<   2011年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

赤めがね

台東区台東
b0058021_21303031.jpg

by coolys1 | 2011-07-31 21:30 | 仏車利 | Comments(0)

MEDICOM TOY 15th ANNIVERSARY EXHIBITION

取引先に行ったら、レセプションの招待状があったので帰り道、渋谷パルコに行ってきました。

MEDICOM TOY 15th ANNIVERSARY EXHIBITION and ARCHIVE 

一般公開は明日からですが、招待客の本日も会場の6階から2階まで並ぶはめに・・・

b0058021_21541056.jpg

b0058021_21554362.jpg

b0058021_21575299.jpg


b0058021_2156676.jpg


More 15th ANNIVERSARY EXHIBITION
by coolys1 | 2011-07-29 22:00 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(0)

かつて 切り通し

岸田劉生 「道路と土手と塀(切通之写生)」

b0058021_15585782.jpg


代々木四丁目
by coolys1 | 2011-07-28 09:01 | 北の空・東の空 | Comments(4)

週末ボランティア

S氏のお誘いで気仙沼市のボランティア活動に参加してきました。(総勢4名)

一日目は、市内港近くの営業再建中の店舗での商品洗浄と荷物の移動。

二日目は帰る都合で半日活動でしたが、某体育館での写真や回収物の洗浄・清掃を行いました。

パーソナルなものやプライベートなモノに接する二日目の活動は精神的には少々きついものがありましたが、
どうみてもボランティアでしか成り立たない活動内容ともいえそうです。

また行く機会を作ろうと思っています。


今回、誘ってくれたSさん及び参加された他二名の皆様、お疲れ様でした。

勉強になりました!!


朝8時、ボランティアセンターにて依頼内容に応じてチーム編成を行います。

まずはオリエンテーリング
b0058021_1962377.jpg


そしてチーム分け、その後チームごとに出発していきます。 気仙沼の場合、現地での活動時間は10:00〜15:00まででした。
b0058021_1965100.jpg


二日目の某体育館 洗浄・清掃されたものが展示・照会されていきます。
b0058021_198040.jpg

by coolys1 | 2011-07-25 19:12 | 休憩中 | Comments(0)

お手伝い。

b0058021_842178.gif


週末ボランティアに行ってきます。     6000G-KENGO
by coolys1 | 2011-07-22 08:44 | 休憩中 | Comments(0)

夏の観音扉

b0058021_1714473.jpg

by coolys1 | 2011-07-21 17:14 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(2)

要町の文三親分は略して

猫額庭でなにやら連日怪しい物音が。。。シャリシャリと

カナブンが葉っぱをはんでいました。(そういえばカナブン大量発生のその季節)
b0058021_1640590.jpg



満腹の文三親分が、日陰の網戸で一休み
b0058021_16402683.jpg



今年はナメクジも大量発生したっけなぁ。


TAMRON A17 MACRO-MODE
by coolys1 | 2011-07-19 23:20 | 北渋谷の味わい | Comments(3)

甘味処 玉松

b0058021_1694382.jpg

店頭での大判焼きから関西風うどんまで守備範囲が広い店 のれんに小技あり

More 玉松
by coolys1 | 2011-07-17 21:14 | 北渋谷の味わい | Comments(4)

拭き残しのあるワイパー





ALPINE A310もそうなんですが、ALPINE GTA (500,510,520系)シリーズのワイパーは
中央支点の「いつまでも逢瀬が叶わぬ君の名は」状態の動きが独特です。

ALPINEにブルースを! シリーズの第三弾、 雨の中の首都高をワイピングしながら疾走します(これ法定速度です。)

万が一、ALPINEが五人乗りだったとしたら、
後席真ん中に座る人は、このややこしい状態をずーっと見続けることになり大変気の毒ですね。

何故? このような動きかはよくわかりません が 
以前にどこかで これは高速走行で有効なのだと聞きかじってます。

高速での雨粒はウィンドウ左右下にぬぐうよりも屋根側に集めたほうが効率的!?
なのでウィンドウの雨粒をかきあげて、中央部に集めてルーフ側に流す。。
中央部の視界を常に広くぬぐえる。(線上の拭き残しは我慢しろ!)

みたいな発想でしょうかね?

ただ、次作のA610では通常のワイパー作動方式に戻っているので、それほど画期的な効果があったかは??

実際、私もこれで雨中150kmあたりで飛ばしたことがないので、判りません
(しかもあまりやりたくないですね そういうシチュエィション自体・・)


そういえば、パナール24シリーズリジェJs2も同様のワイパー形式のようですが
はたして作動シーケンスは、ALPINEと同じなんでしょうか? 興味は尽きません!!

パナール24から始まった?このヘンタイ方式はALPINEではA310から感染し、リジェJS2も感染したということは、
60年代後半から70年頃にフランスにこの方式に拘ったカリスマ・ワイパー技師がいたということかも知れません!


さてもう一台のクルマBXは一本ワイパーですから、、、

実は私は通常シーケンスのワイパー車に乗ると逆に目が回ることがあります。 笑


動画は、バイノーラル録音ですので、音声はステレオヘッドホンもしくはステレオイヤフォーンでお楽しみください。

通信環境のよい方、および動画再生に強い機器の方は720HDも選択できますのでどうぞお試しください。

BGMのカルロス・サンタナの名曲、「サルバドーレにブルースを」は後被せではなく
車内オーディオから勝手に流れているもので、つまりややこしい話は回避していると思われます。

動画Blues For Alpine シリーズは また乗れるようになったら曲を替え続く予定ですので(ロケ地 渋谷とか新宿?)

どうぞ生あたたかく見守ってください。
by coolys1 | 2011-07-16 11:02 | 仏車利 | Comments(2)

甘辛麻辣道は浅草から目黒まで、、、

先週末はflaristことperoさんご夫婦と浅草へ!!

ちょうど浅草寺ではほおずき市を開催しておりましたが、それには目もくれずに(ん? くれているか)

b0058021_21491454.jpg


いやそれにしても「ほうずき」大人気ですね。夕方にはもっと人出が増すんでしょうね。(前に一度夜行って凄かった)
「もうほおずき?はつかない」なんて映画はなんとなく知ってますが、、それは違いますねきっと

さて我々一行四人組が目指したのは、その混んでいる浅草寺を通り越した、浅草は3丁目のほう。

そうです。日本の豆かん好きの聖地 「梅むら」でした!!

さっそく。。。
b0058021_21531535.jpg


あれっ 豆かんでなく 心太でしたね。 なにを隠そう同行のエムリコは、大の心太好きなのです。
梅むらの豆かんは美味しいのは判っている、美味しいというのはその寒天も美味しい訳で、寒天おいしいなら心太も・・うん判りますよ。

心太  ¥450

そういえば家の近所、初台は本町にも甘味処があって、夏の暑い時期、僕が子供とかき氷なんぞに食らいついている横で、
近所の爺さまが、心太とビールなんぞをやっていて、はぁやっぱりオトナは違うねぇ!と手をうったもんでした。

でも残念ながら梅むらにはビール等のアルコール類はありません。前回は暖かいお茶が出ましたが、今回は冷茶でしたね。

で、本来の目的の豆かん。   いややはり旨いですよ。(今回も豆の数を数え忘れました)
b0058021_21591683.jpg



実は土曜の梅むらは混んでいて、店内に入るまでに30分ほど待ちました、ラーメン屋では絶対にしないですね、待つなんてね。

心太と豆かんで腹がくちたら、近くを散策、
寄せ鍋状態の浅草寺界隈に較べ、同じ浅草でも3丁目は、ひっそり閑の午後です。(平日より少ない?)
b0058021_224381.jpg


b0058021_2245951.jpg


その後、混んでいる浅草寺は避けて、ロック座の方を抜けて浅草を出た一行は、麻辣中毒患者の聖地、目黒へ向かいますが。。。

途中、京橋で降りてこんなとこで、時間をつぶしてしまいました。凝縮の美学展・INAXギャラリー
b0058021_2294452.jpg


*この展示についてはまた機会を作って紹介しますが、洋の東西の逸品ぞろいで感動いたしました。


凝縮の美学で脳みそがやられた一行は目黒駅西口へ・・・とうとう麻辣中毒の治療な訳ですね。

目黒駅西口の龍門で最初に頼んだのは 前菜の「細竹の冷菜」と「胡瓜の冷菜」
b0058021_22142732.jpg


peroさんも細竹の冷菜をずいぶん気に入ってくれた様子で、よかった。

その後、夫妻肺片とか食べつつ、今回の目的のひとつ「辣子鶏」(ラーヅージー)をば、、
b0058021_2217977.jpg


見えているのは鶏肉の唐揚げと唐辛子と粒花椒です。 いうまでもなくこの麻辣感は痺れます。頭の毛穴が全部開く感じ。

真面目に全部食べていたら、命が(いや翌日のお尻が)いくつあっても足りないので、唐辛子はどけます。 笑
b0058021_2219293.jpg


麻辣感のテンションが上がったところで、牛肉水煮にトライしたかったのですが、今回のメンバーに辛いの苦手な方がいたので、

残念ながらスルーして、もうひとつの目的、高菜の漬物と魚煮 いわゆる「酸菜魚」を頂きました。

すっぱ辛い食感は独特です。 龍門はスズキを使っているようですが、本国では草魚とかも・・・
b0058021_22245284.jpg


箸休め(というか口休め!?)に白菜のスープなんかも貰ってますが、本格中華やはり四人ではこのあたりが限界の量ですね。

辛いからといってビールばかり飲んでいては、料理はもっと食べられなくなるので、紹興酒のロックを飲んでましたが、
主菜にはいったらジャスミン茶なんかがいいかもしれないとは思います。という我々はお水のお代わりを何度もお願いしました。

次回は、もうちょっと人数を増やして、牛肉水煮や、〆の汁無し担々麺も逝きたいところ。
by coolys1 | 2011-07-14 00:03 | 尼酒道 | Comments(3)