カテゴリ:妄想Landscape( 19 )

鏡の裏の平成新山

銀蒸着の腐食が奏でる思わぬ山水画はどこまで発展するのだろうか?

b0058021_23534222.jpg


温かく見守ってあげたいが、年度末には取り替えられてしまうかも。。 しかも撮影場所さえ忘れた。
by coolys1 | 2014-07-29 17:00 | 妄想Landscape | Comments(0)

1960FXX

新宿駅西口にて

b0058021_23133690.jpg



首都高の出口が現在の位置と違う?  


あ いや方向が違っていたのか。。。  参宮橋上空あたりからの空撮だった。
by coolys1 | 2012-11-19 23:13 | 妄想Landscape | Comments(0)

Once Upon a Time in the West

STUDIOVOICE 1996 特集

b0058021_12341865.jpg



強烈なCM以外で、僕を惹きつけたブロンソンの映画といえば、やはりウェスタンか。。(当時映画全体は暗いイメージだったけど)


セルジオレオーネはこの続編(ではないけど) Duck, You Suckerでロッド・スタイガーとジェームス・コバーンを男にしたっけ。

b0058021_12512042.jpg


b0058021_12512224.jpg

by coolys1 | 2012-05-26 12:43 | 妄想Landscape | Comments(0)

ホーン岬の溜息は誰のもの?


b0058021_22125731.jpg


だれのものでもありません。
by coolys1 | 2011-09-02 22:14 | 妄想Landscape | Comments(0)

東京の微地形模型

神田神保町の南洋堂書店で「東京の微地形模型」-建築物を剥がした東京を再現ということで、仕事の合間に行って参りました!
b0058021_1262558.jpg


MDF木合板を貼り重ね、NCルーターで削りだした東京の地形模型は素晴らしい!! (ちなみに地形は現代の東京のもの)

縮尺 1/7500 (標高はデフォルメしてあるそうです)

東京湾上空? 南東方向から望む 都心
b0058021_1273346.jpg


東方向からの望む。 正面の小高い丘(笑) は皇居で、その右に切り通しっぽく見える坂は、九段坂と思われます。
b0058021_1293048.jpg


南は目黒川流域まで再現。 正面の坂というか斜面は、権之助坂(及び行人坂)かと・・
b0058021_12111136.jpg


NCルーターによる研削は、地理模型で多いY軸方向=標高線によるものと思っていたが、なんとX軸方向での研削であった!!
(その影響か、斜面になんとなくヒマラヤひだが現れているのだ 違)
b0058021_12155145.jpg



この地図には一切のランドマークや地名の表現がないので、回りに展示してある関連書籍を見ながら鑑賞すると面白いのだけど、

山手線(グリーン)と中央線(オレンジ)、そして神田川(ブルー)を余計なお世話で乗せてみたのが下の写真。
オレンジとグリーンが交差しているあたりが新宿で、左は目白駅、右は目黒駅くらいまでの範囲。
標高をデフォルメしているので、山の手線の築堤もしっかり再現されているのが微笑ましい!!

私の視点は練馬上空あたりから、東京湾方向をみていることになります。
b0058021_12193056.jpg




この展示残念ながら、今週土曜日までね・・・・・
by coolys1 | 2011-08-25 12:33 | 妄想Landscape | Comments(7)

Secret Base

OUTSIDE
b0058021_11413851.jpg


INSIDE
by coolys1 | 2011-05-13 21:42 | 妄想Landscape | Comments(4)

グルグルアース

地球を地軸から解放してあげると、実に楽しい。。。地球は私の一部なのが妄想できる一瞬!

そして世界はわたし以外、限りなく自由自在。

b0058021_21562561.jpg


b0058021_21565411.jpg





両極地に地底に繋がる穴が存在していたことが、よくわかる。

かつてUFOがこの穴を使って、地下帝国から出入りしていたのは、ほぼ間違いないだろう。


*1980年代のこの地球はゴミ捨て場で拾い上げたもの。 私は地球にやさしいかも・・・
by coolys1 | 2010-10-09 18:00 | 妄想Landscape | Comments(2)

1958 FXX 2 番外編

むかしむかしのある日、切手収集が趣味だった父親に聞いたことがある。

俺:「珍しいの持ってる?  たとえば見返り美人とか月に雁とか」

父親:「沢山あったけど 外国人と交換したりしていくらも残ってないよ・・」

父親:「その割にあいつらクズ切手ばかり送ってきやがって、割に合わん!!」


てな 話をしたのだが、、、それから40年後

父親の遺品(大半は切手である)を整理していたらそのクズ切手達が出てきた。

割に合わん!!と怒っていた父親の言葉通り、

その切手達は他の切手とは区別され乱雑にハトロン紙の封筒にまとめて詰め込んであり、糊とかがくっついた遊星物体X状態だった。

b0058021_1952511.jpg


一体どの国のどんな切手だったのか?? その疑問を暇な時にピンセットとぬるま湯で解いてみると・・・

これは!!

これは特に酷い状態で団子になっていたソ連の切手、、、どうやら1958年のソ連の(政治的?)建築名所らしい。

b0058021_19532521.jpg



父親にとってはクズ切手だったかも知れないが、俺にとっては思わぬ宝モノだった。

なんといっても同い年の外国の切手なんだ!

これは1958年からのタイムトラベラー!!いやまさに「時空オブイェークト1958」ではないか?
俺が行く前に先に来てしまわれたのだ・・・

b0058021_19534878.jpg


クズ切手は他には、ポーランドやニュージーランド、そして中華民国なんかがあった。

b0058021_1954507.jpg

b0058021_1955380.jpg


今見ればどれもなんだか宝物に見えてしまう、、そう実用品ではないんだよね趣味の切手だ。

More
by coolys1 | 2009-11-08 20:23 | 妄想Landscape | Comments(2)

1958 FXX  マイムマシンにお願い


ある日、エムリコに意を決して話を切り出すのである。

俺:「一週間ほど一人で旅に出てきたいんだけんど・・」

M:「はぁ どちらまで何用で?」

俺:「1958年に いや50年前の東京に!」

M:「えーっ でも一体何で行くのよ!?」

俺:「デロリアンもしくは洗濯機? とにかくタイムマシンの機能の付いた奴で・・」

M:「ふーん? でもアンタ、一週間も行くとしたらお金はどーすんの? 今のお金使えないよぅ・・・」


ゲーッ それ 重要!!! どないしょう!?


てなことがあって只今暗礁に乗り上げ中の「時空オデッセイ1958」であるが、愛する妻子を置いて過去に行きたくなった理由は

この本を見たから・・・・です。
by coolys1 | 2009-11-03 08:40 | 妄想Landscape | Comments(10)

Tokyo Bay

東京港第三航路・東京港臨海大橋

b0058021_1523284.jpg


More
by coolys1 | 2009-08-21 15:09 | 妄想Landscape | Comments(3)