | 2012-08-14 09:46 | Heritage | Comments(2)

空冷星型18気筒

淵野辺にて

b0058021_2132668.jpg


減速機とバルブカムそしてクランクシャフト

b0058021_21321883.jpg


b0058021_21321356.jpg




b0058021_2132833.jpg




P&W R2800-31  2000馬力


昭和30年  自衛隊(の前身の時期?)に2機のみ供与された PV-2 ハープーンの搭載エンジン


アメリカのハープーン レストア記事
by coolys1 | 2012-07-01 21:39 | Heritage | Comments(6)

黄金時代

1980年といえば、僕は22歳だが、吉田美奈子さんは27歳くらいか(達郎はもう少し上?)

この貴重で希有のデュエットカバーは二人の黄金時代のセッションだった訳だ

僕にとって美奈子さんの最高のアルバムのひとつ「モノクローム」もこの頃の作品。



by coolys1 | 2012-02-19 08:39 | Heritage | Comments(0)

しもたや

オフィシャルな袖看板はかなり貴重でしょう。

b0058021_9542378.jpg




台東区台東
by coolys1 | 2011-12-24 09:55 | Heritage | Comments(0)

続:こういうがが、この頃うんとえいがやに

もうたまらん!!
b0058021_22432334.jpg

b0058021_22432684.jpg

by coolys1 | 2011-12-03 22:44 | Heritage | Comments(0)

こういうがが、この頃うんとえいがやに

ミニカーやめて集めるか。

b0058021_21123513.jpg

b0058021_21122471.jpg



東京駅にて
by coolys1 | 2011-12-02 21:13 | Heritage | Comments(0)

Brough Superior motorcycles

モデラー高梨廣孝氏の工房にて 

名作 1/9 Brough Superiorにめり込む。

b0058021_1245206.jpg

by coolys1 | 2011-08-10 12:49 | Heritage | Comments(1)