<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

看板酒を呑む 2014 (関西編)

昨年、大風呂敷広げた新シリーズ「看板酒」ですが、事情により停滞してました。

新年なって、心機一転再開するのですが、何故か大阪は東梅田でのスタートとなりまする。

仕事で京阪神出張なんて昨今、日帰りが多くてあれですが、今回は幸運にも宿泊することが叶いました。

ならば、「日残りて呑むには未だ遠し」なんて言ってられないのが、看板酒屋ですが、仕事に追われ結局暮れてしまいました。

目指すのは大阪駅そば環状線のガード下の串かつ屋です。 なんだかゾラが死んじまいそうなビニールテントが哀愁チープ感を出します。

しかし初めて入るにはちょっとした勇気がいりますね。

b0058021_22211797.jpg


寒いから頼んだのは、やはりお燗 ! お店は二階もあるみたいですが、一階はカウンターのみ。
場所柄か? 周りで呑ってた常連さんは皆、お舟の競争の大ファンのようでした。

b0058021_229182.jpg


このお店のスタンダードは「ねのひ」でした。 ちろりに入ってくる燗酒はそれはそれでいいですね。
上のショーケースにも美味しそうな品が並びますが、まずは大阪ですので串かつ!!

キスや大好きなうずらの卵、そしてレンコン、紅生姜、牛すじなんかを・・・・ 手前は堪えられずにショーケースの中のポテサラをば

b0058021_2293739.jpg


その後、大正ホルモンや串もので牡蠣なんかを追加を頼んで、お酒は常温にしました。

お勘定は千円台後半。 


帰りがけにもう一枚、入る時はあまり気にしなかったんですが、どうみても裏口っぽい。

b0058021_224942.jpg



看板にはちゃんと「ねのひ」が入っていましたね。  ホイスがあったのは意外! オーナーは白金ファン?


呑んだ後は、次なる看板酒を求めて夜の東梅田を散策します。 うーんまだまだネオンが頑張ってます。僕が仕事でネオン使ってるころは、m/1万円でした。
(曲げ加工は別途エクストラ料金ですが)

b0058021_22264321.jpg



こちらは内蔵ネオンが弱っている 中通商店街アーケード

b0058021_2228187.jpg


ちょっと こっ恥ずかしい パーク・アベニュー・・・・・・・堂山

b0058021_222926100.jpg




LENS:08WIDEZOOM

CAMERA:PENTAX Q
by coolys1 | 2014-01-29 22:45 | 看板酒を呑む | Comments(2)

支那そば かづ屋への道のり

仕事場が目黒から台東に移り、そして今年からは芝浦。。。。。。そしてクルマ休眠状態だと 目黒の「かづ屋」は遠のくばかりでした。

*そのかづ屋自身も移転しましたが・・・(まぁ目黒駅からは、ほんの少しちかくなったけど)

最後に行ったのが、代車のゴルフで行った2012年の晩秋だったので、あぁ もう13ヶ月以上前のことになった訳です。

そこで、一家郎党かづ屋ファンは電車を乗継行くんですねぇ  意を決して。

目黒通り 権之助坂の中洲より、暮れかける駅方面を眺める・・・懐かしい一通の坂道。

b0058021_21102575.jpg


そしてこれから向かう下り方向、昔は右側だけの坂道だったのかなぁ

b0058021_2111573.jpg


下りきった処を流れる目黒川より海側、周辺を眺めると、そこはレンズ収差の嵐でした。  いやエンペラー健在か?

b0058021_2112791.jpg


シャッター商店街を越すと、もうすぐ大鳥神社、つまり「かづ屋」間近です。

b0058021_211308.jpg



休日ながら17:00くらいだったので、すんなりと入店できました。 そして家族は迷うことなく 支那そばを注文。 ¥680
b0058021_21133835.jpg


自家製麺をすすっています。

b0058021_2114441.jpg


私は、迷いに迷って「ワンタン」を注文、 お店の方は「ワンタンスープ」ですね。と再確認します。きっとワンタン麺と間違えないようにでしょう。
メニューには「ワンタン」とだけ書いてますけどね。 これも¥680

b0058021_21164321.jpg



昔、ここの汁なし担々麺を食べた時に、セットで付いてきたミニワンタンスープが絶品過ぎてハマりました。
基本は同じながら支那そばとは微妙に違うあっさりとしたスープは、ワンタンにピッタリ!しかもワンタンも多いのでこれ一杯で完結できますね。

遠路はるばる歩いてきて、基本の「支那そば」にするか、チャレンジな「汁なし担々麺」にするか? いや「ワンタン」にするか悩ましいもんです。

3つ一緒に食べられないので、日替わりでそれらを選ぶことができた目黒時代が懐かしいなぁ。

そんな感慨を抱きながらまた大鳥神社交差点目黒方面へ戻ります。 行きは転がるように降りてきた権之助坂を今度は登山ですね。

b0058021_21224030.jpg



駅前で、今夜の第二ステージ 四川料理の「龍門」


小竹の四川風 見かけは可愛いタケノコですがこれがこれがピリッと痺れます。

b0058021_21233639.jpg


そしてメインイベントの辣子鶏。 圧倒的な唐辛子に花椒、そして手の込んだ味付けの鶏唐揚げのトリオはやはり堪りません!

旨すぎる!

b0058021_21283398.jpg



食べ終わっても大量の唐辛子と花椒が残るので、ついつい山椒を摘んでしまいますが、ここの花椒は一粒二粒で口の中が痺れ天国になります。

さすがに高いだけのことはある ずいぶんいい花椒使ってるなぁと思いました。

おかげでジャスミンハイが二杯も空きましたとさ。


おしまい


LENS:COSMICAR 12.5/1.4 (うーんこんなに収差あったっけ? いやあったか・・)

LENS:CANON-TV  25/1.4  (支那そばとワンタンは、ちょっと古くさい模写になってしまいました)

CAMERA:E-P2 (PENTAXとあまりにも違う操作感にいつも戸惑います)
by coolys1 | 2014-01-26 21:41 | Dinner rush | Comments(2)

Where's Buddha?

C6は、ポスト大型猫脚シトロエンとしてかなり来てますね。 ちょっとレアなこの色いいなぁ と


b0058021_1221012.jpg




ところで、画面にはもっとレアな仏様がおわします。 判りますか?

by coolys1 | 2014-01-25 12:23 | 仏車利 | Comments(2)

昔、BIMOTA KB-1が飾ってあった処

ゆる~い感じのファサード

b0058021_011893.jpg


b0058021_011586.jpg


今は、「音楽を聴きながら適当にくつろぐ店」だそうです。
by coolys1 | 2014-01-24 00:03 | 北渋谷の味わい | Comments(0)

旦那氏ALFA

ALFAROMEO 2000GTV

免許取ってイタ車に興味を持ってた20代の頃は、段無の2000GTVの中古車はなぜか1750よりも安値だったような記憶がある。

21世紀にもなるともうそんなこと言ってられないし・・・ しかもこんな素敵で綺麗な個体は当時も見かけなかった。

旦那にはなったのだが、ALFAは遠のくばかりだなぁ。  でもまた目標が出来たような気がする。

b0058021_198244.jpg

b0058021_1983472.jpg

b0058021_1985646.jpg

b0058021_199270.jpg

b0058021_199633.jpg


もう段の有無は関係ない美しさです。 スカリオーネ辺りの雰囲気を醸す、ジュージアーロ(ベルトーネ)ボディライン

b0058021_1984023.jpg



PENTAX Q

WIDEZOOM 08
by coolys1 | 2014-01-19 19:11 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(4)

午後の埠頭

b0058021_16542085.jpg

b0058021_16541696.jpg

by coolys1 | 2014-01-18 16:55 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

ゼログラビティ

b0058021_1234824.jpg


b0058021_1235113.jpg


b0058021_1235496.jpg

by coolys1 | 2014-01-15 01:24 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

Dinner is at 170 mhp

日帰り出張の難点は夕食。 発本数の多い大阪ならともかく姫路となると、乗れる列車確保が優先で、どうしても車内飯=駅弁に頼ることに。

ところで姫路は、黒田官兵衛祭り!!  駅弁選びで、地元穴子の重ね弁当と迷った挙句、酒つまみにより合っていそうなこちらに決定。

官兵衛弁当   まねき食品(えきそばのルーツの会社です) ¥1000     分類:幕の内

そして兵庫といえば、山田錦の故郷 そこで龍力の特別純米を一合瓶で買いましたが、食事時にはなぜか龍力のワンカップに!?

b0058021_14172594.jpg


うるめいわしの載った麦飯の周りを、副食=いわゆるつまみ系オカズが囲む 晩酌弁当です。

焼茄子、鶏もも肉蜂蜜味噌焼、若布酢の物、玉子焼、黒豆煮、(南瓜、蓮根、人参)の煮物、山菜、シバ漬け、酢だこ、焼玉葱、小梅などが酒を待ちます。

b0058021_14172815.jpg


大阪過ぎてワンカップの本醸造から特純龍力へ、麦飯の周りを酒肴に全て消費してしまっても、心配いりません! 

この弁当の麦飯には別添でとろろ芋が付いているので、それを最後に掛けて〆の飯がいけるからです。

b0058021_14173254.jpg


*但し 麦飯自身の出来はイマイチ。 おそらく麦が冷めるとおいしくないのだなぁと思います。


暮れる 姫路駅 直通の「のぞみ」は、一時間おきなんです。 揖保の糸、地元ですが、さすがに駅弁はないか?

b0058021_14172193.jpg

by coolys1 | 2014-01-13 14:35 | Dinner rush | Comments(0)

ぶらりひとりでランチ 出張編

都内や関東近郊の仕事ばかりで、坊さんの出張めしがうらやましい~ と思っていたら姫路に日帰り出張が入りました。

関西出身の社員から 六さん、姫路に行くなら是非、「えきそば」ですよ! って言われていたので、構内で探してランチです。

新幹線改札前の「Maneki Dining」 本当なら在来線ホームの立ち食いなんだろうけど、長旅で疲れてしまい座りたかったんです。 

てんぷらえきそばとミニ穴子丼とのセット  小鉢に玉子焼きと何故か奈良漬け!?
b0058021_12594512.jpg


えきそばは、実は蕎麦ではありません。 どういう訳か中華麺。。。。。 なんかにゅるぶりっくりんくのような食感ですね。
不思議な麺と一瞬掻玉?と思わせる天麩羅が不思議な感じ。

b0058021_12595228.jpg


穴子丼は山椒が良く効いた濃いタレで、掴みどころのない麺と一緒に食べると旨いのだ。

ここ実は「えきそば」以外にも、うどんもあるし、なんと蕎麦も選べる。 まぁ蕎麦とは言っても、小麦粉主体だろうから、、

つまり、この店ではうどん粉のバリエーションが三種類楽しめるってことかも知れないね。

店内の なんとなく関西にきたなぁと思ったポスター
b0058021_12595389.jpg



食事の後は、保健所に用事があったので姫路城の東のほうへ向かいますが、この辺りは例の佐竹を上回る、ガレリアですね。

b0058021_1354317.jpg


およそ3~40年くらい前のペンダント照明・・・・・・・
b0058021_1353587.jpg


こちらは、中華麺でない米麺の中華そば、ややこしい。

b0058021_1372539.jpg



おおっ バレット君! かと思ったらKawasakiか。

b0058021_136481.jpg



ドーンとした姫路市中央保健センターは、「若尾文子の旦那の設計」。
なるほどの見た目の意匠優先で、職員も市民も使い勝手のすこぶる悪そうなバブル期の設計作品なのだった。
b0058021_13123312.jpg






PENTAX Q  
08ZOOM LENS
by coolys1 | 2014-01-12 13:28 | Lunch time trip | Comments(4)

Just the two of us 2013

b0058021_2224698.jpg


b0058021_2224882.jpg


b0058021_22241185.jpg


b0058021_22241399.jpg



LENS:COSMICAR 12.5mm/f=1.4
LENS:TAMRON  HB35 35mm/f=2.1
CAMERA:E-P2
by coolys1 | 2014-01-07 22:24 | B.C.Dマウントレンズ | Comments(0)