<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

1967年 いたれりつくせり

プリンス スカイライン 2000GT-B

現在では どうみても中ニ病と言われるような広告内容に泣ける! というか呆れる?

いや現代の自分の修行が足らないのか? 内容がわからんぞ! 当時屈指のエンスー系雑誌の広告だから張り切っているんだな きっと・・・

b0058021_18594675.jpg



完全防水を謳う!? S800

エンスー向けの張り切りかたは、プリンスを上回るとみた、、、、、2000CCのGT-Bと25万円くらいしか変わらない800CCである。

b0058021_19253693.jpg



地道な努力のベレG

プロトタイプカーRシリーズで頑張っていたからなぁ ベレGは・・・日本のアルファロメオと言われた時代。
GTとしての道を独自に極めていた誇りがありますねー あぁ これで慶応ボウイが横浜ガアルとデートしたであろう時代が羨ましい!!

*今見るとひどくプアなベンチレィションでデート中の車内は暑かっただろうけど・・・・・

b0058021_19254281.jpg



大発じゃあないよ! ダイハツ

やっぱりPシリーズで日本グランプリでレース熱心だったころの名車!

コンパーノって名前も素敵だけど、コンバーチブルもあってよかったねぇ。 グリルカバーが泣かせます。
高速道路も立派に合流できてって!? ええ勿論ですね。だって周りもみんな遅いから・・・

*注:コンパーノ自身もレースで大活躍してました、ええ勿論遅い車ではありませんね。

b0058021_19254886.jpg



天下のトヨタが、外車を意識? カローラ1100

”外車などとるにも足らず・・・。”   この値段でこの性能・・・いや素晴らしい。 67年デビューですか・・伝説の始まりなのだ。

b0058021_1926027.jpg



ん? じゃぁ 当時、外車はどうだったかって?

67年の東京オートショー(外車ショー)での欧米のライバル車のお値段というと(すいませんアメ車は1100ないので欧州車ね)

NSU1000   ¥115万円    (欲しい)

オペルカデットL  ¥128万円   (買う人いたのか?)

ヴォクスホールヴィーヴァSL90  ¥127万円   (ほぼ知らない車であります=地味変)

ヴァンデン プラス プリンセス 1100  ¥180万円!! (お嬢様ヴァンプラはやはりお高いですねぇ つんつん)

プジョー204  ¥140万円   (あれっ意外に高い値付けでびっくり!)

パナール24BT  ¥170万円!! (えーっ!850なのにぃ。。ちなみにシトローエンDS21パラスが280万ですからね・・)

ルノー10     ¥118万円  (これはま こんなもんなのかな)

シムカ1000   ¥108万円  (これもそんなもんか つーか こんな地味外車買う人いたのか??)

アルファロメオ ジュリア1300TI  ¥168万円  (納得の価格でございますミラノっ子ですから)

フィアット1100 ¥109万円  (これまた地味変ドリックスな割に・・・)

アルピーヌベルリネッタ(1108CC)  ¥250万円  (これは納得の価格ですな。 セダンじゃないけど)


まぁ 最後のアルピーヌは別としても、みなカローラの二台分以上のプライスなんですから、お話になりませんね!(桜井よ○こ 風)

じゃカローラがなぜあんなキャッチコピーをうったのか? 謎ですが、まぁ当時ぶっちぎりのエンスー雑誌に広告を載せるんで特別に考えたんでしょうね。


別世界のポルシェは911sで広告を出していますね。

変わったような変わらないような、、、、 いやしかしお値段が物凄い!!  4気筒の912でも315万円ですから恐れ入ります!

しかも百の桁にカンマをわざと入れないという小技で勝負です。 さすが天上界の車だったんですねぇ。
(でも買える人はそれなりにいた訳で・・すでに予約済み!って・・さらにあのカレラ6が1100万円・・これも何人か買ってますね。=レース用)

b0058021_19261794.jpg




一方、当時 ガイシャといえばアメ車ですね。やっぱり

余裕の広告、 パツキンの姉さんが綺麗です。 そして豪華装備。。。エアコン装備って書いてないけど、もはや標準中の標準だったんかも?

お値段書いてませんが、当時346万円のプライスタグだったようです。 マスタングの一つ上の車格のスポーティクーペですね。

わたしゃディンキーのミニカーくらいでしか見たことありません(しかも持っていないし)

b0058021_19262166.jpg




アメ車がきたので、最後は67年当時のPANAMの世界一周旅行です。  安いのか高いのか? さっぱりわかりまへん。

おや 1967年当時だとPANAMは宇宙旅行もやっていた筈だよ! なんておっしゃる貴方はSF映画好きですねきっと・・・

*注 映画公開は68年です。


b0058021_19264798.jpg

by coolys1 | 2012-06-30 20:35 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(9)

THE GLENLIVET 1990-2009

広大な敷地、そして風光明媚な処にあったTHE GLENLIVET

とても密造酒を作っていたとは思えないほど。 これはこの世の極楽なのか?


b0058021_2202054.jpg




例によって、2009年のストリートビューを見ると・・・・・・・

b0058021_2215047.jpg


どうも植樹した苗木はどこかに移されたのか? それとも見覚えのある木の標識の位置が変わったのか?
by coolys1 | 2012-06-27 22:06 | Whisky Trail | Comments(0)

THE MACALLAN 1990-2009

B9102沿いについに見つけたのは、The MACALLAN Distilleryの看板。

初冬のスペイサイドは昼下がりと言われる時間が恐ろしく短い。 午後三時くらいだったか?写真を撮りながら思わず溜息をついた場所。

b0058021_22204795.jpg



あぁ こんなカントリーロードをロータスなんかでかっ飛ばすと楽しいだろうね。


そして2009年のストリートビュー。

b0058021_22291333.jpg


撮影された季節は違うけど、沿道も植林されて随分と綺麗になっている、あの寂寥感が乏しいのがむしろ寂しいくらいだ。 苦笑
by coolys1 | 2012-06-25 22:37 | Whisky Trail | Comments(6)

Whisky Trail 1990-2009-1

b0058021_85033.jpg


1990年の晩秋にダフタウンからグレンリベットまでの州道B9009上で撮影したお気に入りの風景。
(コニカBIG mini FUJI HR400)

ここは一応ウィスキートレイルなる観光道路なのだが、当時は沿線に人家もなく、生き物は人間の言葉を理解できない牛や羊しかいなかった気がする。


ということでこの廃屋群も、1990年当時既に朽ち果てていたんだが・・・・・

ストリートビューで見てみると
by coolys1 | 2012-06-24 09:08 | Whisky Trail | Comments(4)

東上野

ヤマ

b0058021_2318310.jpg


書き割りの風情もいとおかし

しかし、春日通りから仏壇通りまで信号一個もなしで歩いて行けるとは!? 恐るべし台東区ではある。
by coolys1 | 2012-06-21 23:20 | 魅惑の佐竹商店街界隈 | Comments(0)

The Prince Of Egg

b0058021_2383041.jpg



2012


ノーマルBXは美しい。 そして見かけによらず断面は玉子型でもある。
by coolys1 | 2012-06-19 18:06 | 仏車利 | Comments(0)

くずし豆腐丼 改 (冷製麻婆豆腐?)

昨年、NHKのアサイチの料理コーナーでやっていた料理研究家の尾身奈美枝さんのレシピを参考に我が家なりに改良を加えてみたもの。

オリジナルは、ご飯に載せて頂く丼料理なんだけど、つまり酒飲みに適するようつまみにアレンジした次第。

まずは、挽肉をごま油と豆板醤と少々のラー油で炒めます。*これは結構辛めに味付けしても大丈夫!
b0058021_19203912.jpg


隠れた主役その1 白ネギを刻んで・・・

b0058021_19211845.jpg


その次の主役 季節モノの茗荷を刻んでさらしておきます。

b0058021_19222174.jpg


豆腐(木綿でもいいでしょう)はペーパータオルで割にしっかり水を切ってね。

b0058021_19223241.jpg


準備のできたトッピングの類 塩分を司るザーサイも大量に刻んでおきます。(ちなみにザーサイは桃屋)

b0058021_19235832.jpg


大きめのボウルに水を切った豆腐、そしてその上に白ネギを載せます。

b0058021_1925787.jpg


パンで胡麻油を煙が出るくらいに熱して(割に多めに)
b0058021_19261468.jpg


先程のボウルの中身に掛け注ぐんですが、熱した油で白ネギのエキスをを出すように掛けるのが肝心だとか!

b0058021_19255518.jpg


胡麻油を掛けた後に先程のトッピングと少々の醤油と塩で味付けをします。

b0058021_19291059.jpg


おっと桜えびを忘れてた!!

b0058021_19311851.jpg


これを、おおいに混ぜこんで・・・・

b0058021_1932012.jpg



完成!!


b0058021_1933752.jpg



子供達は、早速ご飯に載っけて頂きますが、酒飲みは紹興酒のアテに花椒をかけてつまみで一杯!

b0058021_19344331.jpg




あぁ 美酒のひとときです。
by coolys1 | 2012-06-17 19:45 | 北渋谷の味わい | Comments(4)

THE FOREVER WAR

ハヤカワSF文庫の「終わりなき戦い」もう何回読み返しただろうか。  (宇宙の戦士は一回も読んでいないというのに!!)

たしか書店で、装丁のイラストに一目惚れで、衝動的に買った記憶がある。

b0058021_13291795.jpg


内容は大いに満足した。

宇宙空間における航行や戦闘は、全て数学上の計算による出来事であるということを大いに認識させられたし
(でも謎の敵との”最後の”戦いは、何故か槍と盾と棍棒の白兵戦なのであるが!?)

地球から何十光年も離れた戦場の行き帰りでウラシマ効果太郎となる主人公(とその部隊員)があっという間に億万長者になるシステムと
それをまっとうに使うすべもなく、軍が用意した超インフレ浪費惑星でしか価値を発揮しないとか、なかなか面白い枝葉のエピソードも面白かった。

20世紀末に宇宙軍に入隊した主人公のウィルソン・マンデラは当時の主流の異性愛者なのだが、参加した二度の戦闘で約400年を費やしてしまう。
(本人は数年しか歳をとっていないのだ)
そして地球西暦で2458年から始まった三回目の作戦参加では400年後の地球から配属される新兵達は全て同性愛者であった。

*人口問題に悩んだ世界政府はとうとう自然分娩を禁止したのだ!(とうぜん男と女が交わる理由も希薄になる)

地球の道徳上では、もはやイリーガルとされる異性愛者が全員同性愛者の部下達を指揮していく苦労、
150光年離れたサード138という最前線での最後の戦いを終えて帰還した700年後の地球は、その同性愛者達もビックリの・・・・


やはり読み応えのあるSF戦記ものとして忘れられない作品だ。


魅力的な装丁イラストを書かれた加藤直之さんのブログ

僕を魅了したあのパワードスーツは、ちゃんと立体モデルとしてデザインが完成されていたんだった!

リドリー・スコットが映画化に成功した暁には採用してもらわないとね、日本のファンは怒るよねきっと(前出の理由での僕も含めて)



ところでパワードスーツということで、我が家の本棚の肥やしになっていた、横山宏先生の豪華SF3D本。
初版なのでよ~し 高く売っちゃおうと考えているうちにとうとう復刻版が出たそうで・・・・・めでたしめでたし・・・・

b0058021_13292362.jpg


b0058021_1329276.jpg



ということでまた本棚の肥やしになるなぁ。  欲しい人いるかなぁ?
by coolys1 | 2012-06-16 15:20 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(8)

皮肉屋さんのスォッチ

b0058021_0162572.jpg



FA35AL+KENKO MACRO TELE + 2X
by coolys1 | 2012-06-13 00:21 | Equipment | Comments(0)

東急池上線 ずいうんライナーに乗る。

戸越銀座に行きたいのに、五反田でいつもの頭痛に襲われる。

常備している、ミオナールを飲もうとJR五反田駅の山の手線ホームに行ってみるが案の定、水飲み場はない。

そうこうしているうちに、池上線下りの発車ベルが鳴り響く、そうだ戸越銀座に行かなければ!!

とっさにエレベーターに飛び乗り、池上線のホームへ。

池上線の五反田駅のホームは地上4階相当にある空中の終着駅で、島型ホームの懐かしい風景

そして2番線にいた下り電車に間に合って、あとは二駅で目的地なのだ。

ほっとしたのもつかの間、発車した下り列車は目黒川を下って品川運河の上を走っている。

そう線路もないのに宙に浮いて

いつの間にか先頭車両に座っていた僕は、そこがロマンスカーによく似た車体に気が付くが
青々とした品川運河とさらに蒼い空は、すがすがしくていつの間にか頭痛も消え失せていたのだった。

隣に座っている高橋克也似のオッサンに、

「いつのまに池上線はこんなルートを通るようになったの?」と聞くと「ごく最近だよ。」 と興奮を隠しきれない笑顔で僕に答えてくれた。

彼もこの列車に乗るのが楽しいらしい。

そして列車は大きく北に右廻りし、運河そばの大きな倉庫のようなビルに突っ込んでいくのだった。

目の前のビルの壁面は列車が衝突する寸前、ポッカリと開口し列車を飲み込んだ! 先頭車に乗っていた僕は心臓が飛び出るくらいビックリしたのだけど

そこは終点駅だった。

みんなが、ゾロゾロと列車から降りる。。。。

そうだ! こんな素晴らしい列車を撮らなくてドースル!? ってことで急いでホームに戻ってカメラを構えるのだけど

早くも折り返しで出発していく列車のスピードに、LUMIXの動態予測AFは反応せず、シャッターを着ることが出来なかった。

あぁ 残念である。 流線型で鮮やかな青に包まれた列車は、二輌編成だった。ホームには交代したのか沢山のアテンダントで溢れている。

さて? ここは何駅なんだろう? 我に返ったぼくが見た案内看板には、・・・荏原戸越駅・・・
そして「ずいうんライナー乗り場」と書いてあった。。。。


激しい頭痛と共に目が醒めたのはその一秒後である。

Element of Dreem
by coolys1 | 2012-06-10 19:48 | ゆめの国から | Comments(0)