<   2013年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Is Haruna Burning? Part-1

というわけで、 肩の故障の温泉療養と榛名山系の紅葉を期待し、週末に伊香保温泉に行ってまいりました。

交通手段:JRハイウェイバス 新宿(代々木)発の草津温泉行き(伊香保で途中下車です) 往復¥4,600也

宿泊:伊香保温泉郷 石沢旅館  一泊二食付き ¥10,000

参加者:カメラ好き中年男ばっかり6人 *ちなみに私が最年長となります・・・・とほほ

参加カメラ:SONY α7R、α7、CANON EOS7(?)、FUJI X-E1、OLYMPUS E-620?、E-P2、PENTAX Q などかな? ニコンいませんね


なぜかバス乗場一番近い筈の私が集合に遅れそうになり、
新宿西口からバス乗場(ほぼ代々木駅です)まで走るはめになりました・・ゼェゼェ温泉の前に既に汗だく..
まぁそのかいあって、JRバスは無事定刻に発車です! 
高速バスなのでトイレ付きです。昼間運行なので四列シートだけど通路挟んで少しオフセットしてありましたね。関越道を進みます。


b0058021_15335976.jpg


ほぼ3時間ちょいで伊香保温泉郷に到着の図。 今日から二日間の行楽は自家用車でないので、このバス停が、スタート・ホーム地点となります。
b0058021_1543469.jpg


伊香保石段街 斜光で延びる影、そして三百数十段の石段を見て一同、、、しょんぼりです
b0058021_15403389.jpg


石段の中央は遥か源泉より温泉が通ってきております。(ここから筋筋へ配湯されているらしい?)
b0058021_15473728.jpg


数十段上がっていきなり疲れてしまい、玉コンニャクで休憩です。 う~味のしみたコンニャク旨い~
b0058021_15521285.jpg


伊香保のひとならぬ男、 今回の旅のコーディネートをしてくれた時太郎氏です。
b0058021_15525251.jpg


大弓と射的屋  テルマエ・ロマエで有名になったお店そのものでしたね。 でも寛君のように弓持って石段は駆け上がれませ~ん
b0058021_15564140.jpg


石段の途中で振り返ります、この辺りは両側が旅館ですが、高級な旅館があったと思いきや、結構寂れていて営業してないような旅館も
b0058021_1557513.jpg


石段街に面して唯一の俗なお店?
b0058021_1642117.jpg


そして両脇のリブロードというか筋も興味深いお店がポツポツあります。  以下

ユンボで工事中の筋道 スナック石段も気になりますねぇ。 今回の旅でこの後ユンボはなぜかキーワードとなりますです??
b0058021_1664062.jpg


水沢でない 普通のうどん屋そば屋  観光地色ゼロです。
b0058021_1664753.jpg


思いっきり錆びた屋根 源泉掛け流ししたのかなぁ
b0058021_1665796.jpg


化粧品屋というか小間物屋  そういえば、私の父方の祖母の元亭主の後妻さんは神戸で小間物屋をやっていたとかです?(血は全く繋がりませんが)
b0058021_1671513.jpg



中程でまた振り返り 吾妻川/吾妻線の先遠くに見える稜線は、十二ヶ岳、中ノ岳、小野子山の三連山ですね!トリプル・ピークス
b0058021_16105368.jpg


坂の途中の酒屋さんにて今夜の「八時だよ全員酒豪」の為の地酒を偵察。看板酒の「福だるま」は廃業してもう置いていないと言われました。
(ちなみに福だるまは群馬酒造って処で作られていたようですけど、県内の旅館等に卸す”THE安酒”だったらしいね。故にまずいらしい凄く)
b0058021_16142441.jpg


もう300段くらい上がってきたでしょうか? 写っているのは4月の大森弾丸ツアーに誘ってくれた酒豪
「OBIさん」
かな? 酒屋の向かいがおかし屋とはいとおかし
b0058021_16201939.jpg


石段の頂上つうか最終目的地は伊香保神社となります。 もうみえましたね!
b0058021_16325482.jpg


そして「巴里は燃えているか?」 もとい 「榛名は燃えているか?」 そ う 燃えるような紅葉はほぼ終わりかけでした(というか完全に終わってた) Orz
b0058021_16354963.jpg


伊香保神社到着~♪
b0058021_1637161.jpg


小ぶりな能舞台でしょうか?
b0058021_16441799.jpg


境内からの景色 最近のマイブーム 物干し台 旅館なのか大きいなぁ避雷針付き豪華物件 *でも干してないのは・・・
b0058021_16453417.jpg


境内からの景色 遥か谷川岳連峰をば
b0058021_16474323.jpg

もう少し上から
b0058021_1647513.jpg


本殿の脇には可愛い社が並んでいました。
b0058021_16483444.jpg


なんだか夏目友人帳の世界だなぁ  まさにいそうです。
b0058021_178862.jpg


FUJI X-E1なひと
b0058021_16492490.jpg


終わった紅葉の落ち葉達
b0058021_16495513.jpg


すこし早いけど日も傾いたので旅館に向かおうと坂を降りかけますが・・・・・・
b0058021_1651454.jpg



おいおい、肝心の神社に参拝してませんぜ!! ということで急遽引き返すことに

長いのでPart-2に続くのだ



本日の使用機材

CAMERA:OLYMPUS E-P2

LENS:COSMICAR12.5/1.4  
LENS:CANON-TV 25/1.4
LENS:TAMRON HB35(35/2.1)
LENS:TVFUJINON 75/1.8

全てCマウント そして全て上着のポケットに入ります(135判換算で25mmから150mmの範囲ですが4/3だと蹴られるので3/3SQで撮影です)
by coolys1 | 2013-11-30 17:12 | 大人の遠足 | Comments(0)

伊香保の女・・・

b0058021_2249878.jpg


カップリング曲が哀愁の奥出雲の・・・っていうのは、向こうでは・・・・
by coolys1 | 2013-11-28 22:51 | 大人の遠足 | Comments(2)

湯治?

肩を温めにひなびた温泉街に行ってまいります。

b0058021_8545999.jpg

b0058021_855466.jpg

b0058021_8551042.jpg

by coolys1 | 2013-11-23 08:57 | 大人の遠足 | Comments(2)

加齢なる

ちょい(具合)悪オヤジのコンチキショー日記2013

こんばんは、シャーク深町こと事件屋稼業のジョータローです。

六泉寺氏の"はっぴぃな日々"を徒然に語っています。

今回は氏が最近陥った「はっぴぃな事件」を本日ここにファイルしておきます。


ひと月ほどまえから左上腕部に、違和感というか筋肉痛というか、痛みを感じ始めて

それは、夜寝返りを打ったりするとひどく痛くて眠れなかったり、服を羽織るときに妙に痛かったりしたもんで、

こりゃーいよいよ五十肩か?と(ちなみに四捨五入すると六十台になりますがね)ちょいと冷や汗モンで医者に掛かる決意をしました。

近所の整形外科で診てもらうと分度器みたいなの当てて腕の開き角度測ったり、左腕と右腕の動きを調べたたりした後に


「じゃぁ レントゲン撮りましょう!!」ってなもんで、 えっ筋肉痛なのにレントゲンと思いつつ数枚パシャッと。*デジタルです島津製作所製です


数分後、シャーカステンに画像を映しながら、せんせー曰く

「最近、メデューサ観ましたか?」 と 

ええっ メデューサって下半身が蛇で手が十手観音みたいな、目が合うとこっちが石になっちゃう怖ぇ~女ですか?

それならば30年くらい前にテレビ映画で、ほれ粘土で動く奴を・・・・

「あなた それだわ・・・・・」


ってな会話をした訳じゃありません あしからず


ゴッホン 改めてセンセー曰く 

「あなたの肩の筋肉の抹消部分が石灰化していますね。」

と戦慄のメデューサとのお見合いともあんまり変わんないようなショックなお言葉を頂きましてビックリ。

加齢も原因ですが、自分の骨から解け出したカルシウムが、何故か肩の筋肉の末梢部で石灰化し、まぁその先はしょって簡単に言うと
それが他の筋肉を圧迫して筋肉の炎症をおこしているという人体の摩訶不思議なシステムの病気に掛かっていたという訳です。
(カルシウムが溶け出す原因は色々あるが カルシウムの不足とかなんと逆に取り過ぎとか・・・・)

石灰化しているから、それはレントゲンにもハッキリクッキリと写る訳で、 見た目、肩の骨が増えてる訳ですね!

「こんなじゃぁ 夜も痛くて眠れないでしょう?」 とせんせー

「いやそれほどでもありません、腕をある方向に向けるときに痛いくらいで」とワタクシ

痛かったら即効性のある注射をするよ? と言われたけど 実は生まれつき注射嫌いの僕は、その時はとっさに固辞したました。

そこで二週間分の消炎鎮痛剤(服用剤です)を処方してもらい、様子をみることに・・・・・・

色々調べると、この「石灰沈着性腱炎」という立派な病気は、とても痛くなるようで、本人も焦るようなんですが自分はまだそれほどでもない・・・

様子を見ているうちに、身体の異物反応?で自ら石灰化質を溶かし、治癒することもあるらしいので、とりあえず二週間我慢つうか様子見しました。


そして本日、貰った鎮痛剤も切れそうなので、再診してもらうと、

「うーん 前回よりも動きが悪くなっているね? このまま五十肩に突入するかもよ?」なんてぇ嬉しい?いや嬉しくない診断がぁ・・・

こうなりゃ もう「お注射嫌い」なんていってられません!
もしクルマを運転中にお腹が超痛くなったら駐車違反も承知で車を停めるように、今回は迷わず駐車もとい注射を打って帰ることにしました。

注射の主成分はかの「ヒアルロン酸」です。 これは動きの渋くなった丁番に噴きつけるシリコンスプレーつうか潤滑剤みたいな役目ですね。とほほ

そんなこと考えている内に注射の準備は進みますが 注射嫌いの私めはイマイチ不安です。

「先生!! その注射つうのは、やっぱり患部に直接なんですかぁ・・・」とトボけた質問すると

「そりゃぁ 関節注射だからそうだよ。 な~にア・タ・リ・マ・エのことを」とせんせー

思えば人生五十数年 腕と太腿以外に打つ注射ってもしや初めてかも? 
そういえば、昔病院で注射打ち過ぎで腕に刺せなくなったご老人が掌に打ってるの見たけど痛そうだったなぁ?

「せんせー 痛いですかそれ」

「まぁ あなた、、針が刺さるんだから、痛くないとは死んでもいえないよねぇ うん嘘は言えない」とせんせー


なんて会話に耽っているうちに「ブスっ」と肩に一発! 痛いっ

最初(どうやら二本打ったらしい)のは、局部麻酔剤と副腎皮質ホルモン(つまりステロイド系)の混合薬で
二本目が刺さる感覚がいささか記憶にないのは最初の局部麻酔が効いたからなのかな

二本目は、いわゆるヒアルロン酸系なので、世の熟年女性なんかがとて~も嬉しがる物ですね
(美容整形なんかでお顔のほうれい線を消すときなんかにも打ちます=当然打つのは顔面の患部ですがぁ)

打った後は患部によく浸透させるために腕を動かすんだけど、注射の後に腕を動かすってのも不思議だなぁ。(なんとなく巡っているような気もしました、、、
(まぁブラシーボ効果3点って感じかね)

でもどうやらヒアルロン酸は効果はあまり持続性に長けていないようで、来週また打ちにきてねぇ!
ってこれから毎週かよ。 とほほ


実は、最近になって一回自然治癒した筈の「良性発作性回頭位めまい症」がたまに発症するようにもなって
また耳石がずれてしまったかと・・・・


まったくもう・・・五十台は加齢なるギャッツビーやなぁ と本気で思いました。
by coolys1 | 2013-11-21 23:53 | はっぴぃな日々 | Comments(8)

Night of Quattrovalvoles

b0058021_22265440.jpg


b0058021_22271887.jpg


b0058021_22272544.jpg



COSMICAR 12.5/1.4

E-P2
by coolys1 | 2013-11-20 22:27 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

月夜

2013/11/17

b0058021_20302499.jpg


b0058021_20303210.jpg


FA35/2AL

K-7
by coolys1 | 2013-11-17 20:30 | 北の空・東の空 | Comments(3)

西暦2013年

渋谷極北の商店街にて

b0058021_91029100.jpg



COSMICAR 12.5/1.4

E-P2
by coolys1 | 2013-11-16 09:11 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

格子曰く

窓辺の


b0058021_2229257.jpg

by coolys1 | 2013-11-13 22:29 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

美女木のひと

北戸田駅で降りてとぼとぼ歩いていると・・・・おや 美しい女声が

やぁ こんにちは!!

b0058021_2057293.jpg



おいおい いきなりそれじゃぁ 萌え死んじゃうよ

b0058021_2057930.jpg


じつは背中かゆいんか?

b0058021_20572699.jpg


グリグリ ゴロゴロ

b0058021_20572995.jpg


はっ  まだ居たの あんた

b0058021_20573166.jpg



まぁ いいか

b0058021_2221038.jpg





そして時は過ぎ数日後、  おっ あんたさまは!?

b0058021_20573495.jpg



思わず尾行  つうかストーカーじゃないからね。





実は彼女は住処の公団敷地を定期巡回中なのだ


b0058021_20573781.jpg



お役目ご苦労さんです ランゲな貴方、達者でなぁ~

b0058021_20574153.jpg

by coolys1 | 2013-11-11 21:06 | クルツとランゲ | Comments(0)

恋は四枚扉をひらかないと燃えあがらない。

全長は4.5m程度で巾も1.8m そこそこの馬力に なんと言っても奥山氏ではない90年代にイタリア人が夢見たフューチャーデザイン!

最近は見ることも少なくなってきたけど、いざ見かけると数十秒ほど釘付けになる

繊細なフロントグリルは、スリリング過ぎて、もはやクラッシックな世界。

短い生産年数にかかわらず、結構マイチェンがあって、、、最後はいいのか悪いのか?フェラーリの品質監理に入ってしまう。

買うならどのフェーズがいいのか大いに迷ってしまう。

もっともっと車好きから愛されるべきこのガンディーニのピッコロ・クアトロポルテ。

しかし 維持するのにはALPINE V6Tなどの比ではないわけで・・・・ 

本当に恋すると、アルカンタラのシートの上で身も心も隙なく焼かれてしまうのでしょう。

b0058021_1175827.jpg


b0058021_118310.jpg





スーツを着たマークストロング辺りがよく似合う(一応イギリス人だけどね) ピッコロ・ポルテ、  この気持を振り切るにはXMあたりしかないのかな?


どうしても買うならここしか無い!! 専門店マイクロ・デポによる詳細解説・・・・・
by coolys1 | 2013-11-09 11:58 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(2)