<   2008年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

廃線跡を66

b0058021_13525992.jpg



Tele Xenar 150/4

FUJI NS160(!?)
FUJI PRO400

More
by coolys1 | 2008-11-30 13:56 | EXAKTA 66 | Comments(8)

廃線跡を歩く-2

KODAK V507より

鐵より逞しく・・・
b0058021_18542217.jpg


More
by coolys1 | 2008-11-27 18:59 | 大人の遠足 | Comments(4)

廃線跡を歩く

写真仲間達と・・・・久々にEXAKTA66を担いできました。

 
b0058021_17394347.jpg



西武鉄道 安比奈線 (休止路線・・・完全な廃線ではないらしい)


まずはメモ代わりのKODAK V507より

More
by coolys1 | 2008-11-26 13:48 | 大人の遠足 | Comments(2)

2st ジムニー

某河川敷にて



オーナーさん達に聞いたら低回転時のトルクが出やすい2stが乗りやすいのだそうです。

ダウンヒル後の姿勢制御に 2wdにし、後輪リバースを使うのがテクニックなのか!?


久々に聞く2st 3気筒音は新鮮!!  ・・・なんかGT-サンパチを思い出すなぁ
by coolys1 | 2008-11-25 17:41 | Kei-4 | Comments(4)

休日は気持ちも絞りも開放ぜよ

b0058021_16274387.jpg





RIKENON P 50/1.7

More
by coolys1 | 2008-11-24 08:58 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

Moto Guzzi V 7 Cafe’ Classic

日本では今年出た V 7 Classicはいまいち田舎臭かったけど、これは悪くないなぁ
(最初からこれで出せば良かったのに!?)


b0058021_10534060.jpg



往年のV7 SPORT系により近い感じで、なかなかの後ろ姿ですねー!!

More Cafe’ Classic
by coolys1 | 2008-11-21 10:02 | Rider kick!!! | Comments(3)

塔のみえる街

b0058021_1691757.jpg


More
by coolys1 | 2008-11-20 10:36 | 塔のみえる街 | Comments(2)

私と立ち蕎麦 最終話(大人の蕎麦への旅)

カチャッ  

おはよう ダイアン

今日は西暦198X年の5月某日 午前11時55分、天気は晴れ。

僕はいま池上線の戸越銀座で降りたところだ!

この街には初めて来たんだが、意外に賑やかな商店街みたいだなぁ、、

ここならきっと僕の大好物のチェリー・パイと激旨のコーヒーに会えるに違いない!!

そう思わせる街だよ ダイアン・・・・・




同時刻 中原街道からその戸越銀座へ抜ける路地を歩く若い男二人・・・・

先頭は同僚のY、そしてもう一人は 俺だった。

戸越銀座には駅前に中野新橋同様の激マズの立ち蕎麦があったようだが
我々が向かう店は戸越銀座商店街の は ず れ に新しくオープンした立ち食い蕎麦店だ。

その店の名は

「上州のからっ風」だったと思う。 立ち蕎麦店として駅からの距離が致命的に遠い。。。

b0058021_1245679.jpg


Yはその店に初めて行って、あることに感動し、今度は俺を連れて行くことにしたらしい。

b0058021_126031.jpg


二人はノレンを潜り店内に入る。店内はひっそりしていて他の客はいないし、店主の威勢のいい挨拶もなかった。

・・・よかった・・・昼休みが始まる前にこれて・・・

これはYが思った正直な感想だろう。 俺にはまだその意味が判らない。

俺が知っているのはここの立ち食い蕎麦は旨いというYの話しだけだった。

その頃には俺は「旨い蕎麦の定規はもり蕎麦」という変な常識をもっていたいみたいで、Yの注文した天もりに考えもなく便乗する。

注文を受けたオヤジは、なぜか蕎麦を茹でることなく、逆に厨房から出てきて隣の小部屋に入るのだが、なんとそこで蕎麦を打ち始めるのであった・・・・

何分たったろうか・ 打った蕎麦を厨房に持ってきたオヤジはそれを置き、今度は鍋で油を温め、その間に種(海老)に衣を溶いて付ける。

その間、我々はなすすべもなく ただ立ちつくすのみ、、、、

やっと天もりにありつけたのは、NHKの連続TV小説昼の再放送版が始まりそうな頃だった。

b0058021_1264542.jpg


打ち立て・茹でたて・揚げたての蕎麦は最高であろう。しかしこっちは立ちっぱなしで食べる前から疲労困憊なわけである。

時間内に食べられた俺たちはまだいいほうで、12時半ころ来た別の客は注文後、俺達の立場を察したらしく、うなだれてしまった。

そうなのだ彼の蕎麦はこれから打たれるのだ・・・・・


なんとか昼休み中に立ち蕎麦を食べ切れて、社に戻る途中、間を持たせる意味で俺が

「いやー疲れたけど打ち立ての蕎麦はやっぱり旨いねぇYさん」と言うと

Yいわく 「うーん、、そうね でもつゆがもうひとつだなぁ」とおっしゃる

つゆの旨さなんか未だ知らない俺は、その言葉を何度も頭の中で反芻したがとうとう理解出来ずにとても悔しい思いをした。



  





b0058021_1273216.jpg


omake
by coolys1 | 2008-11-17 12:16 | ウロオボエ備忘録 | Comments(5)

休日は気持ちも絞りも開放じゃろうが

b0058021_1392087.jpg



RICOH/Σ 35mm f=2.8

More
by coolys1 | 2008-11-16 13:13 | 北渋谷の味わい | Comments(4)

鍋をつつきながら観る 真冬のホラー映画三編

Jacob's Ladder

b0058021_134476.jpg


暇つぶしに入った映画館で、大の男三人が見事に震え上がった宗教依存的ホラー映画

人が持ちつづける根源的な恐怖と嫌悪感を脳内一杯に増幅させるエイドリアン・ラインの映像は圧巻です。

ああ 仏教国に生まれて良かったなんて思うかも知れませんが、いずれにしても当分夜の病院には行きたくなくなるかも・・・

奥さんが二人出てくるからといって喜んでる場合じゃない
自分は一体何を食べているんだろう? そもそもどこで食べているのか?隣で旨そうに喰っている奴はだれなんだ??

助けて! ルイス



ということで、こいつは真っ暗な中で闇鍋をやりながら観るといいでしょう。




angel heart


b0058021_13275819.jpg


アラン・パーカーの南部映画シリーズ 第一弾なのかどうかは判りませんが
これまたボク・・仏教の国に育ってえがったなぁと思わせる、土着宗教依存的なホラー映画ですね。
ミッキーのファンはこれ観て嫌な思いをしたかもしれないけど、B・ピットのセブンほど後味が悪くないのでその点は安心です。
(その分、セブンのあとに観ると切れ味がいささか悪いかも)

ボクはこの映画を観てからゆっくり廻る換気扇に言いようのない恐怖感を感じるようになりましたが、
各所にちりばめられているアメリカ南部のどろっとしたイメージの演出には見事にはまりました。
(あと、この映画見て以来、ゆで卵の殻の割り方が変わりましたね。)

で、これは文句なくもつ鍋でしょう。
できればハツもオマケでいれるべきですが、間違っても自分のを入れたり・・・・鍋に頭を突っ込んだりしないように!


しかしエイドリアン・ラインもアラン・パーカーも光の演出がお上手ですね! 
パーカーさんは南部第二弾で民権運動ネタで硬派なミシシッピー・バーニングを撮りましたが、
基本的な映像のイメージはこれを踏襲しているような気がしますので、趣旨は違うけどやはりこれから見るべきです。



EVENT HORIZON


b0058021_13405361.jpg


最後はSFで宇宙モンで、しかも怖いエイリアンが一切出てこない、空間ホラーです。
私は劇場で観られずにビデオで観ましたが、いきなり鳥肌が立ちましたよ!!
しかも各シーンに於いて見ているこちらが追いつめられるほど怖いので、感動して速攻で二回目を観たほどです。

映画としては過去の色々な宇宙映画のパクリシーンをちりばめていますので、正にB級SFですけど、
悪質系ソラリスとして姿の見えない恐怖との同居状態は、この映画ならでは謎も含めオリジナルの怖さですね。
(ダーク・スターっぽいネタには唯一笑っちゃいますが・・)

ストーリーは名作エイリアンに近い感じで基本サバイバル&サプライズですが、ヒロイン以外は全滅というお決まりコースじゃない。

最初、クールなサム・ニールが主人公?かと思うと途中で雲行きがあやしくなり、じゃローレンスかと思えばそうでもない。 

九死に一生を得たものの、この先抱えきれないほどの恐怖と共に生きていかなければならないのも逆に嫌ですね。


こいつは、ほんとうならばスッポン鍋かなんかがいいのかも知れませんが、食べたことないし、
途中のドバーッ!!!の部分を考慮してキムチ鍋をお勧めします。

ああー やっと食べ終わった〜 と思ったら鍋底からトッポギぎゃぁあああーって感じで




ちなみに ひとりで夜中に鍋つつきながら観るという前提です。
by coolys1 | 2008-11-14 07:57 | ウロオボエ備忘録 | Comments(6)