カテゴリ:DUSTY TANK( 46 )

鋼の錬金術師その2

一方こちらは 日東科学の1/76 フルディテールM4シャーマン こちらも要修理状態です。
b0058021_23351587.jpg


車体周りの補修が済んだら、砲身の修復。
b0058021_2335172.jpg


なんとか修復し、コマンダーも満足かな?
b0058021_23352178.jpg


なんともな状態のM4シリーズの3両分のジャンクシャーシとボディ達、 右の105ミリ載せたプリーストをまずは救済です。
b0058021_23354943.jpg


当時の日東科学のキャタピラーは40年近い歳月を経て収縮・硬化・劣化が著しく、
最近のバラバラキャタピラキットの方がまだ潔いと思われる状態でした・・・
b0058021_2337652.jpg


組み合わせ使用するシャーシは、最終転輪とキャタピラは一部欠損してますので、ジャンクシャーシから部品取りして修復します。
b0058021_2339665.jpg

こちらです、起動輪が欠けてるので部品取りですね。どうもこちらが元々のプリーストのシャーシのようでした。
b0058021_2340523.jpg


プリースト独自のリアセクション等を交換し
b0058021_23433069.jpg

b0058021_23432652.jpg


なんとか形にしました。 日東のキャタピラは製作当時でも長さが短く、ステープラーでこんなに遊びを作っていたことが判明してます。
b0058021_23443716.jpg


そして完成!
b0058021_23445340.jpg


あと2つのシャーシから1両分を救い出すことにして、キャタピラを移植しますが、劣化・硬化が激しく苦戦が予想されます。
まずはステープラをニッパで切断。
b0058021_23461735.jpg


でもやっぱり割れてしまいました。(硬化したまま軌道輪に食い込んでいるから、外すのが難しいのです)
b0058021_23483546.jpg


なんとか救いだした 鋳造ボディのM4(日東科学)です 砲身に変なものが付いているのはご愛嬌ということで・・・
b0058021_23482854.jpg


M3~M4ファミリー大集合です。
b0058021_23495695.jpg


残ったジャンクボディ、 変な指揮戦車みたいなのは多分エアフィックス製のM4ですね(改造品)
b0058021_23505910.jpg


あまった部品は、アリゲーターの荷室にぶち込みましたとさ 笑
b0058021_23522092.jpg


ロコのG.M.C なんでかドイツ軍のマークついてますが、「ラットパトロール」の影響かなぁ
b0058021_23542781.jpg


同じロコのソフトスキン 手前のはオーストリアの車両かも?
b0058021_23562172.jpg



ミドリのT-55も転輪ピッチが間違っていましたので、修正
b0058021_23561699.jpg


とはいっても、クリップキットなのでばらして左右の転輪を入れ替えるだけですけどね!
b0058021_23565434.jpg



1/76戦車の中から出てきた1/35の独逸擲弾兵? 撃っている筈のMP-44が行方不明です。
b0058021_2359048.jpg



高校2年から3年にかけて嵌ったミリタリーですが、どうにもこういう戦争物っていうのに嫌気がさしたみたいで、
この後、ピッタリとやめてカーモデルへと収集が変わったのでした。

今見ると可愛い奴等でもありますが、正直なところ兵器もんはやはり気持ちがイマイチ荒みますね。
b0058021_012435.jpg

by coolys1 | 2014-08-23 18:32 | DUSTY TANK | Comments(2)

鋼の錬金術師その1

8月の暑い日 古い洋服箱を開けるとそこは・・・・・・
b0058021_23104519.jpg


40年近く前に作った1/87~1/76のプラモデル戦車の修繕を行うことにしました!

まずは、はるかブリッテンのエアフィックス社のチハ こんな状態になってました。
b0058021_23131931.jpg


転輪ももげてしまって、ひどい状態です。でもキャタピラは転輪を溶かさない後期エアフィックスタイプです。
b0058021_23132275.jpg


なんとか足回り関係を直したものの、砲塔は大半の部品が失われています。
b0058021_23132517.jpg


フジミの鉢巻チハと並べてみます。 鉢巻チハも砲塔部品の破損紛失が激しいですが、双方のデザインの考え方の違いが判って面白いですね。
b0058021_23143526.jpg


なぜか余っていたフジミの新砲塔を載っけてみて、まぁ一番納めやすい組み合わせかなと納得。フジミは思い切って指揮戦車にするかぁ?
b0058021_23143829.jpg


一方こちらはなぞの組み合わせ!? 迷彩の施されているシャーシに未塗装のホニの上物、ナンデダロウ?
b0058021_23182290.jpg


おそらく長谷川の1/72の航空機アクセサリーの車両を改造したトラックもあったりして・・・
b0058021_23195131.jpg


続く
by coolys1 | 2014-08-21 23:29 | DUSTY TANK | Comments(0)

エスプリ・タンク

中野tokinon 50/1,4で開催中のPanzer Vor!のゲストブックに描き込んできました。


ロータス・エスプリとスゥェーデン「S-Tank」の合体妄想戦車です。

b0058021_10223939.jpg


*肝心の前面装甲が合わせガラスなのが辛いです 笑

しかし写真展で、ルノーFT見ていると「のらくろ」を思い出すのは、世代のせいかな

あの頃は、のらくろ一気読みしたり、かたや「はだしのゲン」で縮み上がったりもしてたなぁ・・・・・
by coolys1 | 2013-10-26 10:24 | DUSTY TANK | Comments(0)

DUSTY TANK 残車録2013

G.M.C.CCKW-353

b0058021_22432365.jpg



HASEGAWA   1/72
by coolys1 | 2013-10-19 22:44 | DUSTY TANK | Comments(0)

DUSTY TANK 残車録2013

Brengun Carrier

b0058021_21564358.jpg


6ポンド砲と砲兵達は行方不明です。



AIRFIX   1/76  

後方はハンバー装甲車(マッチボックス製)
by coolys1 | 2013-10-06 21:58 | DUSTY TANK | Comments(0)

”村正氏のホニ” DUSTY TANK:残車録2013 (追補)

昔々に1/76~1/87の小スケールクラスで辛口の日本戦車が無いぞ!と嘆いた村正氏

あろうことかROCOの1/87の戦車をバラして、戦闘室をボール紙で作った小スケール初の日本戦車がこれ。
(無いものは、まず自分で作るという氏の哲学の基本か・・・・)

b0058021_188279.jpg



しかし何故ホニだったのか?塗色は何故鉄錆色なのか? 試製だから?? いや下塗りだったのか? もはや不明である。


その二年程後に、フジミが1/76で素敵な日本戦車群を積極的に発売したので、この試製(スクラッチ)ホニは1輌きりとなってしまった。

b0058021_1882048.jpg


当時(40年前)はホニでさえ殆ど資料がなかった時代、後ろのフジミのホニに比べて戦闘室が妙に低いのは参考にした資料のせいと思う。
このホニはおそらく原乙未生先生の「日本の戦車」の少ない写真と図面を参考にしたんではないかと回想している。 
ROCOのパットンかなにかの流用のキャタピラ部分は巧妙に切断短縮結合されている様子。

右に写る無塗装車体だけのチハは、貴重なAIRFIXのモデル(鉢巻砲塔)だが、永い年月で砲塔他、多数の部品は失われてしまった。



村正氏が参考にしたと思われる写真

b0058021_9262051.jpg


そして図面 *防盾及び上部戦闘室の高さが低い製図だ

b0058021_9262390.jpg


*上下とも 「日本の戦車 上」 初版より


そしてこれがホンモノのホニの試作車と思わる写真。 防盾や戦闘室の形が全く違う!


b0058021_930421.jpg


日本陸軍写真集1より 撮影場所は富士演習場らしい


エレファント型と言われた試製105mm自走砲「ホリ」  
現在出回る想像図とは異なる木型の写真が珍しいと思った。(副砲の37mmは付かない?)

b0058021_9262611.jpg



*最後は我が家の守り?オルパン第2師団(OLDS PANZER) 勢揃い

b0058021_18302265.jpg

by coolys1 | 2013-09-22 18:53 | DUSTY TANK | Comments(0)

五五式老戦車

本日、めでたく55歳になりました! 

ミドリのこれはT54だったかT55だったか?もはや忘れましたが、どうでもいいこと。(どうやらキャタピラの向きが左右逆っぽいのも・・) 
作って40年以上壊れないことがとてもいいこと。 この丈夫さにこれからもあやかりたい

で、 このまま76目指す? いや85? もとい やはり100を目指すべき??


b0058021_1713284.jpg



LENS:PNAGOR PMC AUTO 55mm 1:2.8

CAMERA:PENTAX K7

DETA:ISO=200 f=16 / 13second
by coolys1 | 2013-09-15 17:26 | DUSTY TANK | Comments(2)

DUSTY TANK 2010 最終回

Type 60 Self-Propelled 106mm Recoilless Gun,SS

b0058021_1551846.jpg


b0058021_15512256.jpg


b0058021_15514068.jpg




メーカー不明  スケール不明(1/70くらい)  プルバックフリクション駆動式
(組み立て製作 村正氏と思われ)


2007年 旧日本陸軍の砲戦車 ホニ Iで始まったDUSTYTANKシリーズですが、
今回のウルトラデフォルメな戦後日本陸軍の最新式砲戦車で終了することになりました。

HOスケールの戦車模型はこのくらいの作りが一番毒がないと確信するところです。そういう意味でROCOは偉大だったと再認識。

では長い間 ありがとうございました、、、LEDによる長時間撮影シリーズは別テーマでまた近いうちにスタートいたします。



今も昔も私のバイブル  「日本の戦車」 初版

b0058021_2126434.jpg


b0058021_2127171.jpg

by coolys1 | 2010-04-01 10:00 | DUSTY TANK | Comments(4)

DUSTY TANK 2010

90 mm Gun Motor Carriage, M36

b0058021_15491643.jpg


More
by coolys1 | 2010-02-05 21:45 | DUSTY TANK | Comments(3)

DUSTY TANK 09' 12/31

Mk.IV Churchill Infantry tank

b0058021_15514232.jpg


b0058021_15501890.jpg


b0058021_1551585.jpg



いやー オーロラは丈夫だわ



AURORA 1/48


なぜか? この大晦日に突然!?チャーチルタンクです。 

その昔、「突然段ボール」なんてバンドがあったような気がしますが、その影響もあるようでないです。

オーロラはアメリカンプラモデルの心の故郷ですね。 日本だとどこだろう?

喪中の為に年始のご挨拶は遠慮しますが、更新は致します。相も変わらず趣味趣味な内容ですが、お屠蘇でもやりながらご笑覧ください。


では皆様、今年一年色々と、公私共に助けてくださりありがとうございました。

明けて寅年も変わらずのご贔屓を。


                                   2009.12.31 六泉寺兼行
by coolys1 | 2009-12-31 11:07 | DUSTY TANK | Comments(7)