<   2006年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

続々:天高く馬肥ゆるクレーン

KATO NK-5000  
トラッククレーンでは日本で最大級の500ton吊り。
(ALL TERRAIN CRANEではTADANOのAR-550=550ton吊りがある)
物凄いカウンターウエイト。
b0058021_14142927.jpg

最大俯角付近での作業。ブーム伸長用の油圧ストラットが三本というのも凄い。
b0058021_14144331.jpg

UD製のシングルキャブのシャーシは実はあんまり好きでないのだ。
b0058021_1415026.jpg

東大裏交差点付近だが
結局、富ヶ谷側にも換気塔が建つということか。。
奥に見えるのが SC-3500で現在も建設中の東大側の換気塔。まさか
吸気・排気で役割分担されているとか?

b0058021_14151715.jpg

by coolys1 | 2006-10-30 12:15 | 建機一杯 | Comments(2)

プロの女と飲む 下北沢

二十年ぶりにあったK嬢に連れられ、二十年ぶりに深夜の下北沢へ
ラーメン屋と居酒屋が一緒になったようなお店に、既に出来上がった酒豪女が
6人待ちかまえているそうだ。
初対面なので気取ってワインを飲んでいたはずが、12時を過ぎる頃には
全員ホッピー・・・そして一杯のラーメンを皆で回し食べ・・・・好き放題に
進む宴会でまったく無害な酔漢と化す自分が、かろうじて判る
(職業を聞くと口プロレスではまったく勝ち目がなさそうな人達であった。)

その店がひけたあと、二十年ぶりに行きたい店があるというので
ついていったら、ちゃんとあった。。。さすがシモキタ

「あなたは近くみたいだから、Taxiの順番は一番最後よ!」と言われて
朝の三時に一人立ちつくす本多劇場前。。。。財布には二千円しか無い。


b0058021_2252458.gif

by coolys1 | 2006-10-28 22:12 | 仕事道 | Comments(0)

ジム・ジャームッシュで始まる戯れ言は何処へ行く

作品自体はそれほど見てないが
昨今はジムジャーと言えばビル・ゲイツもといビル・マーレィか。

ビル・マーレィといえば、やはりファレリー兄弟の「キング・ピン(ストライクへの道)」
あのウッディ・ハレルソンを喰っちゃったラストのターキー怪演(名演)が忘れられない。
そのW・ハレルソンがクールな助演で締める、神不在の映画 「ウェルカム・トウ・サラエボ」
観直すには、勇気のいる重いテーマだけど結果的にイイ映画だった。

彼が伍長役で出演した「シン・レッドライン」では塹壕で真っ先におさらばしてしまうのが寂しいが、ジョージ・クルーニーみたいに最後の最後でちょろっと出るより断然存在感が高い!!

そのテレンスの作品では、「天国の日々」が・・・
映像がシナリオを越えてしまったらどうなるのか?  実験
やたら透明感のある映像しか記憶にないが、サム・シェパード若かりし頃>でも髪薄い(R・ギアも若いが)が渋い。

天国の日々のヒロイン・ブルック・アダムスは「ストリート・オブ・ファイアー」で主人公のM・パレのお姉さん役と同一人物かと長いこと思っていたが勘違い。二人とも目と口に共通の魅力があったが、中西部亜米利加で取り合いになるほどの美人ではないのも共通。
(ヒロインのD・レインもそうだが・・)

その中でW・デフォーの右腕役で出ていた布袋君みたいなL・ヴィングは、「フラッシュダンス」でも気になる脇役だった。

その主演のジェニファービールスは「青い・ドレスの女」で、あっと驚く**な黒人女性を演じたが、原作にあったイージー(D・ワシントン)との重要かつ濃厚なSEXシーンが再現されなかったのはすごく残念だった。友人マウスを演じたドン・チードルは残酷で無垢で純真な役で結構存在感があったが「ユージュアル・サスペクツ」と「ソードフィッシュ」では似たような刑事(検事)役を演じてなんか印象が薄くなってしまったのが残念。

 「ソード・フィッシュ」ではハル・ベリーが一番色気があって素晴らしい。(主人公翻弄しまくり) ハルといえばエイリアン4でアンドロイドになっちゃったW・ライダーも妙な色気がでて公私ともに怖いのだが、なんとなく目のチカラが似ているような気も・・・

そんな彼女の異質な存在感をかいま見れるか見れないかのような時代の
ナイト・オン・ザ・プラネットはまた観たいなぁ。

ビデオデッキが逝かれて DVDでないと見られない環境が辛い、このごろ
by coolys1 | 2006-10-28 08:35 | 休憩中 | Comments(1)

The Lotus flower doesn't bloom in June.

b0058021_22294743.jpg

b0058021_22301035.jpg

b0058021_2230259.jpg


Lotus Esprit 300 LM1993
spark 1/43
by coolys1 | 2006-10-27 13:10 | 1/43の世界 | Comments(0)

Kiss of Life

Sade Live Lovers Liveを買って観たら、いつのまにかSadeの素晴らしいパフォーマンスにゾッコン!!
20年前に音だけで聞いていた時代に勝手に描いていた彼女達のイメージがガラリと
変わる瞬間を経験できた。

b0058021_22552023.jpg


vocalのSade Aduは1959年1月生まれ。
もし僕が英国にいたら(ナイジェリアでもいいんだけど)同級生だったかも知れない。
な〜んてドキドキ思ったりした今日この頃・・・・

ちなみに小学生で下敷きにF.シナトラのポートレイトを挟み込んでいたと言われる綾戸千絵も同い年らしい・・・・ 

 もし関西に生まれていたら
by coolys1 | 2006-10-26 08:05 | 休憩中 | Comments(0)

Viva Tequila !

たばこと塩の博物館

セニョール&セニョリータ  こりゃー是非 行かないとね!!!
(ちなみに博物館では呑めませんので、神宮前のタコス・デ・アミーゴで安く憂さ晴らしか)
by coolys1 | 2006-10-25 10:30 | 尼酒道 | Comments(2)

赤い砂

Lamborghini  LM002
P.M.A minichamps. s=1/43

b0058021_21505773.jpg

b0058021_21511164.jpg

b0058021_21512554.jpg

by coolys1 | 2006-10-24 11:37 | 1/43の世界 | Comments(0)

CCCP Wristwatch

PAKETA   手巻き腕時計   srial NO.145706
b0058021_16234879.jpg


本来、弱視用の腕時計とのこと。
このPOPさが受けて90年台前半にイタリアとかで流行ったとか。
製造元のCCCPのPAKETA社が現在もあるのか無いのか判らないけど、
どうやらPAKETAと書いて発音はラケタと読むらしい。

PXが日本に入れていた当時でもイチマンを切る価格だったと思う
それに近い価格で、中古購入。程度はイイがデッドストックなのか再販なのか???

現在乱視、老眼の進んだ自分には実に見やすいのは確か。
by coolys1 | 2006-10-23 16:41 | Equipment | Comments(0)

日曜鉄道

このくらいが、旦那衆にとって幸せの境界線なのかも知れない。
(それでも家族には不評であるが。)

b0058021_2041773.jpg


動く模型は飽きない。  黒糖の湯割りをチビチビとね
by coolys1 | 2006-10-22 22:30 | 休憩中 | Comments(5)

陰気に速い。

BXの代打でやってきたプリウス。
b0058021_15501539.jpg

b0058021_15503063.jpg


タイトルは営業車として使っていた友人の言葉。

ふってわいた21世紀のトヨタの暗箱は止まって走って全域において快適。
比べてBX16Vは、さしずめお祭り御輿だったと思う。 
そんな陽気な速さの80年代が早くも懐かしい・・・というかもの凄く遠くに感じた週末。
by coolys1 | 2006-10-21 15:54 | プリス ネクサロイド6 | Comments(2)