<   2013年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

六号坂入口

六号商店街を抜けるとそこは六号坂商店街の入口。

本日の夕暮れ空は、昨日と違い梅雨入りをわすれる感じ で週末にふさわしかった。


b0058021_203482.jpg



LENS:Packard Bell TeleVision LENS 25mm 1:1.9

PENTAX Q
by coolys1 | 2013-05-31 20:04 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

幡ヶ谷七不思議?

甲州街道の北側、六号商店街は賑やかだ、でも賑やかだけでは他にもそのような商店街はいくらでもあるだろう。

b0058021_2228998.jpg



でも六号には、他にはありえない商店があるのが凄い。 

それは、ここ 商店街のど真ん中に刀屋さんがあるのは他にはないだろうね。

b0058021_22294470.jpg



 店内には銘刀がずらり!?  さすがに地元の人が出入りしているのは見たことがないのだ。


b0058021_2231621.jpg



路地に入ると なんかひっそりとした地味な店構えが・・・

b0058021_22341179.jpg


しかし、ここは「はまぐりだし」で著名なラーメン店 「不如帰」である。  故に地元の人がふらっと入れないほど繁盛している。

ひっそりしているのはお休みだから、、、、、気になる味は「旨い!」 ああ お腹がすいたタイミングで、また行きたいなぁ でも地元で並びたくないし 苦笑



LLENS:Packard Bell TeleVision LENS 25mm 1:1.9

PENTAX Q
by coolys1 | 2013-05-28 22:45 | 北渋谷の味わい | Comments(2)

休日は気持ちも絞りも開放であれ

とはいいつつ 朝から仕事で缶詰。 夕方に気分転換に外へ出ただけなのだった。

Packard Bell TeleVision LENS 25mm 1:1.9の開放で和らかいものを


ツツジで前ボケ後ろボケ

b0058021_23212974.jpg


 たしかここにいつも咲いていたのはパッションフラワー=時計草だったけど 最近はみないなぁ
b0058021_23212238.jpg


必殺のマウントゆるめで 距離を稼いで パチリ 

b0058021_23213733.jpg


六号の八百屋の看板娘。 (黒いほうね)

b0058021_232455.jpg


人が嫌いじゃない癖に、興味ないそぶりをするんだよね。
b0058021_23254155.jpg




気分転換はまだ続く
by coolys1 | 2013-05-26 23:26 | B.C.Dマウントレンズ | Comments(0)

Cマウントレンズ+m4/3でご近所くるま達を撮る。

PENTAX-Qを旧日本陸軍の戦車の車体に例えればになると思うけど、そうするとOLYMPUSのE-P2はさしずめチハの車体ということになるかな。

車体が大きい分(つまりターレット径)、手持ちのSelf-Propelled LENSの効果も如何なく発揮できるということだろうか?

そして今回搭載する野戦砲はCマウントのPackard Bell TeleVision LENS 25mm 1:1.9 というTV用レンズ。
車体との相性を検証するために、さっそくご近所の気になる車達を撮ってみた。


家のすぐ前の駐車場、407から508に乗り換えを正常進化させたオーナーのプジョー。 (6シリーズはさすがにパスか)
乗っていたBXから見ると407は、まだ柔い親戚のようだったけど、508になるとさすが鋼鉄のよう、、、もう国産同クラスと色々張り合える。 かも

b0058021_21281519.jpg



隣のJeep(チェロキー)  

ルノーデザインということは意外に知られていないFrench Quarterな4WD。 乗っても不思議なテイストを感じるのはデザイナーが焼き栗食べてたせい?

b0058021_2131240.jpg


このワーゲンキャンパーを初めて見た時は、レストア直後の個体だったのか、ピッカピッカだった。。 
車庫の構造で常に鼻先が雨ざらしになるんで、錆が出始めている。 この古いVWはHゴムのフロントサッシュ廻りが錆の要注意箇所なのだ。

b0058021_21334693.jpg


サーブの凋落とは裏腹に、同じ北欧でもどんどんスタイリッシュになりかつ売れているボルボのコンパクト。
私の知っている頃のボルボとはちがうのだよ・・・・

b0058021_2136298.jpg



地元開業医の医院の裏手でひっそりと佇むミドルベンツ。 柄じゃないけど、一度はこの時代のこのサイズのベンツを乗ってみたい気もする。

b0058021_21361896.jpg


b0058021_23193217.jpg


Kei-4 Work & rest  
こちら地元のガス工事会社車両基地だけど、圧倒的に軽ワゴンが多い中、軽ボンバンとはいえ何故に古いTODAYがいるのかが最近の幡ヶ谷七不思議

b0058021_23194924.jpg



このPackard Bell 25mm 1:1.9はmade in japanで、どうやらPENTAX=COSMICAR-LENSのOEM製品と思われるが、なかなか優秀。

撮影は全て、開放f=1.9~2.8くらい、ただしレンズのイメージサークルはm4/3の4:3フォーマットまで行き着かない。

なので今回は1:1フォーマットで撮影を行ったけど、それでも周辺は蹴られないもののうす暗く落ちるようだ。

うちの新参者E-P2には純正レンズがないので、当分はこの手動装填・照準の野砲レンズが標準レンズになるかな、ならないかな?



つづく
by coolys1 | 2013-05-25 22:09 | B.C.Dマウントレンズ | Comments(2)

Today's French

Super CINQ

黄昏の駅前で、ノアールのシュペール5が颯爽と彼女or奥様を拾って去って行きましたとさ! 

カッケー!!!

b0058021_23155721.jpg


b0058021_2316119.jpg


b0058021_2316490.jpg

by coolys1 | 2013-05-22 23:18 | 仏車利 | Comments(0)

Der Mobilkran auf einem Schreibtisch 2013-1

Demag AC 50 All Terrain Crane    TREXと一緒になるまえの

b0058021_22425012.jpg


b0058021_22425646.jpg



CONRAD  1/50 (made in Germany)


PANAGOR PMC AUTOMACRO 55/2.8

f=16 15sec iso-200
by coolys1 | 2013-05-21 18:00 | 建機一杯 | Comments(0)

日未だ残るも酔って候

昨日は橋南に酔ひ今日は橋北に酔ふ 酒在り飲む可し吾酔ふ可し

という土佐のお殿様ほどではありませんが、たまの休みの夕方酒はまた格別。

b0058021_2125292.jpg



このお侍さんの飲み方は本物、 杯を持った親指を少し右に振って呑むのが粋なんです! とくに女性はこの飲み方が似合う。


まぁあたしはビールでしたけどね。


CINE-Yashinon 13/1.4
by coolys1 | 2013-05-19 21:27 | 尼酒道 | Comments(0)

渋谷の丘の上

野暮用で(いや行きたくて行く訳でない)税務署の帰り  敗北感満載で立ち寄った渋谷区役所地下の食堂(キッチン・クワトロ)でこんなフェアが・・・

b0058021_8143142.jpg


ナシゴレンを頂きました。

b0058021_8143342.jpg


お決まりの目玉焼きの載った、ナシゴレンにエビせんべい、ニョクナムの効いたエビ出汁スープに冷たい蓮茶のセットで ¥550

公園通り界隈だと¥1000は取られるかなぁ なんて思うと先程の敗北感もピリッとした辛さで満足感にトリップなのだ!


その日の夜は、所属党本部の10週年パーティへ (ちなみに標準レンズ党です) もちよりの日本酒で乾杯!(もとい ときのん万歳)

b0058021_8204171.jpg


つまみが足りなくなって、外注したピザはスクェアフォーマットでした。

b0058021_8212754.jpg

by coolys1 | 2013-05-16 08:24 | Lunch time trip | Comments(0)

MINI・MINI大作戦 THE ENGINE ROOM 2013-11

MEBETOY のMINIは、MINIには違いないMINIだけど、ITALIANなINNOCENTI-MINIなのだ。


b0058021_1020619.jpg


ポリトーイのMに匹敵するnuova500と違い、マテルの息がかかり出した頃のロットだろうか?
古き良きイタリア精密ミニカーの伝統が薄れ、すっかりコストダウンに振られている。

本来エンジンルームももっと賑やかだった筈だし、初期にはカットガラスが埋め込まれたヘッドライトがあっさりとモールドに省略されている。

そんなこともあったのか若き頃の六泉寺によって、クラブマンレーサー風に改造されてしまって
室内はシングルシーター、ロールオーバーバー、外装はオーバーフェンダーにサイコロタイヤ、省略されきったエンジンは16Vヘッドを載せるつもりだったのか?

モトリタタイプのステアリングは自作? バケットシートもどうやら自作のようだ。

外装はエナメル筆塗り友の会の仕業で、マルーン系で雑に塗られているが、黒いルーフはオリジナル塗装かも知れない。

b0058021_1020963.jpg




後ろに写るMINI-COOPER群は現代のカララマブランドの英国本家もの(とはいってもmade in Chinaだけど)

でも、サービスでドアが開閉できる! 室内はよく出来ており なぜか運転席のみバケットシート仕様になっているのだ!
これが千円以下で買えたのだから ミニカーの世の中って不思議だねぇ

b0058021_10201186.jpg



一方、こちらはプラモデルだが、仏のエレールの1/43シリーズのMINI

b0058021_10201618.jpg



このシリーズにはある特徴があって、可動部が一切無いにも関わらず、何故かエンジンが再現されているものがあるということ

このMINIにもちゃんと3つの部品で入っているのだ!(16.17.18 の部品)

b0058021_10201879.jpg


完成すると見えなくなるけど、バルクヘッドの前に固定するよう指示されていたのだ。

b0058021_10202045.jpg


b0058021_11103587.jpg



私の持っているエレールモデルでは、ローバーSD-1やBMW630、ジャガーXJ-S、レンジローバー等は入っていたが、

自国車のアルピーヌのA310は何故か入っていなかった! 現在でも買えるRenault 5 turboには入っているのかな?



MEBETOY INNOCENTI MINI MINOR  A28  1/43 (made in Italy)

CARARAMA MINI-COOPERS 1/43 (made in China)

Heller MINI special 1/43 (made in France)


LENS: PANAGOR PMC AUTO-MACRO 55/2.8
by coolys1 | 2013-05-12 17:00 | 1/43の世界 | Comments(2)

Two-wheel-Drive

よく見ないと判らなかったのだ。。。。  チェーンには汚れどめのカバーが付いている!

b0058021_22134429.jpg



これは拾った画像だけど、2輪駆動じゃないけど、面白いね。

b0058021_2217492.jpg


これは・・・・2輪というよりも 4脚駆動というべきか・・・・

b0058021_22174531.jpg

by coolys1 | 2013-05-11 22:18 | Rider kick!!! | Comments(0)