カテゴリ:伊太麗利・尽癖利( 173 )

野辺-7

スポーツカーの墓場

b0058021_2112540.jpg


b0058021_2112928.jpg


b0058021_2113053.jpg



TAMRON A17

PENTAX K-7
by coolys1 | 2014-11-04 21:06 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

野辺-6

b0058021_8464893.jpg


b0058021_8465818.jpg


b0058021_847439.jpg


b0058021_8471195.jpg



TAMRON A17

PENTAX K7
by coolys1 | 2014-11-03 08:48 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(2)

野辺-4

b0058021_10385126.jpg


b0058021_10384540.jpg


b0058021_10393581.jpg


b0058021_10393785.jpg


b0058021_1039391.jpg


TAMRON A-17
K-7
by coolys1 | 2014-11-01 10:40 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

野辺-3

青い鳥

b0058021_2331863.jpg


b0058021_2332541.jpg


b0058021_233216.jpg


b0058021_2332313.jpg



TAMRON A-17
K-7
by coolys1 | 2014-10-27 23:04 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(2)

野辺-2

KPC10?

b0058021_8583850.jpg


b0058021_8584199.jpg



TAMRON A-17
K-7
by coolys1 | 2014-10-26 09:08 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

野辺

b0058021_1171788.jpg

b0058021_1172192.jpg

b0058021_1172475.jpg



TAMRON A-17
K-7
by coolys1 | 2014-10-25 11:07 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(2)

Acqua Line

仕事先へ向かう東京湾トンネルにて

今となっては超珍しいALFETTA!! しかもバンパーレスのレーシング仕様。 超かっちょえ~!!

b0058021_2310725.jpg


大渋滞のトンネルの中 いい音しながら抜きつ抜かれつ・・・・こちらもワクワクドキドキ

b0058021_2310766.jpg


なんか好きな トライアンフ・ドロマイトから進化が見られる年代のラインでしかもこうやってバンパーストリップでみると 真っ当素敵なセダンだなぁと 

70年台はまだバンパーってボディの異物だった時代なのだきっと。

b0058021_2310727.jpg




しかして この数分後、このOLD ALFAは、追い越し車線から、バスの前へ車線変更、、そしてそのまま路肩方向へ・・・

さては水温計が下がるまで、小休止なのかなぁ?  ご苦労さまです。 私も真夏のC2トンネルで気を揉んだことありますからねー!



Acqua bollente Line?
by coolys1 | 2014-10-03 23:35 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(2)

sud Sprint

東京から見れば、故郷高知はsud に違いない。

昨日、代々木上原で見た美しいsud Sprint、 30年前に乗りたかった車、そして今現在も乗りたい車の筆頭。

b0058021_9344594.jpg



本日 56歳になりました。 晩夏に感じる初老の味わいというか  五十肩がぁ・・・・・
by coolys1 | 2014-09-15 09:38 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(7)

一関の熱帯雨林

Under jungle advance
b0058021_824591.jpg


The AMAZON
b0058021_824989.jpg


Type 4/VW412
b0058021_8241349.jpg


Stuttgart rusted and Italy thing=PANDA
b0058021_8241612.jpg


Todays 9/14 914 
b0058021_824191.jpg


Maruni
b0058021_8242296.jpg

by coolys1 | 2014-09-14 08:43 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

くれくれタトラ

チェコスロバキア時代の、戦後VIPセダンとして60年代から90年代まで君臨したTATRA603シリーズと613シリーズ。

大好きなクルマのひとつです。 T603は日本にいたとの噂もありましたが(チェコの外交官が乗っていたとか?)

b0058021_11503670.jpg



イタリアのヴィニャーレがボディデザインした後継車T613はさすがに排気規制の厳しくなった日本では走っていなかった。

b0058021_11503425.jpg



なぜなら603も613も空冷のV8エンジンだったから!! さらに大型セダンでそのエンジンをリアに載せるという奇抜っぷり。 イタリアの小型車じゃないんだからね。

603のご先祖戦前のT87のエンジンルーム 左右に配した予備プラグが洒落てます。
なおT87は、当時世界を驚かせた超最新空力ボディのセダンとして自動車界に名を残す名車ですね。(ナチスドイツもアウトバーンで使っていたとか)
b0058021_7373810.jpg


一方こちらはインジェクション化された、ほぼ最終型ちかい頃のT613/4のエンジンルーム。
ポルシェにような強制空冷ファンが見えます。
まぁ ポルシェも立派に空冷6気筒RRのスポーツカーを作っていたのですがね。。。(実際は、ほぼ油冷そしてのちに完全に水冷化されるけど)

b0058021_7374098.jpg


欧州広しとはいえ、ど変態エンスーの存在するイギリスがこのT613の最終市場であったようで、
本国では、独逸車に蹂躙され、誰も見向きしない時代遅れの空冷V8RRのセダンは彼の地向けの右ハンドル仕様まで作られていたようだ。

晩年にはかなり英国人好み?にMCされていったT613。。。。。。。 感無量ですね 笑
b0058021_11475711.jpg


さらに最終型のT700(完全英国向?)は、
趣味的英車と東欧ノスタルジーの悲しいまでの融合=化け物になっちゃてますね。辛い形です合掌

b0058021_11515951.jpg



ところで、たしか80年代終わり頃のチェコスロバキア時代にこのタトラT613のエンジンを使ったスーパーカー計画があったようで、
ちょうどCG誌が取材をしていた記事が記憶にあるのです。

記事だとまだモデルとシャーシ・ボディくらいしかなかったようだけど、そのデザイナーのお宅まで行った熱心な記事でした。
(そのデザイナーの息子が日本の試作RR戦闘機「震電」の大ファンだったというオチも面白かった!)


そういえば、あのスーパーカーTATRA MTXはどうなったのかな?と思い色々検索して出てきたのがこの画像。

元気に走っている!?
b0058021_7395191.jpg


英文のサイトがないのでよくわからないんだけど、時代を追って細部の異なるランニングプロトタイプが3台ほどあるらしい。(残っている?)

このMTX、RRなのかMRなのか一瞬よくわかないけど、ボディは大きめでちょっとジャガーXJ220のような趣で悪くない。

おそらく、すごく寝たサイドウィンドウは嵌め殺しで最後まで開閉できる機構ができなかったんじゃないかなぁと思う 笑

レースっぽい仕様も? (いいホイール履いているのはチェコになってからかな?)
b0058021_7374664.jpg


黒ボディの走行ビデオ。黒はおそらく最終型の3台目か?(ACなんかもついてるし)



エンジンルーム開けるシーンで確認できるけど、リアアクスルをV8エンジン下に配したRRのようだ。(ちょうどFerrariBBのような)
やはり基本は613のユニットをそのまま流用したんだろうね。

ホイールベースやコクピット配置からいえばリアアクスル前に縦置きで12気筒エンジンが楽に納まりそうな雰囲気だが、
こちらの試乗ビデオだとシートの後ろは広大なラゲッジスペースになっている(あと燃料タンクかな)



なにはともあれミニカーくらい出ないかな? KESとかマトリックスとかでね。
by coolys1 | 2014-08-31 08:48 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)