<   2014年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

くれくれタトラ

チェコスロバキア時代の、戦後VIPセダンとして60年代から90年代まで君臨したTATRA603シリーズと613シリーズ。

大好きなクルマのひとつです。 T603は日本にいたとの噂もありましたが(チェコの外交官が乗っていたとか?)

b0058021_11503670.jpg



イタリアのヴィニャーレがボディデザインした後継車T613はさすがに排気規制の厳しくなった日本では走っていなかった。

b0058021_11503425.jpg



なぜなら603も613も空冷のV8エンジンだったから!! さらに大型セダンでそのエンジンをリアに載せるという奇抜っぷり。 イタリアの小型車じゃないんだからね。

603のご先祖戦前のT87のエンジンルーム 左右に配した予備プラグが洒落てます。
なおT87は、当時世界を驚かせた超最新空力ボディのセダンとして自動車界に名を残す名車ですね。(ナチスドイツもアウトバーンで使っていたとか)
b0058021_7373810.jpg


一方こちらはインジェクション化された、ほぼ最終型ちかい頃のT613/4のエンジンルーム。
ポルシェにような強制空冷ファンが見えます。
まぁ ポルシェも立派に空冷6気筒RRのスポーツカーを作っていたのですがね。。。(実際は、ほぼ油冷そしてのちに完全に水冷化されるけど)

b0058021_7374098.jpg


欧州広しとはいえ、ど変態エンスーの存在するイギリスがこのT613の最終市場であったようで、
本国では、独逸車に蹂躙され、誰も見向きしない時代遅れの空冷V8RRのセダンは彼の地向けの右ハンドル仕様まで作られていたようだ。

晩年にはかなり英国人好み?にMCされていったT613。。。。。。。 感無量ですね 笑
b0058021_11475711.jpg


さらに最終型のT700(完全英国向?)は、
趣味的英車と東欧ノスタルジーの悲しいまでの融合=化け物になっちゃてますね。辛い形です合掌

b0058021_11515951.jpg



ところで、たしか80年代終わり頃のチェコスロバキア時代にこのタトラT613のエンジンを使ったスーパーカー計画があったようで、
ちょうどCG誌が取材をしていた記事が記憶にあるのです。

記事だとまだモデルとシャーシ・ボディくらいしかなかったようだけど、そのデザイナーのお宅まで行った熱心な記事でした。
(そのデザイナーの息子が日本の試作RR戦闘機「震電」の大ファンだったというオチも面白かった!)


そういえば、あのスーパーカーTATRA MTXはどうなったのかな?と思い色々検索して出てきたのがこの画像。

元気に走っている!?
b0058021_7395191.jpg


英文のサイトがないのでよくわからないんだけど、時代を追って細部の異なるランニングプロトタイプが3台ほどあるらしい。(残っている?)

このMTX、RRなのかMRなのか一瞬よくわかないけど、ボディは大きめでちょっとジャガーXJ220のような趣で悪くない。

おそらく、すごく寝たサイドウィンドウは嵌め殺しで最後まで開閉できる機構ができなかったんじゃないかなぁと思う 笑

レースっぽい仕様も? (いいホイール履いているのはチェコになってからかな?)
b0058021_7374664.jpg


黒ボディの走行ビデオ。黒はおそらく最終型の3台目か?(ACなんかもついてるし)



エンジンルーム開けるシーンで確認できるけど、リアアクスルをV8エンジン下に配したRRのようだ。(ちょうどFerrariBBのような)
やはり基本は613のユニットをそのまま流用したんだろうね。

ホイールベースやコクピット配置からいえばリアアクスル前に縦置きで12気筒エンジンが楽に納まりそうな雰囲気だが、
こちらの試乗ビデオだとシートの後ろは広大なラゲッジスペースになっている(あと燃料タンクかな)



なにはともあれミニカーくらい出ないかな? KESとかマトリックスとかでね。
by coolys1 | 2014-08-31 08:48 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

大曲2014-2

花火のシーケンス

b0058021_22333452.jpg

b0058021_223336100.jpg

b0058021_22333822.jpg

b0058021_22334124.jpg

b0058021_2233435.jpg

b0058021_2233456.jpg

b0058021_22334774.jpg

b0058021_22334928.jpg

b0058021_22335130.jpg

b0058021_22335339.jpg



PENTAX Q7

08 WIDEZOOM LENS
by coolys1 | 2014-08-27 22:35 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(4)

大曲2014

“My God!It's full of stars!”


b0058021_8124144.jpg



Commander Dave Bowman


第88回全国花火競技大会 (秋田県大曲)
by coolys1 | 2014-08-25 08:13 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(2)

鋼の錬金術師その2

一方こちらは 日東科学の1/76 フルディテールM4シャーマン こちらも要修理状態です。
b0058021_23351587.jpg


車体周りの補修が済んだら、砲身の修復。
b0058021_2335172.jpg


なんとか修復し、コマンダーも満足かな?
b0058021_23352178.jpg


なんともな状態のM4シリーズの3両分のジャンクシャーシとボディ達、 右の105ミリ載せたプリーストをまずは救済です。
b0058021_23354943.jpg


当時の日東科学のキャタピラーは40年近い歳月を経て収縮・硬化・劣化が著しく、
最近のバラバラキャタピラキットの方がまだ潔いと思われる状態でした・・・
b0058021_2337652.jpg


組み合わせ使用するシャーシは、最終転輪とキャタピラは一部欠損してますので、ジャンクシャーシから部品取りして修復します。
b0058021_2339665.jpg

こちらです、起動輪が欠けてるので部品取りですね。どうもこちらが元々のプリーストのシャーシのようでした。
b0058021_2340523.jpg


プリースト独自のリアセクション等を交換し
b0058021_23433069.jpg

b0058021_23432652.jpg


なんとか形にしました。 日東のキャタピラは製作当時でも長さが短く、ステープラーでこんなに遊びを作っていたことが判明してます。
b0058021_23443716.jpg


そして完成!
b0058021_23445340.jpg


あと2つのシャーシから1両分を救い出すことにして、キャタピラを移植しますが、劣化・硬化が激しく苦戦が予想されます。
まずはステープラをニッパで切断。
b0058021_23461735.jpg


でもやっぱり割れてしまいました。(硬化したまま軌道輪に食い込んでいるから、外すのが難しいのです)
b0058021_23483546.jpg


なんとか救いだした 鋳造ボディのM4(日東科学)です 砲身に変なものが付いているのはご愛嬌ということで・・・
b0058021_23482854.jpg


M3~M4ファミリー大集合です。
b0058021_23495695.jpg


残ったジャンクボディ、 変な指揮戦車みたいなのは多分エアフィックス製のM4ですね(改造品)
b0058021_23505910.jpg


あまった部品は、アリゲーターの荷室にぶち込みましたとさ 笑
b0058021_23522092.jpg


ロコのG.M.C なんでかドイツ軍のマークついてますが、「ラットパトロール」の影響かなぁ
b0058021_23542781.jpg


同じロコのソフトスキン 手前のはオーストリアの車両かも?
b0058021_23562172.jpg



ミドリのT-55も転輪ピッチが間違っていましたので、修正
b0058021_23561699.jpg


とはいっても、クリップキットなのでばらして左右の転輪を入れ替えるだけですけどね!
b0058021_23565434.jpg



1/76戦車の中から出てきた1/35の独逸擲弾兵? 撃っている筈のMP-44が行方不明です。
b0058021_2359048.jpg



高校2年から3年にかけて嵌ったミリタリーですが、どうにもこういう戦争物っていうのに嫌気がさしたみたいで、
この後、ピッタリとやめてカーモデルへと収集が変わったのでした。

今見ると可愛い奴等でもありますが、正直なところ兵器もんはやはり気持ちがイマイチ荒みますね。
b0058021_012435.jpg

by coolys1 | 2014-08-23 18:32 | DUSTY TANK | Comments(2)

鋼の錬金術師その1

8月の暑い日 古い洋服箱を開けるとそこは・・・・・・
b0058021_23104519.jpg


40年近く前に作った1/87~1/76のプラモデル戦車の修繕を行うことにしました!

まずは、はるかブリッテンのエアフィックス社のチハ こんな状態になってました。
b0058021_23131931.jpg


転輪ももげてしまって、ひどい状態です。でもキャタピラは転輪を溶かさない後期エアフィックスタイプです。
b0058021_23132275.jpg


なんとか足回り関係を直したものの、砲塔は大半の部品が失われています。
b0058021_23132517.jpg


フジミの鉢巻チハと並べてみます。 鉢巻チハも砲塔部品の破損紛失が激しいですが、双方のデザインの考え方の違いが判って面白いですね。
b0058021_23143526.jpg


なぜか余っていたフジミの新砲塔を載っけてみて、まぁ一番納めやすい組み合わせかなと納得。フジミは思い切って指揮戦車にするかぁ?
b0058021_23143829.jpg


一方こちらはなぞの組み合わせ!? 迷彩の施されているシャーシに未塗装のホニの上物、ナンデダロウ?
b0058021_23182290.jpg


おそらく長谷川の1/72の航空機アクセサリーの車両を改造したトラックもあったりして・・・
b0058021_23195131.jpg


続く
by coolys1 | 2014-08-21 23:29 | DUSTY TANK | Comments(0)

夏の鉄分補給

ほぼ一週間 鉄の旅にお付き合いいただきありがとうございました。 旅先での門司の博物館、ものすごく安い入館料とウラハラに楽しいひとときでした。

鉄系では、ずっと非鉄三原則(撮らない乗らない集めない)を貫いてきた私でさえ楽しめましたからね・・・・やはりホンマモンはすごい。

こちらは屋外展示の岡の上にある博物館本館(旧国鉄の施設の流用のようです)で迎えてくれた旧客車
b0058021_2142088.jpg

b0058021_2142289.jpg

BOXシートは畳(うすべり)敷のようです。*旅客室には荷物棚が存在しない!
b0058021_2142463.jpg


唐津製の駅弁のコレクション 凝ってました。
b0058021_2141813.jpg


お茶のコレクション 歴代でいえば塩ビの奴がお茶が薄くてビニールの出汁が効いて一番まずかったよね(笑
b0058021_2141621.jpg


二階の展示室も良かったです。
b0058021_2142866.jpg


二階で最も気にいった展示物はやはりEF30の写真。 左側はさよなら運転時の時のようだが、
右側は公式写真だろうか? 当時の未来感あふれる素晴らしい写真に思えました。。。。。
b0058021_2127285.jpg




ではまた

b0058021_21292654.jpg





THANKS mr.MZ
by coolys1 | 2014-08-19 21:34 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

運転席は男の遊園地!?

博物館入り口に鎮座する 兜焼き でなくて運転席。 いや生首っぽくも見えます。

b0058021_19384137.jpg


一番右側のEF30の運転席
b0058021_19395294.jpg

b0058021_19395485.jpg



貫通扉のないED71
b0058021_19411266.jpg


ED71運転席内の配電盤 もしやと思って取手をひねると開いちゃいました!
b0058021_1941143.jpg


EF30とED75の運転席では共通点がありまして、、、 それは私の体格だと運転席に座れなかったということ!
なんと席に着きたくても脚が入らないのです。 運転手って小柄限定だったのかなぁ 当時は


一方 一段高い処に位置する481系電車の運転席
b0058021_1945116.jpg


上がってしまえば、まぁなんとか居られる感じですね。
b0058021_19451438.jpg


こちらは1両保管のキハ07
b0058021_19474243.jpg


(当時)流線型の運転席が新鮮!
b0058021_19473929.jpg

b0058021_19474540.jpg


クロスとベンチの混合の客席は木主流の作りで全体的に柔らかい雰囲気でしたね。
b0058021_19474929.jpg



豊後森 なんて素敵な駅名でしょうか。
b0058021_19475273.jpg

by coolys1 | 2014-08-17 19:53 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

D&C

9600型 昔々、実家の横に住んでいたオバサンに似ていると実兄が言っていたのを門司で思い出し、再検証。

うんたしかに今でも似ていると思う

b0058021_20153544.jpg


小さく可愛い4軸動輪達
b0058021_20153737.jpg


このキャブ周りの造作がオバサンの雰囲気なんだよなぁ たしか。
b0058021_20154314.jpg


運転席は意外に狭いけど、窓が大きいので開放感が抜群だなぁ
b0058021_20154650.jpg


一方コチラはC59
b0058021_20154979.jpg


ダイナミック。
ピッカピッカなのはビックリ まるで動態保存かと思わせたけど、撮り鉄の油さん曰く「磨きすぎ」だとか
b0058021_2015531.jpg


重労働のキャブ。炊き口の上にあるのは、弁当温めテーブルでしょうか?
b0058021_20155555.jpg

by coolys1 | 2014-08-16 20:27 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(2)

電関=関電

クラシック
b0058021_20382430.jpg


クラシックのクラシック
b0058021_20382663.jpg

by coolys1 | 2014-08-15 20:40 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

特急電車のかたち

にちりん

この型の特急電車に初めてのったのは、もちろん東海道ではなくて、上京し仕事を始めたころの東北出張での「ひばり」でした。

b0058021_17432823.jpg


今見るとビジネスライクな室内
b0058021_17433077.jpg


結構重量級のシートですね。身体を支えるシート部分は逆に貧弱に見えるというか、実際やや貧弱ですね。
b0058021_17433394.jpg


鏡に映る冷水機
b0058021_17433516.jpg


2週間に及ぶ仙台出張から帰るときは途中で食堂車で昼食を取った覚えがありますが、ここでは581が繋がりそうになってました・・・・
b0058021_17434185.jpg



そしてこの型の特急電車に最後にのったのはいつだったか? 80年代に秋田にむかう田沢湖線の3両編成のL特急だったか?

昔から知っている割に、実際には縁の薄い151/181系だったんだなぁ。
by coolys1 | 2014-08-14 18:04 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)