カテゴリ:尼酒道( 154 )

地下戦車工場跡で醸される酒達

那須烏山のなだらかな小山に、昭和19~20年に作られた地下戦車工場跡があるという、そしてそれは見学可能らしい
とのことで行ってみました! その入口。

b0058021_9135152.jpg


元は、東京動力機械製造株式会社が疎開して戦車製造の為につくったらしい。
b0058021_914046.jpg


70年過ぎた現在は、東力士ブランドの島崎酒造が、酒の貯蔵熟成に利用しているというわけだ!
さっそく、入ってみる! 入り口付近は後に補強され狭いが、、、
 
b0058021_914139.jpg

内部はご覧のように広い! 坑内は年間通して摂氏10度くらいだという(湿度は高い)
b0058021_914266.jpg

蔵元の方の詳細な説明で地下工場(現酒蔵)の構造や工法、現在の利用法等をおしえてくれるのであった。
半年余りで、手掘りで3.5m×3.5mの洞窟を縦横に600mも掘ったのだから凄い。
b0058021_914211.jpg

メインの坑道2本に対して横坑道が数本ある。 たしかに旧日本軍の戦車なら作れそうな広さ。
今は、酒の保管庫に最適だという。
b0058021_914356.jpg

見学コース(全体の1/3くらい)の最後に試飲バーコーナー!!
b0058021_914336.jpg

b0058021_914443.jpg


この中で醸される 来年のイヤーボトルが気になる気になる・・・だって戌年だからね!
予約すれば年末に届けてくれるという・・・・
b0058021_914437.jpg


うーん 外に出ても 気になる気になる・・・ *仕方ないので申込書だけ持って帰る。
b0058021_914123.jpg



ところで、この地下工場自体は結局稼働しなかったらしく、近くにあった半地下式の工場で20両ほど生産したらしい。
当時だと、何を作っていたのかな? 三菱の新丸子も空襲でやられていたはずだから。チヌあたりを頼まれて作っていたのか?

写真が飾られていたチハはまさか作っていないはず!?
b0058021_914590.jpg


那須烏山駅近くの蔵元(島崎酒造)にいくと、この地下工場で醸された、古酒が試飲できるのであった。
b0058021_914520.jpg

またここの試飲コーナーが凄くて、ほぼ全種類(梅酒等も含む)がセルフで飲み放題?なのであるからうれしい。
b0058021_914678.jpg


琴線に触れるミニチュア発見!
b0058021_914632.jpg


メインブランドの東力士は、やや甘口であった。
b0058021_914792.jpg

by coolys1 | 2017-05-04 09:35 | 尼酒道 | Comments(0)

真昼のハイボールは旨いに決まってる!(グレンだけど)

毎年、この時期に楽しみにしているミッドパークカフェのイベント、今年は「知多」風香るハイボールだと。

去年までのワールドハイボールフェアの方がウィスキーを選べて良かったんだけど、
今年はなぜかシングルグレンの「知多」しばりとなってちょっと残念。  まぁサントリーさんとしてはやや地味な「知多」をもっと売りたいのかな?
b0058021_12393063.jpg


b0058021_1239299.jpg


b0058021_12392924.jpg



二人だったので、思い切って¥5500のピクニックセットを注文(とはいってもセルフですが)
b0058021_12393111.jpg


知多のハーフボトルと沢山の和惣菜と氷とソーダ。

しかし 当日は空模様が微妙で、ハーフボトルはとても呑みきれなかった・・・・・
b0058021_12392993.jpg


隣の芝生広場には、富士山?
b0058021_12393142.jpg

こんなイベントでした。
b0058021_123932100.jpg


ミッドタウンの中では新型SUV3008の展示試乗会が、でも呑んでるので試乗できなかったのは残念かも。
b0058021_12393253.jpg




呑みきれなかった知多は翌日、余ってた鶏皮の唐揚げの辣子鶏風でまた一杯やりましたとさ。
b0058021_12393290.jpg

by coolys1 | 2017-05-01 13:05 | 尼酒道 | Comments(0)

海苔、皮、炭、骨、肉、芋と貝

六泉寺さん 鹿児島いるなら
うちの社員の実家の焼き鳥屋いきなよ!と同僚からメールが来たもんで、
しかも宿泊しているホテルからすぐ近く!
ときたものだから躊躇なく入った焼き鳥屋さん。

ダニー・アイエロのようなおっさんとジェームス・コバーンのようなおっさんに迎えられて店内へ・・・

ここはメニューは鶏皮ポン酢と骨付きモモ焼きの二種類のみ。(モモ焼きは骨なしも選べる)

鶏皮は海苔がごっそり上に載っての登場にビックリ!

b0058021_09213804.jpg
それを指で押さえつけて下の汁を染み込ませて食べよとのこと。 なかなかのボリュームである。
b0058021_09213823.jpg

メイン?の骨付きモモ焼きは、炭火で焼かれて、食べやすいように切れ目が入った感じで出てくるので
一瞬、R・ギーガーのアレかと思った・・・
ちらと映るのは箸休めの胡瓜の一本漬け。
b0058021_09213970.jpg

かぶりつき、引きちぎり、噛みしめるとその肉の旨い事!旨い事! 
恥ずかしながら途中でこれは赤身の熟成肉?いや牛タン?ではないかと頭がトンデモ迷走してしまうほど。
b0058021_09213930.jpg

酒は選ぶもなにもビールか芋しかないみたいなので、
お湯割りを頂く。

b0058021_09213980.jpg
前日に芋と水とマリッジしたものをお燗にしてくれるが、(芋の銘柄は不明だけどグラスには海童と書いてある)
そのお燗をしてくれるジェームス・コバーンおやじの動作にプロの姿をみてしまった!
そんなお燗なので、まずい訳がない。
ああ 薩摩っ子が日本酒を飲まなくても生きていけるのはこれがあるからだと納得の一杯。

その納得の焼酎を結局 三杯
〆に頂けるらしい貝汁をもらう (これのみ単品で頼めるかどうか不明??)
b0058021_09214083.jpg
ごちそうさまでした。 骨をしゃぶりつくしました!
b0058021_09214052.jpg

客席の奥の方にどんと座っていたダニー・アイエロが店主らしく、(つまり実家の親父)
息子が焼き方をやっているらしい。

アイエロさんが赤塚不二夫さんの話をいろいろとしてくれたのはよかった。(薩摩弁は聞き取りが難しいけど)
店の看板を見直して納得。
b0058021_09214097.jpg
b0058021_09214075.jpg
つぎに行く時があれば貝汁を先にいただくのもアリかと思った。

by coolys1 | 2017-04-19 09:38 | 尼酒道 | Comments(0)

春の午後の寄り道処

今日ではありませんけど 吉祥寺「いせや」にて

焼酎(甲類)×2(テーブルには梅シロあり)
炭酸×2(頼むとジョッキに氷とレモンスライスが付いてくる)
上記を交互に呑むのもの乙なもんです。

肴というかアテは
ガツ差し
焼き鳥×4

以上 ¥1500

b0058021_1836306.jpg



でも数人で吉祥寺なら 女子大通りの「ひまり屋」が快適だね。
by coolys1 | 2017-03-28 18:43 | 尼酒道 | Comments(0)

今週の酒 今週の灯り

水曜は富山に出張でした。 夕方富山駅に帰り着き、駅前の「さかな屋 撰鮮」で富山の地酒のお供にしたのは

かじきの昆布巻(昆布〆)でした! (奥のカニは鳥取産)

b0058021_08535891.jpg
特にこの日の昆布〆は、茗荷も挟んである特別品で、これがまたいいアクセントになります。
b0058021_08535919.jpg
富山の漁港の特徴ある醤油も選べるので、身だけでなく昆布も醤油をテイスティングしながらおつまみに・・・
b0058021_08535972.jpg
当然、地酒純米も二杯目に! これは曙をいただきました。
b0058021_08540003.jpg
富山の酒肴を堪能して、日帰りすると、家ではUCOの真鍮製ランタンが待っていました! これは実用品として使います。
b0058021_08540044.jpg
そして週末の昨夜。 残業で閉店間近の「名酒センター」に滑り込んだのは20:45分・・・・ 昨夜はいわゆるジャケ買いというかラベルデザインで選んでみました。

美しいラベルデザインで選んだ群馬の「赤城山」 普段はなんか泥臭いラベルのイメージの「赤城山」ですが、これは公募で女性がデザインしたということで、洒落ています。
純米生酒ですが、やや軽めの今風な味わいはやはり女性をターゲットにしているからでしょう。 ラベルの稜線は赤城山??って感じもしますが、北側からみるとこんな感じなのかな?
b0058021_08540109.jpg
これは とんでもねぇ? って感じでそそられた、京都の「むきだし」 なにがむきだし? ネイキッド? 焼酎?みたいな感じですが、これも
意外にスッキリしている味でした。
b0058021_08540000.jpg
規程の三杯で、この日の場外ホームランだったのは、島根の「ザ・セブン タイプK」 純米吟醸原酒です。
19度くらいの、フルボディの辛口。 地元米らしいですが、お隣の鳥取とは違います。 キリッと辛口が球体で口の中を転がっていく感じで、まさしく男酒2016でした!
b0058021_08540161.jpg
これはぜひ息子にも呑ませたくて、4合瓶で¥2200もする高級酒ですが、買って帰りました。 そうここは呑める酒は気に入れば買って帰れるんですよね。


ではでは

by coolys1 | 2016-11-05 09:11 | 尼酒道 | Comments(2)

特選食材!?

最近はまってるやつ!

b0058021_20163161.jpg


100g/399円!(しかも税抜)  お肉でもこんな単価は滅多は出せませんよね~ 笑

もちろん炭火で焼くと チョー美味ですが
b0058021_20163435.jpg


本来はモツ鍋用です!
b0058021_20163619.jpg



それにしてもキャンプ場に似合わないクルマだとこと・・・・・

b0058021_20163868.jpg

by coolys1 | 2016-10-01 20:19 | 尼酒道 | Comments(1)

秋田の小茄子でナスのタタキを。

今夜はエムリコもカニーコもいないので愚息と酒肴モードな夕食。

薬味の香味野菜はこんな感じ。 *エムリコがいないのでネギは横着して刻みを買ってしまいましたが・・・
b0058021_21414861.jpg


もちろんこれは遥か四国は土佐の現代郷土料理なので、この薬味もかかせません!
b0058021_21414894.jpg


主役の茄子は、週末の秋田旅行で仕入れてきた立派な丸茄子 これ一袋で¥100でした、(安!)
b0058021_21414915.jpg

張りのいい茄子は切る前から男でも興奮しますよって。。。。
b0058021_21415972.jpg

予めグリルで焼いておいた鯖を愚息にほぐしてもらいました!
b0058021_214159100.jpg


くだんの茄子は切って晒してから水気を取り素揚げします。(180~200度くらいで)
b0058021_21415981.jpg


バットにキッチンペーパー挽いて油を切って
b0058021_214275.jpg


覚めた頃に晒した玉葱のスライスの上に盛りつけます。
b0058021_2142747.jpg


その上にほぐしてもらった鯖をちらして
b0058021_2142277.jpg


たっぷりの薬味野菜(茗荷と大葉と刻み葱)と素揚げしたニンニクをちらして
b0058021_21422867.jpg


完成!!! あとはスダチとポン酢醤油をたっぷり掛けていただきまーす!
b0058021_21422962.jpg


珍しく愚息に注いでもらう酒は・・・・
b0058021_21422996.jpg


九州は福岡の八女市の喜多屋の特別純米でした。
b0058021_21422980.jpg


先週は週明けからつらい別れや懐かしい再会なんかがありました。 
でも今週からは気分も切り替えて そう 頑張ってね!! これも人生の一コマなんだろうね。
by coolys1 | 2016-09-04 22:26 | 尼酒道 | Comments(2)

浜松町で晩酌を

会社帰りにワンコインで呑める「名酒センター」に嵌っています。

ここのいいところは、居酒屋等で頼むとどうしても高価になってしまう、純米吟醸や大吟醸なんかが安く呑めるってところです。
(そのかわり、一杯は1/3合=60mlとなりますが、、、)

まぁ 店内には、蔵元直送で常時100種類前後も酒があるし、季節限定モノも入るので利き酒にはもってこい!のお店といえますね。

なので、当然若い女性同士、いや女性お一人様なんかもワイン気分で吟醸クラスの酒を楽しみにやってくるという訳ですが、

こちらとら親爺はそうはいきません。 男は黙って本醸造! そういう硬派な路線(やせ我慢)なのが酒飲み男の本懐と言えるのではないかと・・・・・

で、先日頼んだ ¥200三人組(200円で三杯頼むと100円引きになるんでお支払いは¥500なのだ)
b0058021_14364120.jpg


この中で 一番左の、出羽桜の春の淡雪が美味しかった!
b0058021_1436394.jpg

本醸造のしぼりたて生ということで新酒でしたが、本当に淡雪をお酒にしたら、こんな感じ?っていうメロー感タップリのテイストでした。でも精米歩合55%!
b0058021_14364589.jpg


真ん中の純米酒の鳳陽は、店の奥にあるお燗コーナーでお燗にします。 *セルフなので忘れると熱燗になるので要注意ですが、、、
b0058021_14375270.jpg


一番右は、本醸造の美寿々の生原酒。淡雪とは正反対のフルボディな味わいで、 淡雪とのカウンターチェイサーに持って来いの組み合わせ。
b0058021_14544433.jpg


ということで、世の(世界の)トレンドから少しはずし気味の本醸造チョイスが楽しみな昨今です。

一方、さらに後日、若いOLやリーマン、酒好き外人などでゴッタ返す店内で選んだ三人組の中で印象がよかったのは「颯」。

b0058021_1436377.jpg


「はやて」なんて聞くと思わず 往年の戦闘機を思い出しますが、これは三重の後藤酒造場がつくる純米吟醸でした!これが¥200! 私幸せだわ。
b0058021_14364362.jpg


あとの二種もなんとなく戦闘機繋がりのネーミングを選んで見ました的な・・・・・
菱正宗 (三菱?)
零度のめざめ(零戦?)


そしてこちらも別の日、なんとなく 航空母艦とか海軍の飛行機エンジンなんかを連想させる組み合わせで850円!
左から「天鷹」、ずばり「誉」、そして「赤城」(山ですが)  
えーと本醸造は赤城だけでしたが、こんなジャケ買い的なチョイスも面白いかと。
b0058021_157321.jpg


誉は、一升瓶の売価(酒屋で売る値段です)がなんと¥7700なんていう恐ろしいお値段の岐阜の純米大吟醸酒で、
普通の居酒屋で出したら八勺で1500円なんて感じでしょうかね? これが1/3合で一杯550円で試せるのは果たして幸か不幸か??
b0058021_1571464.jpg


一方、¥200で、しぼりたて生の吟醸を呑める栃木の「天鷹」のコストパフォーマンスには驚きです!
これは誉と組み合わせるべきではなかったですね。実際これの旨さを「誉」が引き立てた感がありましたねぇワタシ的には。
b0058021_1571145.jpg


右側のたった一本の本醸造男酒「赤城」は、迷わずぬる燗に・・・・ 
「赤城」のぬる燗を、凄腕の吟醸酒達をチェイサー替りにしてやる一杯もまた邪道ながら一献ですね。 ですよねきっと。



という訳で駅への帰り道が嬉しい今日このごろ・・・・・




*ちなみにツマミ無しで3杯/ワンクールで引き上げるのが、この店での私の流儀です。
by coolys1 | 2016-01-23 15:42 | 尼酒道 | Comments(0)

程酔?

会社から大門駅までの途中にある「名酒センター」
酒屋の立ち呑みとBarを一緒にしたようなお店だけど、開店とともに仕事帰りの男女や外人さんで結構混んでます。

b0058021_18291779.jpg


でも、二時間ほど残業し、前を通るとさすがに入りやすいくらい空いてきている。 もっとも閉店時間までもう30分くらいしかないんだけど。
b0058021_18291920.jpg



ここのシステムはまず目の前に60ml入るグラスが3個置かれる。(しめて1合) なので自分で呑みたい酒を店内にある冷ケースから持ってくる仕組み。
(四合瓶もあれば一升瓶もあるので、一度に3本は持ってこれない。 酒瓶にはそれぞれ¥200~くらいからプライスがついてくる)

酒瓶を置いたら、お店のスタッフ(殆ど女性)がそれぞれに注いでくれる。(聞けば酒の説明もちゃんとしてくれるのだ!)
b0058021_18292662.jpg


そしてその場で現金を払って、やっと呑める仕掛け。 酒瓶はしばらく目の前に置いてくれるので、まさに利酒気分。
b0058021_18292455.jpg


この夜のお気に入りは新潟市の蔵の「カウボーイ」と「フィッシャーマン」で、それぞれ肉料理と魚料理にあうような仕込みだという。

ちょっと気温高めで蒸した夜だったので、若干酸味のある「フィッシャーマン」が旨かったなぁ。
b0058021_18292984.jpg



ちなみに基本は立ち呑みだし 居酒屋じゃないので、酒肴はあくまで角打ちレベルである。 
私は400円だったかの豆腐の醤油漬けを肴にして、総額¥1100のお勘定で、程酔気分で帰るのであった。
by coolys1 | 2015-08-06 18:49 | 尼酒道 | Comments(4)

夏バテ防止に

あつい・あつい・暑い・暑い・熱いー! の毎日。 仕事がらみの行事(飲み会)も重なり、今週末はかなりお疲れモードです。

先月までの出張三昧も終わり、極暑のなか 会社で一日中エアコンでじんまりと腰回りを冷やしているのもよくないようです。
今日は、先月から罹っている「腰痛=腰椎骨化による坐骨神経痛」が再発しぐったりしてましたが、強めの鎮痛剤でタップリと昼寝した夕方、 

大葉と玉葱と青葱と茗荷なんかを切り刻み、茄子を素揚げ。(これが暑いんですけどね)

夏の逸品「茄子のタタキ」をつくりました!  ALL野菜のちょっとした精進料理ですね~


b0058021_234633.jpg


これでもかって 青葱を載せて完成!
b0058021_2346662.jpg


酒は米子で買い求めた安酒 「月山」の上撰。 米子で勧められたブランドですが、実は島根は安来市の地酒です。 

県境があいまいな地方らしいチョイスです。

こういった旅瓶(300ml)は意外に入手に手こずるんですね。 それがまたいい土産になります。

b0058021_23503794.jpg

by coolys1 | 2015-08-01 23:53 | 尼酒道 | Comments(0)