<   2013年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

斜光のUndulation

大山道より南に下る 秋の世田谷夕暮間近 遥か等々力方面を望む

b0058021_22151677.jpg


b0058021_22152159.jpg



TAMRON HB35
by coolys1 | 2013-10-28 22:22 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

上町のひと

ボロ市の通りのはずれで  やぁ!

b0058021_12214593.jpg



ほなさいなら

b0058021_1221479.jpg



TAMRON HB35
by coolys1 | 2013-10-27 12:22 | クルツとランゲ | Comments(0)

エスプリ・タンク

中野tokinon 50/1,4で開催中のPanzer Vor!のゲストブックに描き込んできました。


ロータス・エスプリとスゥェーデン「S-Tank」の合体妄想戦車です。

b0058021_10223939.jpg


*肝心の前面装甲が合わせガラスなのが辛いです 笑

しかし写真展で、ルノーFT見ていると「のらくろ」を思い出すのは、世代のせいかな

あの頃は、のらくろ一気読みしたり、かたや「はだしのゲン」で縮み上がったりもしてたなぁ・・・・・
by coolys1 | 2013-10-26 10:24 | DUSTY TANK | Comments(0)

ミド世田谷蒸発伝言物件

ぬチボ、いヤッタ! 糸クン

b0058021_23243625.jpg



ちぐさ より
by coolys1 | 2013-10-22 23:25 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(2)

Landscape 2013

新宿南口低気圧雨中之図

b0058021_17202642.jpg


b0058021_17202859.jpg

by coolys1 | 2013-10-20 23:30 | 塔のみえる街 | Comments(0)

DUSTY TANK 残車録2013

G.M.C.CCKW-353

b0058021_22432365.jpg



HASEGAWA   1/72
by coolys1 | 2013-10-19 22:44 | DUSTY TANK | Comments(0)

Landscape 2013

新宿南口秋昼下り之図

b0058021_21145145.jpg


b0058021_21153884.jpg



COSMICAR 12.5/1.4

E-P2

画像には新宿ミロードのマドフィルターが掛かっていまする 苦笑
by coolys1 | 2013-10-17 21:16 | 塔のみえる街 | Comments(2)

新シリーズ 看板娘? 始まる

全国108万の安酒ファンの皆様 お待たせいたしました! 本ブログ 秋の新カテゴリ登場!

 それは街の看板娘に会いに行く旅です。


b0058021_10385552.jpg



つまりそれは街の居酒屋の看板に棲む看板酒ということですね。


むかしは居酒屋作るときに、主人がその看板代を捻出するために、よく使われた手法で、
その店でメインで使う酒の蔵元にお金を出してもらうために、問屋なんかを介して酒銘柄を入れるんですね。

かつて私が手がけた個人居酒屋では主人が交渉してなんと数十万円相当の看板代を捻出していましたが、
逆に地方の蔵元が大消費圏で蔵元の知名度を上げるために、積極的にやっていた時期もあったようです。(但し出典不明)

で、ここ丸八というお店は灘の清酒 「多聞」 がスポンサーというわけ 

それにしてもこの看板は大変手の込んだ造りで好感が持てますねぇ 
パラグラスならばイエローのベースにバーミリオンの多聞の文字 囲炉裏のイラストも店名もすべてアクリルの切り抜き貼付け品
昔の看板屋さんは、2~3ミリのアクリルを糸鋸で手作業で抜いていましたから、この囲炉の表現などは結構職人任せだったと思いますね。


さて看板ばっかり観ていても仕方ないので、お店に入って、さっそく看板娘を頂きましょう!

b0058021_10385214.jpg


冷で一合たのんだら、名入の徳利で出てきました嬉しい!酒器はおちょこと、グラスが選べたので、この8勺のグラスに(さらに嬉しい)

で、、「灘の多聞」肝心のお味はというと、皆様の想像を上にも下にもはずさない、THE安酒でした(安酒=安くて安心して呑める酒ともいうが・・)
いまさら調べると多聞は10年ほど前に経営難で民事再生に陥り、現在は大関に吸収されて、ブランド銘のみになっているようですね。
(どこかのカメラブランドのようにも思います。)

かつては街なかで良く見かけた、このような看板酒ですが、現代においていざ探すと随分減ってしまいましたね。

スナックとかは大概はビール会社とかのシートまたは印刷系の看板なので、元々面白くないのですが、居酒屋もぺらんとした出力系になって久しいです。


下のお店は先日、橋本(相模原)の駅前で入った超老舗の居酒屋(看板には和食と書いてあるが)ですが、
入ったものの看板娘の「濱小町」は今置いていないとのことで呑めませんでした。(後で調べると、福井のこの蔵はとっくに廃業していました)

b0058021_1172171.jpg



通りすがりに気になった看板のお店でスーパーアウェー感覚で呑む看板酒 これはひとつの旅でもあります。 
最近は大手チェーン含め出力系のシート看板ばかりで、こんなせこい昔ながらの看板は絶滅危惧種(酒も含む)でもあるわけで・・・

そこで、酒好きで旅行や出張の多いブロガーの某さん PEさん 丼さん コゲさん この発掘企画に是非賛同して頂けませんでしょうか?  
(*ご自身のブログでどうぞ!)

200%ないと思うけど「獺祭」とかあったら感動!? 関東では昔から兵庫灘系メーカーは多いはずですが、
逆に兵庫で新潟酒とか、その逆とか 実は十四代くらいなら探せばあるかもなぁとか 探求の興味は付きません! 
(居酒屋の親父にその由来を聞くのも一興だったり)

もちろん旅の中では ホンモノの看板娘に出会えるかもしれませんしね!   まぁ飲み過ぎ注意でね。

旅行好きの方出張族の方是非 よろしくお願いいたします。
by coolys1 | 2013-10-14 19:54 | 看板酒を呑む | Comments(6)

南口の男

b0058021_1883872.jpg

by coolys1 | 2013-10-13 18:08 | Alone In The Dark | Comments(0)

琥珀の時間と酩酊の色

10月に入ったのに暑い休日の夜は、恵比寿の半割と琥珀で乾杯! 後ろに見えるはUFO?

b0058021_1364752.jpg



それは巨大なステンドグラスのシャンデリア

b0058021_1364965.jpg



シンプルな料理を少しづつつまんでいると

b0058021_1365355.jpg



いつの間にか、冷や酒になって  

b0058021_1365153.jpg



本日の酩酊色はアンバーに決定! ごちそうさま~

b0058021_1365794.jpg



歌舞伎町の系列店に行ったのが 既に20年くらい前か?

b0058021_1365530.jpg



新宿三丁目 「浪漫房」
by coolys1 | 2013-10-12 13:11 | 尼酒道 | Comments(2)