<   2012年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今は、もう彼女の面影も忘れ・・・・。

広告にやられる時がある。1980年代初頭、こんな素晴らしい写真とそのコピーで僕はGUZZIがとても欲しくなったのだ。

b0058021_2147019.jpg


b0058021_2147764.jpg


b0058021_21471122.jpg


FUKUDA のMOTOGUZZIのCMは、GUZZIと暮らす生活をリアルに見せてくれたし

MOTOGUZZIが紛れもない"Ego-Trip Machine"なのに気が付いたのが人生で一番幸せな出会いのひとつだった。


*福田モーター商会 50年の軌跡によれば

この広告を製作担当されたのはライダースクラブを創刊された松島健二氏(ヤマハからクシタニ、ヨシムラ等の広告をされている)  

写真も初期のライダースクラブで仕事をされた磯部孝夫氏だそうだ。

そう初期のライダースクラブは写真が凄かった!! のだ
by coolys1 | 2012-02-26 22:06 | Rider kick!!! | Comments(6)

路傍の石

見つめているひとは、ぬぁんと山城だった。

b0058021_2254884.jpg


でも耳欠けの山城は小さい頃から無愛想猫(少なくとも俺には)

なのに俺に向かって来る来る来る・・・
b0058021_225565.jpg


あああ もうレンズの最短撮影距離より近づいて!  な なにか御用ですか?
b0058021_226148.jpg


とこちらが焦る中、完全無視で通り過ぎる。 なん 俺は意識の外だったのか。
b0058021_226990.jpg



路傍の石を通り過ぎて去っていく・・・やはりな
b0058021_2261795.jpg


仕方ないので、呼び止め ひとこと 「お〜い鼻提灯ついてるよ」
b0058021_2262496.jpg



知るか


だそうな。
by coolys1 | 2012-02-23 22:13 | クルツとランゲ | Comments(0)

孤高のひと

Someone to Watch Over Me

b0058021_21152046.jpg



でも俺以外にも見つめているひとが・・・


b0058021_21152589.jpg

by coolys1 | 2012-02-21 21:19 | クルツとランゲ | Comments(2)

光と影

春のきざし
b0058021_22171656.jpg

b0058021_22172512.jpg



青春はとうに終わったけど、人生にはやはり陰影が不可欠。
by coolys1 | 2012-02-20 22:17 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

黄金時代

1980年といえば、僕は22歳だが、吉田美奈子さんは27歳くらいか(達郎はもう少し上?)

この貴重で希有のデュエットカバーは二人の黄金時代のセッションだった訳だ

僕にとって美奈子さんの最高のアルバムのひとつ「モノクローム」もこの頃の作品。



by coolys1 | 2012-02-19 08:39 | Heritage | Comments(0)

ブルー・シートの女

b0058021_2234516.jpg


ブルー・ドレスの女は割りに気に入ったミステリ小説だった。

黒人を日本語で何通りかに言い分けたところもミソかなー

D・ワシントンとJ・ビールスが演った映画はちょいイマイチだったかな、、ドン・チードルは合ってたけど。
by coolys1 | 2012-02-15 22:39 | クルツとランゲ | Comments(2)

菊水作戦発動!?

またもや戦略的見地より仏式震電の基地移動を行うことに(いよいよ戦局も逼迫か)

早朝の発進準備もOK? 暖気中に各種灯火類の点検を行います。
b0058021_23451730.jpg


片道の燃料を積んで、、、実はオドメーターはめでたく150,000km(正確には150,006)を差しています。オメデトウ!
コンピューターはこの燃料残量であと250kmしか走れないと表示してますが・・・
b0058021_23453640.jpg


第一次ピケットラインを無事通過し、富士川SAで一休み。
(ここまでの道中、正規・覆面含めて国産車二台が迎撃機にやられてましたね。)
b0058021_23454426.jpg


天気もよく、富士山がとても綺麗です。
b0058021_23454913.jpg



ハリヤーと並ぶ、、、しかしこうやって見ると、1/43と1/64のミニカーくらい大きさが違いますね。
b0058021_23455633.jpg



その後も順調に西進を続けます。もし通信員が乗っていたらきっとこう打電したでしょう!

我に追いつくフェラーリ無し
b0058021_2346346.jpg


実際のところ、この日はフェラーリはおろかポルシェとも出会いませんでした 笑

あと、先日やたら見すぎたせいか、シトロエンも一台も遭遇せず。 
ルノーは御殿場で最新メガーヌRSをパス、由比あたりで三重ナンバーの現行ツィンゴと少しランデブー走行しました。


第二のピケットラインを全速力で通過中、、
そうこのクルマと搭乗員はトンネルがトラウマなんですよ、だからいち早く抜けないとね。
b0058021_23463466.jpg


無事通過すれば、あとは過給器にモノを言わせて牧ノ原台地を駆け上りそして下るだけ、あっさり到着しました。
目的基地へ入る前に過給器周りのクールダウンをします。
b0058021_23471028.jpg


高速道200kmを走行時間約100分で走行しました。(全行程230km) 燃料は残量32L、あと300km走ると表示しています。
まぁL/10km近くの燃費だった訳ですね。
b0058021_23471840.jpg


これは新基地での隠蔽偽装工作、これでもう完璧?
b0058021_23473061.jpg



往路作戦は成功裏に終わりました。 さて今度は搭乗員が東京へ帰還せねばならない訳ですが、復路は高速バスを使います。
b0058021_23474169.jpg


30分以上遅れて到着した97式大艇。もとい スーパーライナー号でした。
b0058021_2347465.jpg


車窓を流れる冬の午後の風景をノンビリ眺めながらカップ清酒「掛川城」を飲ります。
b0058021_23475842.jpg


一階席のシートはこんな感じ、背もたれは割りに出来がいいのですが、座面は少々ダメな部類でしたね。
b0058021_234872.jpg


なぜか不思議にエジプト壁画柄エッチングのフットプレート。。。。
b0058021_23481634.jpg


約一時間以上遅れで御殿場を通過中。。やはり連休の夕方は混みますね。
b0058021_0415729.jpg



90分遅れで、最終東京駅北口に到着しました! 作戦終了! どうもお疲れ様でした。。。。
b0058021_0432348.jpg

by coolys1 | 2012-02-13 01:00 | 仏車利 | Comments(3)

シトロエン特異日

b0058021_6575387.jpg

b0058021_6575121.jpg

b0058021_6574629.jpg

by coolys1 | 2012-02-12 06:58 | 仏車利 | Comments(0)

東京東女豚足ナイト

三軒茶屋 らんたな にて
b0058021_10291855.jpg

b0058021_10291071.jpg

by coolys1 | 2012-02-11 10:29 | Dinner rush | Comments(0)

モノ好き

シトロエン仲間の撮影機材。

b0058021_2340857.jpg




特にお互いのレンズを交換した訳ではないんだな。

でもQ+タクマー50/1.8は、800ミリ相当の画角になるっていうからビックリだ!


SPのオーナーは絞り値の変わるズームレンズをものともしない。(つーか露出計を使っていないと・・)
by coolys1 | 2012-02-09 23:43 | 写真機邪道 | Comments(0)