<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

午睡の坂

暖かい午後は番犬だって眠くなるよね。

b0058021_22333552.jpg

by coolys1 | 2012-03-30 22:34 | クルツとランゲ | Comments(2)

燦歩道

先を行くのは、春の使徒かも知れない。

b0058021_23225555.jpg



春の使い この後すぐ角を曲がったもんだから、今日はうすら寒かった。
by coolys1 | 2012-03-26 23:25 | クルツとランゲ | Comments(2)

Just the two of us

夕食前のひととき、、、キャンドル灯して エムリコとひとときのお伽噺を紡ぎます。

b0058021_20304256.jpg

by coolys1 | 2012-03-25 20:32 | 北渋谷の味わい | Comments(2)

月は満ちる度に深化する。

幡ヶ谷 萬月で一献。
b0058021_1663496.jpg


ここの牛タンやテール料理は常に変化・進化している、、、というかマスターの思いつきと気まぐれもあるのかなー。

毎年ある(休業)インターバル置いて三年くらい前は、
タン2(ツー)という、薄造りでねぎしの牛タン焼きのようなものもあったのだが、 飽きたのかいまは無い。

定番のテールスープラーメンがいつのまにかテールスープワンタン麺に・・・ 笑
b0058021_1664882.jpg


刺身が自粛された関係からか、今は本来刺身用に出していた部位も焼いているのか? 実に柔らかくジューシーだ。

写真で手前にあるのが今回初めて食べたローストタン 山葵でそのまま食す。
b0058021_1664160.jpg


写真は撮らなかったけど、牛タン角煮も新商品だった そもそも角切りのタンというのも面白いねぇ。
b0058021_1664191.jpg




まぁ ここは自分の好みの部分なんだが、牛タン焼きには、やはりビールより日本酒が合うと思う。
b0058021_16193382.jpg



しかし萬月 7月くらいにはまた閉めちゃうのなかぁ??
by coolys1 | 2012-03-24 16:26 | 北渋谷の味わい | Comments(2)

自家製PIZZA

GUZZIとPIZZAって似てない? にてないか。。

最近の財政危機とクルマ無しの生活でお米が買いに行きづらいのとで、粉モンが多かった六泉寺家ですが、

いつもソースと青のりと鰹節では、さすがに飽きちゃうので、本日はPIZZAに!

ドゥは、ナンミックスで作りました。 ピザソースは無かったので大蒜とトマト缶で自家製造。

まずは、ロースハムとトマトとバジル。 フレッシュバジルが入ると彩りがいいですね やはり
b0058021_2257245.jpg


おっとチーズを載せてオーブンに 
b0058021_22571524.jpg


200度で6~7分。  出来ました! じつは土台のドゥをなかなか丸〜く出来ないんですねぇ
どうしても牛の舌=ナンみたいになっちゃうのはナンミックスのDNA? それとも腕が悪いのか?(恐らく後者でしょうね)
b0058021_22571848.jpg


それでも自分で作るPIZZAはやっぱり美味しいです! そして家族と食べながら次々に作るのはやっぱり大変!

次は、大好物のA.G.T(アンチョビ・ガーリック・トマト)をエムリコと一緒に作ります。
b0058021_22573127.jpg


五枚目にして、大分丸〜く作れるようになりましたが、アンチョビ入れすぎて、ちょっと塩辛かったかな。
b0058021_22573960.jpg


PIZZAは結局、五枚作って、家族四人でお腹一杯になりましたが、実は前菜にこんなのも。。。
b0058021_22574878.jpg


日頃の料理によく使う、鶏もも肉の余る鶏皮部分を(冷凍で)温存していたもので、作った鶏皮のピリ辛揚げです。
熱したら自らから出る油でカラッとセルフで揚げちゃう料理ですが、仕上げに多めの唐辛子と花椒で引き締めます!

ちょっと「辣子鶏」風な感じで辛くて痺れて美味しくて、酒が(益々)すすみましたとさ。





しかし明朝、ケツが十戒になるのが、なんとなく予想できますね。
by coolys1 | 2012-03-20 23:21 | 北渋谷の味わい | Comments(6)

届かなかったGUZZI

GIAPPONE52

とうとう手に届かなかったMAGNI-GUZZI

しかもこれは、フルカウルのGIAPPONE52だ。

b0058021_1118395.jpg

b0058021_11175916.jpg


マーニー(MAGNI)といえば、GUZZIにおけるカスタムビルダーの第一人者だけど、マーニーさんは元はAGUSTAのレーサー技師であった。

こちらは拾った画像 スフィーダのようだが、何故かマーニーオーストラリアのシートカウルが付いている。(似合わない・・)
マーニー独自のパラレログラムのリアサスがよくわかる。(このシステムでトルクリアクションを軽減するのだ。)
b0058021_1234323.jpg



マーニーのスフィーダが出る前の90年頃に僕が興味があったのが、


ドイツのノーベルト・キンツラーの作った、NOKI-GUZZIだった。

NOKI-GUZZIは、耐久レーサーからのフィードバックのようで、このようなレーサー
を作っていたらしい。
b0058021_114337.gif


リアがモノショックのフレーム図
b0058021_11213882.jpg


そして、ビモータライクな市販車? フロントは当時流行の16インチだろう。
b0058021_1118787.jpg



一方、お隣のスイスにもGUZZIのスペシャルビルダーが他にもあって、

TRANS-KONTINENTS等は、欧州BOTTにも積極的に参加していた、かなりラディカルなビルダーだったと聞く。

この頃(1988年)のTRANS-KONTINENTSは、まだまだ公道を走れるものだが、
この後、ほぼフレームレスになって、公道走行はかなり気難しくなったといわれる。
b0058021_13223446.jpg





アメリカBOTTでのレーシングGUZZIの名人 Dr.ジョンとの交流もあったのだろうね。
b0058021_1395722.jpg

b0058021_1310979.jpg

by coolys1 | 2012-03-18 11:54 | Rider kick!!! | Comments(2)

塔のみえる街

b0058021_16413267.jpg


笹塚2丁目
by coolys1 | 2012-03-16 18:41 | 塔のみえる街 | Comments(0)

THE GTS

グリース・トラップ・ステンレス蓋ではありません。

デ・トマソ ロンシャン GTS   

兄弟車のマゼラーティ・キャラミと違い メリケンはフォードの Cleveland製351cu-inのV8を載せておりますね。

チームパンテーラのナッカ~氏から、
「これ買ったら チーム・パンテーラに入れてやる」と昔に言われましたが、そもそも日本に無いんじゃないのかなぁ・・・GTS


b0058021_2026038.jpg


b0058021_202649.jpg



ギア(トム・ジャーダ)のスタイリングが最高に鳥肌ですねぇ。   ・・・ああ欲しい。 どろどろ
by coolys1 | 2012-03-14 20:40 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

金剛

実に久しぶりだなぁ お前さん。
b0058021_23173916.jpg


やっぱり 風格もあって堂々としてらっしゃる! 
b0058021_23174479.jpg



うーんKODAKのV570の超広角パンフォーカスは、こういうときにどうしても遠景優先になっちゃうなぁ
b0058021_23175136.jpg



しかし 金剛・・・・普段は一体どこにいるんだろう??? またしばらく居なくなるのか?
by coolys1 | 2012-03-08 23:21 | クルツとランゲ | Comments(2)

日本のパイロットの食事

貴重な文献なので、あえて残しておきます。

b0058021_0203046.jpg


More
by coolys1 | 2012-03-07 00:24 | Equipment | Comments(3)