<   2009年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Packing Box Art (箱絵の話 最後)

いよいよ最後となりました。 Hellerの箱絵シリーズ。。。。

最後はゴルゴ13  じゃない ですね R8ゴルディーヌ (R8 GORDINI)です。

b0058021_14491543.jpg


モンテの最終ステージあたりなのか、南仏の陽光明るく軽快なタッチに感じます。

獰猛なV12エンジン野郎達のあとですが、このR8に搭載されたエンジンの獰猛さも実は同じくらいでしょう。

箱の縁まで目一杯に描かれたフェラーリ達とは違い、この箱絵は縁を残して上品にした分、小さく纏まり過ぎたように見えるのが個人的に残念な処。

More Art R8 GORDINI
by coolys1 | 2009-09-30 17:50 | プラモデル | Comments(2)

Packing Box Art (箱絵の話 その2)

大好評 箱絵シリーズ 第二弾 (いや大好評なのは自分だけですが。。。)

おフランスHeller社のFERRARI 330P4 1/24です。

b0058021_1452527.jpg


これも素晴らしいBox Artで、唸らせますね。 もうHellerという作家の作品と言っていいのかな?
*もちろん作家は別に実在するでしょうけど、、、、

ところでHellerは昔は、エレールと発音してました全員!  英語圏ではヘラーでしょうか?
ご当地のフランスでは果たして??  エレー?

More Art P4
by coolys1 | 2009-09-29 16:13 | プラモデル | Comments(4)

Packing Box Art (箱絵の話 その1)

ヤフオクで処分しようと撮影してたのですが。。。

さすがフランスはHeller社の箱絵はまさにArtな世界で、手放すのが少々勿体ない気がしてきました!
(中身だけ売れないかなーなんて  笑)

FERRARI 512s 1/24

完全に前輪浮かしてコーナリングしている様は迫力満点ですが、それ以上にアーティストの思惑が優先している素晴らしい箱絵ですね。 
こう言うのを生きている絵だと思うのですが、さすが、フェラーリエンスージャストの多いフランスならではの表現と納得します。

b0058021_12545012.jpg


More Box Art
by coolys1 | 2009-09-27 22:34 | プラモデル | Comments(0)

甕雫 

20度数の焼酎といえば、黒糖の「有泉」が銘酒として有名ですが(ややローカルか)

この甕雫も旨いです。



b0058021_10175299.jpg



四十数度の麦芽系蒸留樽酒を粋がってグイグイと呑めてた三十代は遥か遠くになってしまいました。。。
by coolys1 | 2009-09-27 10:20 | 尼酒道 | Comments(0)

HAND LAYER UP

NEF RO-1

b0058021_16391847.jpg



このヘルメットに関しては語ることはありません、それくらい素晴らしいヘルメットでした。 笑

という訳にもいかないのでMore RO-1
by coolys1 | 2009-09-26 15:57 | Equipment | Comments(2)

SWEET HOME SWEET 09

酩酊の果て

b0058021_8164158.jpg

by coolys1 | 2009-09-25 13:08 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

渡る世間に故障なし? 完結編

復路、さすがのトランクスペースも満杯。

荷物の殆どはヤフオクで処分する予定。

b0058021_15433648.jpg


読めない連休高速事情。。。
by coolys1 | 2009-09-23 15:47 | 仏車利 | Comments(10)

渡る世間に故障なし?

2〜3日、ちょいと渡世の旅にでてきます。  

WEB上で希薄になりますが、どうぞキーワード検索などしねえでおくんなさい。

東名 木造天守閣 BX M,ricco つま恋 200 キロポスト South to South 
by coolys1 | 2009-09-20 08:27 | 休憩中 | Comments(0)

Fiber alamide.

GPA SJ Competition

b0058021_1526117.jpg


More GPA SJ
by coolys1 | 2009-09-18 08:09 | Equipment | Comments(4)

GPA SJ のインストラクション

シールド形状が鋭角なのとリリースボタンにセフティーロックが付いているので初期(中期)型のもの。

b0058021_15575914.jpg


自分で買ったものに付いていたのだが、どうも内容は母国の仏語ではない。(独語?)

アゴヒモがないヘルメットなので前後の便座カバー状のカウルで顎と後頭部を固定する仕組み。
(当時は国内ではギロチンヘルメットとか呼ばれたが、欧州4輪レース界ではトップシェアのヘルメットなのだった。)
冬は、当然風の巻き込みが無くとても暖かく、しかも巧みなベンチレーションのおかげでシールドは曇りにくかった。
夏は? 夏は思ったほど暑くは無かった・・・・かな  じっとしてれば 笑

ABS系の帽体の絶対強度は??だが、シールドのフィッティングの旨さとか微開閉等の操作感そして
ヘルメット全体で頭を包み込む構造は長時間走行でも疲れにくいように思った。

僕はGPAヘルメットが好きでSJ を3個(1個は4輪用)、G4を1個、G2を1個使った。

More GPA-SJ
by coolys1 | 2009-09-17 00:04 | Equipment | Comments(3)