カテゴリ:世田谷の川( 7 )

ミド世田谷漂流記(廻澤稲荷神社)

祖師谷大蔵の商店街を抜けさらに千歳烏山方面に向かって北上すると、前から興味のあった廻り沢という旧村域に入る。

現在はバス停名で残っているこの地域は、一本の沢が、ぐるっと渦でも巻くようように蛇行して流れている場所かな~?

・・・と勝手に想像していたが、実際は仙川、谷戸川、烏山川支流に挟まれた水の恵み多き農村地帯だったという訳だ。

参照:昭和31年ころの世田谷廻り沢地区の地図


そんな関係もあるのか、立派な廻澤稲荷神社が建立されていたのだ。

b0058021_10484954.jpg


b0058021_10485922.jpg


広い境内

b0058021_1049669.jpg


夕日に照らされた社殿 平日の夕方なのに若い(私より)女性が参拝していた、きっと地元の方だろう。

b0058021_10491066.jpg




ところで、近所に居た このクルマに釘付けに・・・・・・・

一瞬キャディラック・アランテでは?と思わせたが、XLRだろうね年代的に *意外に好きなんですね このXLR ❤

b0058021_10491575.jpg

by coolys1 | 2013-01-13 11:09 | 世田谷の川 | Comments(2)

ミド世田谷漂流記(ウルトラな街)

祖師谷大蔵のウルトラマン商店街を北へ歩く・・・・・

たしかに商店街の街路灯はなんとなく

b0058021_1413317.jpg


ウルトラマンなんだが

b0058021_1413770.jpg


まれに こんなセブン型もあったりして驚かされるのだった。

b0058021_1414030.jpg




i phone4s
by coolys1 | 2013-01-12 01:44 | 世田谷の川 | Comments(0)

桜の用水跡

城山通りから崖を登った高台の住宅街に遺る用水の跡

このまま下って上町あたりで烏山川に合流していたのかなぁ?とか考えてしまう。

b0058021_1962418.jpg


もはや水の流れている様子はない。

b0058021_1963311.jpg


b0058021_1962897.jpg



水源はどのあたりなんだろう
by coolys1 | 2012-11-22 19:08 | 世田谷の川 | Comments(2)

onkä

世田谷漂流がてらに寄っている、最近ちょっとお気に入りのパン屋。

経堂から農大通りを下って城山通りを左に折れたところにあります。

b0058021_22294556.jpg


ケース越しのパンは彼女が取ってくれる。

b0058021_2229486.jpg



なぜならオープンファサードだから。

b0058021_22295023.jpg


これ ハムサンドっていうのかな ¥400とちょっとお高いけど満足感は120%

b0058021_2229546.jpg




向いの烏山川緑道にのんびりと食べられるベンチが少ないのが残念~。
by coolys1 | 2012-11-06 22:46 | 世田谷の川 | Comments(0)

北沢川支流跡

世田谷区松原


b0058021_23455669.jpg



水源まであと少しだった。
by coolys1 | 2012-10-15 19:45 | 世田谷の川 | Comments(4)

世田谷川下り-2 汐の香り

前回までのあらすじ

世田谷の川に目覚めた六泉寺はとある秋の日、エムリコを連れ、池の上から北沢川をひたすら下るのであった。


烏山川と合流した北沢は、目黒川と名を変えつつ状況が少し変化していく。 

とはいっても水量が増える訳ではないが、今までの生活臭さよりも公園風の作りとなって有終の美を飾るといった感じか。

なぜか、地面より高い位置を流れる沢は所々工夫をして、浅いながらも鯉がなんとか生息できるようにしているのが可笑しい。
周辺の植生管理は地元の方のボランティアで美しく保たれています。

b0058021_16443242.jpg


左側の駒場の丘、南斜面にたつシタデルのような巨大コンドーや官社宅などを過ぎると、遠くに首都高3号線が・・・
b0058021_16492916.jpg


現在における北沢(烏山川)の終着点らしき場所、、大山道(現246号) 池尻大橋に到着したのです。
大橋なんて地名があったのかと、じゃ池尻なんていうのは、この低地に池でもあったのだろうか?
b0058021_16522325.jpg


世田谷区ともここいらでお別れ。

そして目黒川への旅
by coolys1 | 2010-10-16 20:51 | 世田谷の川 | Comments(0)

世田谷川下り

多摩川上水から分水されたらしい「だいだらぼっち」由来の森厳寺川が世田谷の低地で合流するのが、北沢川。

今回は馴染みの玉川上水緑道からの出張で下ってみることに。

まずは笹塚より分水された三田上水沿いに下り、三角橋交差点から京王井の頭線の池の上駅をわたる。
b0058021_15553590.jpg


この池の上を横断する道路、実は都道で、環七と環六の間を並行する、名称:都道420号線大山〜鮫洲線(一部区間中野通りという)

と呼ばれる、北は板橋から南は品川まで行く環状道路計画。

とは言っても、三宿〜五本木とか 中野〜笹塚なんかの整備区間ではないので、まだたんなる普通の道の風情。
b0058021_161485.jpg


池の上駅付近では都心とは思えない寂寥感を感じさせる、しもた屋通りとなって・・・

坂道を下っていくと両側は瀟洒な住宅街。 道沿いにはアンゴラ大使館やインド大使公邸なども・・
ここが将来こんな風になるとは、今は想像もつきませんが、とにかく自分が生きているうちに、開通しないことは間違いない。

b0058021_1634997.jpg


この先続くのだ
by coolys1 | 2010-10-15 23:05 | 世田谷の川 | Comments(0)