<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

DUSTY CAR 2012

BENZ C111-1   ナカムラ 1/24   

BMWTURBO     ナカムラ 1/24

FERRARI365GTBB  クラウン 1/24



b0058021_1549359.jpg



b0058021_15494292.jpg

by coolys1 | 2012-08-26 15:51 | プラモデル | Comments(4)

祝杯はしらぎくで!

釣果のあった夜の酒杯はもちろんお酒。 日本酒の高等練習酒「しらぎく」です。

村正氏お手製の、りゅうきゅうと青魚の酢もので、やや甘めのしらぎくを頂きました!

b0058021_2274466.jpg


ところで、手始めの肴は、なんと青森の岩魚! 炭焼きで美味しく頂きました。
b0058021_2273127.jpg

b0058021_227351.jpg


こちらは、テツオ君の夕ご飯? 雑魚の白焼きですが なんとまぁ りぐった夕飯なのか? 笑
b0058021_2275754.jpg


待ち望んだ 顔!!
b0058021_228151.jpg


そして、さかんに餌を取りに来た、小鯛はあらのお汁のメインになってしまいましたとさ。
b0058021_2274834.jpg

by coolys1 | 2012-08-24 22:13 | 土佐日記 | Comments(0)

浦戸湾は燃えているか? 

週末を利用して、ふるさとは高知へ帰ってきました。

帰郷そうそう ハイカラ釣師 「村正氏」 の中乗りさんとして、土佐和船に乗船! 懐かしい浦戸湾に乗り出しました! 
b0058021_231249.jpg


休日の湾内を堪能します。

キラキラと嘘っぽく輝いていた都会の夜の興奮が、まるで紙くずのように思えてしまう永久なる一瞬。
b0058021_231825.jpg



少し風が吹くと船上は快楽の園! そしてこのシーン こりゃあまさにこの世の極楽じゃないかな。
b0058021_2311614.jpg




船外機もリールも無い、世界なのです!! そしてその伝統の釣りは続く。はたして釣果は???

その釣果は?
by coolys1 | 2012-08-22 23:29 | 土佐日記 | Comments(2)

イフタールへ

北渋谷BX乗り仲間(私は降りましたが)のマツモトさんのお誘いがあり、日の暮れた代々木上原の東京ジァーミィに行くことに。

b0058021_178151.jpg



イフタールとはラマダン明けに頂く夜食のことで、詳しいことはこちらを参考にね。

夕暮れ時の礼拝堂の前には信者さんが集まっていました。

b0058021_1775995.jpg

b0058021_178678.jpg


残念ながら 私は信者でないので、礼拝は遠慮しましたが・・・・

もてなして頂いたイフタール料理は美味しく頂きました!

b0058021_1783398.jpg


鶏肉とジャガ芋のトマト煮?とナツメグの効いたピラフ、酸味の効いたトマトスープに同じく酸味の効いた胡瓜入りのヨーグルト。
その他にバナナやパン、そしてデザートを頂き満腹です。

尚、イフタール料理に入る前に、ちゃんとお約束の?干しナツメヤシを頂きました。


メッカへの扉

b0058021_1783826.jpg



礼拝堂の中は2005年に撮影させて貰ったコチラをどうぞ! 荘厳です。

礼拝堂内部その1

礼拝堂内部その2

外観

天井意匠

その他施設


尚、東京ジャーミィではイスラム教への勧誘は一切ありません、ご興味のあるかたもない方も是非どうぞ!

イフタールの夜は8/19まで開催です。(8/18は中止です)
by coolys1 | 2012-08-16 17:24 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

Restoration

Bピラーの先は、某市の重要文化財指定の建築群。
b0058021_9292076.jpg


足場もかかり本格的なレストア作業が始まっている。
b0058021_9292846.jpg


こちらは場所をわざわざ移動させてこれからの長い作業の準備中の建物
b0058021_9292510.jpg


二十年前から見ているが、その老朽化は10年くらい前から顕著になっていたような。
丁度、建築構造やディテール、材料の調査の為に部分解体が行われている処だろうか?
b0058021_9293139.jpg


ウルトラでっかいシャコ万がいくつも使われている。
b0058021_9293476.jpg


聞けば、この市で最も古い高校の原型にあたる建物だそうな。足場の掛かっているほうは学生寮なのか?
江戸時代はいわゆる城内に位置する場所。
b0058021_929388.jpg



この市は、二十年来 木造で天守閣を復元したり、(何故にALL木造で多層階建築の確認申請が下りるのか疑問ではある?<<教えてほしい?)
二の丸や御殿の維持やレストアを熱心にやってきた行政であるのだが、現在の不景気な時勢に予算を付けられたのはたいしたものだと思う。
by coolys1 | 2012-08-14 09:46 | Heritage | Comments(2)

旅の終わりに

豪徳寺から世田谷まで乗った世田谷線、 帰りは松陰神社から乗って北の終点下高井戸に
b0058021_1231510.jpg


京王線に乗り換える前に北口の駅前市場に寄ります。
b0058021_1234864.jpg


お目当ては魚屋が並ぶ筋の左の奥の店
b0058021_1235086.jpg


なぜか看板に川魚・貝類と書いている長谷川屋へ、 
ここは近海物のマグロのブツがいつも安くて旨いですが、この日は紅トロサーモンと定番のネギトロを買って帰ることに。
合計¥1000で家族四人の夕食が満足になれます。(幡ヶ谷は笹塚と違い、魚屋がほぼ無いに等しいのです。)
b0058021_1235425.jpg

by coolys1 | 2012-08-11 12:17 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(5)

ミド世田谷漂流(極私的感傷旅行)

曇だけど暑い日の夕暮れ、仕事ついでに昔懐かしい世田谷へ。

35年前に上京して半年棲んでいた界隈 意外に坂があって世田谷区役所から西には下り坂。

b0058021_2259022.jpg


懐かしい下り坂、昔から道幅が広い。ここから眺める夕焼けと振り返って見る暮れ落ちた東の空は一生の思い出。
友人が買った510クーペはたしかこの辺りに停めていたよなぁ・・・

b0058021_2259423.jpg


同じく友人がバイトしていた、スーパーマーケットもまだある。
b0058021_2313992.jpg


何度も渡った世田谷線の踏切、でも掛かって困ったことは一度もないけどねぇ
b0058021_2322149.jpg


その世田谷線を若林方向にあるくと、その路地があった
b0058021_2331754.jpg

b0058021_2332198.jpg


このクランクはよく覚えている!
b0058021_234108.jpg


そしてこのあたりに棲んでいた学生寮があったのだが、さすがに30年以上経つとその面影もない。
b0058021_2341484.jpg


世田谷通りに出て振り返ってみる。 渋谷からバスで戻ってきて何度も通った懐かしい路地だ!
b0058021_235336.jpg


通った、世田谷通り沿いの風呂屋は、ビルディングに
b0058021_2355060.jpg


セコイヤチョコを買った婆さんの店はこの辺りだっけ?
b0058021_2351812.jpg


深夜に牛丼を食べた「一心」は健在だった!(牛丼はないようだが)
b0058021_2355670.jpg


生まれて初めて入った蕎麦店は駐車場に・・・・

b0058021_2383516.jpg


でも世田谷通りのバス天国状態は今も昔も変わらずだなぁ
b0058021_2393764.jpg


松陰神社に続く商店街へ
b0058021_2311278.jpg


ここはセンター排水溝方式にしているんだな。
b0058021_2312233.jpg


真夏なのになぜか賑わっている、おでん種のお店
b0058021_23131783.jpg


カルビクッパをよく食べた「焼肉まるみ苑」も既に跡形も無くなっていたのが残念無念。

b0058021_2314612.jpg


当時は士館の巣窟だった、鶴の湯 今見るとなんだか風情があるなぁ。
b0058021_23153047.jpg


最近はこういう雰囲気の中華に惹かれます! で入って思わず注文するのは何故かタンメンなんだよなぁ。
b0058021_23174743.jpg


松陰神社駅から世田谷方向へ少し戻って踏み切りを越えると・・・
b0058021_23185247.jpg


お腹の膨れた若い奥さんが、いつも眠そうに店番していたレコード店跡。 アナログ盤をよく試聴させてもらったなぁ・・・

試聴ばかりじゃ悪いと思って達郎の「SPECY」を買ったのだが試聴され過ぎていて、傷だらけだったっけ。
b0058021_2321141.jpg


そして松陰神社駅から下高井戸行きに乗って、仕事ついでの小さな感傷旅行は終わりに向かうのだった。
b0058021_23224495.jpg

by coolys1 | 2012-08-09 23:36 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(10)

H1

HUMMER H1

全長4,686mm  全幅2,197mm  全高1,956mm


甲州街道に佇んでいる姿は、とても2m近い全高に見えない不思議?

b0058021_18395130.jpg



でもやはり、、、、  (なんとRHD?)

b0058021_18395637.jpg



幅以外はまっとうなディメンション

b0058021_1840953.jpg



小さく見えるホイール径は特殊な16.5インチだとか!
by coolys1 | 2012-08-05 18:49 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

雨宿り

代々木上原から幡ヶ谷に向かう住宅街の中で、突然のはしり雨に・・・・・・ 軒先を借りるような家もコンビニもなく仕方なく生い茂る木の下でしばし雨宿り。

b0058021_17203583.jpg



30分くらいはいたかなぁ  でも結局びしょ濡れに。
by coolys1 | 2012-08-04 17:22 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(0)