<   2013年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

THE ENGINE ROOM 2013-11 模倣と進化

Lamborghini Miura Solid 1/43

SolidのMiuraは大昔に折角入手したのに、レストア中途で放置され、ほぼジャンク状態で30年。。。
しかし脂の乗り切った時代のSolid製品 、ディティール表現の繊細さなんかはいま見てもさすがだなぁと思う。

b0058021_15356.jpg



そのSolidのMiuraを70年代終わりにデッドコピーしたのが、日本の「SAKURA」のJOTA(Miura/SVR)

b0058021_1531554.jpg


「SAKURA」はダイヤペットブランド(米沢玩具)の1/40ミニカー等も手がけていた東京の下町メーカーだが、
スーパーカーブームの頃に独自ブランドで進出するにあたり、手っ取り早く発売するためかSolid社のMiuraとFerrari BBをコピーをしてしまったのだ。

b0058021_1531287.jpg


アクションそのままにボディをJOTAにしたのは当時、日本ではMiuraより圧倒的にJOTAに人気があったからか?それともSolid社に突っ込まれるのを防ぐため?

b0058021_15194764.jpg


その御蔭でか、当時の正統1/43ミニカーにおいては唯一のJOTAモデルとなったのが皮肉っぽい

b0058021_1554872.jpg


コピー故に本家よりは、ディテール等当然甘い作りながら、見応えのある「塊」で表現されたV12エンジンを手抜きせずに模倣したのは立派な心掛けかと。。

しかし、マルサンなんかが昔々、さんざレベルやモノグラムなんかのプラモデルをコピーしていたのを知っていたので、
当時Solidのファンだった僕は、どうにもSolidに申し訳ない気がしてこのコピーMiuraを買うことが許せなかった思い出がある。

このJOTA、元箱も無いので、後年にどこかのスワップミートあたりで買ったジャンク品と思われるけど、いまやこれもレストアベースに近い状態だね。


Jota(SVR)は、21世紀になって京商がエンジン付モデルの決定版を出したが、
勿論それはSolidのコピーでもなく、オリジナルの素晴らしい出来だったけど、もはや日本製でもなかったのだった。
by coolys1 | 2013-09-29 16:25 | 1/43の世界 | Comments(0)

1971 商用車編

調子に乗って軽四商用車も

軽のボンバン  360時代だとバンといってもあまり荷物は積めないね。

b0058021_17584439.jpg


圧巻のページ
R2のバンはいいねぇ❤  ポーターバンは歳上の友人が確か乗っていたなぁ これのトラックもいい!
そしてRRでならしたフロンテシリーズですが、バンだけはなぜかFRだったんです。。。
フェローMAXバン ほぼ荷室といえるものがない感じが「あまちゃん」っぽくて新鮮です。
ミニカのピックアップも愛嬌満点で素晴らしい これの68年式の先代さんのバン持ってる方のHP貼っときます。

b0058021_17584791.jpg


キャブオーバー  ホンダTN360シリーズはなんと「スノーラー」で異彩をはなっていますねぇ
でもキャブのデザインはアクのやや強いTNよりキャリィのほうがシンプルで好みです。

b0058021_17585067.jpg



このページも圧巻だなぁ 定番のハイゼット、サンバーは鉄板! サンバーはHOTDOGCAR(屋)でよく見かけた気がするぞ。
でもこの中では、一見前か後ろかよく判らない キャリィ バンに一番萌えですね! でも現役時代にはあまり見かけた記憶ないです。

b0058021_17585533.jpg


商用車のカテゴリーにバモスが!? 新型キャブ(オーバー)のポータートラックも可愛いなぁ。

b0058021_17585758.jpg



底床式の軽トラはよく畳屋さんとかが使ってましたね!
by coolys1 | 2013-09-28 18:44 | Kei-4 | Comments(3)

1971

スティングレイルック!!

母親がコークボトルフロンテ乗ってたからか、このスタイルには最初物凄い違和感もあったけど、今現在見ると双方にあまり違和感は感じないねぇ。

まぁ360だしね この型から空冷から水冷にシフトしたのは恩恵があったのは事実。

b0058021_2255188.jpg


それにしても、この時代のファッション感覚っていうのは、僕にとってとってもいいですね。 今年の秋はまたタートルネック太リブ着ようかな?

髪の毛は追いつかないけど・・・・・


オンダZ 最初はビックリしたけど、すぐ慣れた。 慣れたら可愛いそんなスペシャルKeiでしたね!

b0058021_225582.jpg




ライバル フェローMAX! 若者が木にたわわに実っている、 そんな時代だった訳です。

b0058021_226254.jpg



ブゥロロンと 0-400m 20秒切る360です。
by coolys1 | 2013-09-27 22:21 | Kei-4 | Comments(2)

椎茸&舞茸カレーを作る

Xm乗りのkazztomoさんから大量に頂いた、干し椎茸。 混ぜご飯などの具材で活躍していたけどまだまだ沢山あります。

そこで、カレーのメイン具材にしてみようと、WEB検索すると先人がちゃんといらっしゃる! そのレシピを参考に我家風の椎茸カレーを作ることにしました!

まずは、数時間かけて水に戻す前作業。

b0058021_20411714.jpg



待つ間にエムリコとお昼ごはん ヤマモリの「トムヤムラーメン」をば、以前のものは粉スープだったけど、これは液体スープ。
こぶみかんの葉っぱが入っていない分辛さは柔らかめかも? タップリのレモンとパクチーで頂きました!

b0058021_20411987.jpg



のんびりしたらカレーの製作開始! 今回はお肉は一切使いませんので、玉葱のみをバターでしっかり炒めます。
(ちなみに我家は通常、メニューの企画者が製作担当になるんですが、今回は各々の得意・不得意を考慮し私が撮影、エムリコが製作と相成りました。)

b0058021_20412182.jpg


数時間後、水で戻された椎茸。

b0058021_20412470.jpg


小ぶりなものは切らずに石突を取ってそのまま使います。 今回は椎茸がお肉の替りって感じですね。

b0058021_20412511.jpg


戻し汁 これはそのまま使います! 奥は今回一緒に使うサブ具材の舞茸です。

b0058021_20412733.jpg


戻し汁も使ってぐつぐつの煮ますが、肉も馬鈴薯も人参もないので、この時点ではきのこ汁以外の何者でもありませんね。 笑

椎茸と舞茸の香りがキッチン中を満たすのでなおさらです。

b0058021_20413132.jpg


カレールーを入れたらやっとカレーらしくなって・・・ところでルーは今回細工無しの市販品です(参考:S&Bディナーカレー辛口<<結構スパイシーです)

b0058021_20413329.jpg



そして完成~ (^o^)/   肉の旨みの代わりに椎茸の旨みが程よく効いたカレーとなりました。 

煮込むとぺしゃとしがちな干し椎茸に対して、具としてダイナミックな振舞いの舞茸は入れて正解だったかも。

b0058021_20413564.jpg



ちょっと椎茸の食感が、柔らかいお肉のようでもあり やみつきになりそうな旨さです。  


そうそう もちろん生椎茸でもOKね!!



photo:iphone4s
by coolys1 | 2013-09-23 21:17 | 北渋谷の味わい | Comments(2)

”村正氏のホニ” DUSTY TANK:残車録2013 (追補)

昔々に1/76~1/87の小スケールクラスで辛口の日本戦車が無いぞ!と嘆いた村正氏

あろうことかROCOの1/87の戦車をバラして、戦闘室をボール紙で作った小スケール初の日本戦車がこれ。
(無いものは、まず自分で作るという氏の哲学の基本か・・・・)

b0058021_188279.jpg



しかし何故ホニだったのか?塗色は何故鉄錆色なのか? 試製だから?? いや下塗りだったのか? もはや不明である。


その二年程後に、フジミが1/76で素敵な日本戦車群を積極的に発売したので、この試製(スクラッチ)ホニは1輌きりとなってしまった。

b0058021_1882048.jpg


当時(40年前)はホニでさえ殆ど資料がなかった時代、後ろのフジミのホニに比べて戦闘室が妙に低いのは参考にした資料のせいと思う。
このホニはおそらく原乙未生先生の「日本の戦車」の少ない写真と図面を参考にしたんではないかと回想している。 
ROCOのパットンかなにかの流用のキャタピラ部分は巧妙に切断短縮結合されている様子。

右に写る無塗装車体だけのチハは、貴重なAIRFIXのモデル(鉢巻砲塔)だが、永い年月で砲塔他、多数の部品は失われてしまった。



村正氏が参考にしたと思われる写真

b0058021_9262051.jpg


そして図面 *防盾及び上部戦闘室の高さが低い製図だ

b0058021_9262390.jpg


*上下とも 「日本の戦車 上」 初版より


そしてこれがホンモノのホニの試作車と思わる写真。 防盾や戦闘室の形が全く違う!


b0058021_930421.jpg


日本陸軍写真集1より 撮影場所は富士演習場らしい


エレファント型と言われた試製105mm自走砲「ホリ」  
現在出回る想像図とは異なる木型の写真が珍しいと思った。(副砲の37mmは付かない?)

b0058021_9262611.jpg



*最後は我が家の守り?オルパン第2師団(OLDS PANZER) 勢揃い

b0058021_18302265.jpg

by coolys1 | 2013-09-22 18:53 | DUSTY TANK | Comments(0)

果樹園スペェシャル

超開放型軽トラ  

おそらく果樹園内で頻繁に乗り降りする利便性を追求したものか? うっかりガソリンスタンドに行ってはいけません。

b0058021_16462223.jpg



千葉木下街道にて  

iphone4s
by coolys1 | 2013-09-21 16:52 | Kei-4 | Comments(2)

中秋の夜はr=100で

残業で遅く帰ってきたら エムリコが愚息と月見酒してたのでした。 

b0058021_23313564.jpg


杯の中に月が少し・・・・

b0058021_23313760.jpg



お月はん見ながら呑んでると、気持ちの角がどんどんまるくなって
by coolys1 | 2013-09-19 23:35 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

熱帯暴風通過夕景之図

猛威を振るった18号が過ぎ去っていった 東空の模様  

b0058021_18254045.jpg


b0058021_18254853.jpg


b0058021_18255529.jpg


b0058021_1826070.jpg



自宅マンションより西新宿を望む (時系列です。)  明日から秋でしょうか。


CANON TVLENS 25/1.4

E-P2  

f=8
by coolys1 | 2013-09-16 18:30 | 北の空・東の空 | Comments(2)

五五式老戦車

本日、めでたく55歳になりました! 

ミドリのこれはT54だったかT55だったか?もはや忘れましたが、どうでもいいこと。(どうやらキャタピラの向きが左右逆っぽいのも・・) 
作って40年以上壊れないことがとてもいいこと。 この丈夫さにこれからもあやかりたい

で、 このまま76目指す? いや85? もとい やはり100を目指すべき??


b0058021_1713284.jpg



LENS:PNAGOR PMC AUTO 55mm 1:2.8

CAMERA:PENTAX K7

DETA:ISO=200 f=16 / 13second
by coolys1 | 2013-09-15 17:26 | DUSTY TANK | Comments(2)

Kei-4 Work & rest 2013

箱入り娘 ・・・・ではなかった! でもこの地域で車庫入り娘とは、贅沢な軽トラだなぁ

b0058021_215160.jpg


オイルの染みから見ると 代車?
by coolys1 | 2013-09-10 21:05 | Kei-4 | Comments(2)