<   2015年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

笠と蓑の行方

バレット君の後ろに掛かる笠と蓑、 横にはなぜかスプレーガンが!?

実は政造と描かれたこの笠は、ハイカラ釣り師「村正」のオフィシャルコスチュームでした! 蓑も梅雨時に活躍する合羽となるそうです。(濡れない蒸れない)

b0058021_12253044.jpg



その村正氏の現在の愛車。
b0058021_12254778.jpg


鉄舟の側車

b0058021_12255386.jpg


これは、、ノーコメント 笑
b0058021_12255664.jpg


狭いながら魔窟の車庫。 
そのルーツは50年ほど前に亡父が日曜大工で造った自転車小屋で、最初に納められた鉄輪はたしか不動のCB72だったかなぁ。
b0058021_12254333.jpg


その車庫の30年前の写真がこれ 84年に私がGUZZIで帰郷した時の光景。 奥にドニエプルMT-1が鎮座してますから、村正氏、当時から側車好きだったのですね~。

b0058021_1226418.jpg



当時の村正氏のGUZZIへの印象はモダンで”大変乗りやすい!” でした。 まぁ同じシャフトドライブでもドニエプルMT-1から比べるとGUZZIは真っ当なBIKEですよね。

右端のサンダル替りの紅いベルーガは、スタイルは好きだったけど 走りがタルかったなぁ。。
by coolys1 | 2015-01-31 12:56 | Rider kick!!! | Comments(0)

バレット君 2015

しばらく見ないうちに甥っ子のRE”バレット君”が進化してました。

二十代の甥っ子のカスタムの方向性は我々の世代の頃の憧れモディファイだなぁ こりゃ参った 笑

b0058021_2237521.jpg


それにしてもこのスワローバーはダウンがキツイ! 「トマゼリ製か?」と思わず尋ねてしまったが、そんな訳ないか。

b0058021_22375551.jpg


うーんこれはまさしくカフェレーサーポジションと、またがってみる(整備)不良親爺 悦入り之図。 
b0058021_22375911.jpg



後ろに見える謎の「蓑」と「笠」はもちろんライダーファッションでありません。
by coolys1 | 2015-01-27 22:47 | Rider kick!!! | Comments(2)

イタリア人のデザイン

休日の甲州街道で久しぶりにお目にかかったMGB-GT。 
美しい赤塗装と端正なデザインは330GTCあたりのFerrariを彷彿させるが、なるほどこのGTはピニンファリーナのデザインであった。
初老のオーナーも渋い! というか今日のニューイヤーミーティングの帰り道なのか もしや

b0058021_22412527.jpg


老後にこれのV8があればあとはなにも要らないのではないだろうか・・・・・


初台のムルティプラ あらゆる面で非凡なクルマなのだが、乗る人が世間を気にするならば絶対買えない。

b0058021_22412767.jpg


本日は、妙にしっくりというかすんなりと視線に嵌った。 やっと俺もオトナになったということか・・・・・



本日のこの2台 非凡な休日をあたえてくれてありがとう。 *水道道路をかっ飛ばす現行のギブリより素敵でしたぜ。
by coolys1 | 2015-01-25 22:54 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

ぶらりひとりでランチ

天気のいい日はコンデジ持って、遅めのLunch 大門と三田の境を行ったり来たり。

前から気になっていた、麻布ラーメンとかすうどん屋に挟まれたロティサリーチキンの専門店。同僚から凄く旨いぞ!と聞いたもんだからもう堪らない。

いつもランチ時はTAKEOUTで混み合っているので13時頃に入店、狭いけど清潔な店内。

b0058021_11162562.jpg


初めてなので量がわからず逡巡した上で頼んだのはクォーターのチキングリルプレート。
ロティサリーチキンは専用ロースターで丸ごとローストしているのだけど、滴り落ちた油で同時にローストされるポテトもサーブされ、それがまた旨いのだ。

b0058021_11162838.jpg


はたして 1/4で十二分にお腹いっぱい! 後で来た若者がハーフプレート頼んでいたけど、やはりこの倍の量は凄いというか。。。。

余分な油がおちてパリパリの皮が魅力。 一方中の肉はジューシーで確かに「旨い!!」 いやこれはちょっとやみつきになりそうなくらい。

b0058021_11163027.jpg


フォークとナイフで上品に食べてたが、最後は当然ながら手づかみでワッショイ!(だからおしぼりが取り放題でおいてあるのだ) 
色々なハーブと柑橘系が効いた味は癖になりそう。人によっては塩味が気になるかもしれないけど、KFCなんかと比べるとかなり優しい味付。(比べてはいけないのだが)

ランチプレートはライスかトーストが選べるが、サラダもあるし味付けの按配もトーストのほうがより相性がいいみたい。

一間半あまりの間口のファサード。もちろん中もそのままの間口で続くのだ。

b0058021_11162617.jpg



三田 ファーマーズキッチン  Quarter Chicken Plat ¥800(税込)




第一京浜沿いも建物が随分と建て替わっているんだが、こんな路地も残る。

b0058021_11163284.jpg


いつ通りかかっても やっているのかいないのか判らないインドカレー店。 
そもそもどこが入り口かすら不明。電気は着いているようだが人影なし。排気口から臭いもしない・・・・

b0058021_11163454.jpg


東海道線、京浜東北線、山手線に新幹線。おまけにモノレールと続くガード下、通行中に運が悪いと難聴レベルの騒音に悩まされるのだ。

b0058021_11163656.jpg


近辺では大型開発の高層マンション(高級賃貸か?) この煙草屋にまだ電話は置いてあるのだろうか?

b0058021_11163825.jpg


それにしてもかなり凝った看板建築なのだった。

b0058021_11164095.jpg

by coolys1 | 2015-01-24 11:51 | Lunch time trip | Comments(0)

ぶらりふたりでランチ 高知編

法事の後、通りかかった高知城の西の上町で見つけた「丸池」  聞けば鯖の姿寿司の銘店であるという。

でも惹かれたのは暖簾の「うどん」の文字です。 そこで無理言って 実兄と次の日のお昼ごはんにとに訪れました。

b0058021_21373954.jpg


でも入って真っ先に頼んだのは、バッテラ。 基本持ち帰り用なのでパックで出されます・・・¥300

b0058021_21374314.jpg


お次は、鯖寿司 こちらは五貫で¥250  *この日の名物鯖姿寿司は¥1200でしたが、唯一あった残り一つもあっという間に売れてしまいました。

この鯖寿司、実に美味かったのでお土産にも作ってもらった!

b0058021_21374562.jpg


メインのきつねうどんが来ました!きつねの刻みが大振りなのがいいですね。 ピンクの蒲鉾は高知で言う「スマキ」です。葱は意外に細い!? ¥400

b0058021_21374141.jpg



さて そのお目当ての「うどん」の味は!? というと

↓ これですね。 高知もいまや市内市外問わず、うどん店は讃岐式が主流でこんな昔風の関西風を食べられる店は逆に貴重なのです。

b0058021_21374872.jpg



実は店内のお客さんで私が最年少だったんですよ。 ここは近所のお婆ちゃん達が世間話のついでにうどんを食べるような・・・

あるいは近所の年配の仕事人が、お昼にストイックに寿司パックとうどんをモクモクと食べるような「ソソルフード」なお店なのでした。


丸池を出て 実兄がプラカラーを買うというので、上町に移転したという世界に名だたるヨシオカモデルファクトリーに・・・

b0058021_22204310.jpg


えっ! ちょっとこれが模型店とは思えませんよね!? 1Fのパーキングに車停めてエレベーターで売り場ですよ!
我々兄弟の模型歴史にとって、間違っても足を向けて眠れない?ヨシオカですが、今やこんな立派なお店です。


そのヨシオカで実兄と別れた後、近辺を散策。 高知屈指?のラーメンチェーン「豚太郎」。懐かしいけど まぁ今も昔もたいして旨かぁないとは思います。

b0058021_22234168.jpg


小さい頃、病院通いでよく訪れた枡形商店街(城の裏門に面しているので枡形なんだろうと思います)

b0058021_22233438.jpg


市内とはいえ、昼下がりの古臭い商店街は、ひっそり閑で・・・・

b0058021_22233833.jpg


空に抜けるような電車通りも人通りが少なく 伽藍としてました。

b0058021_22233638.jpg


ああ このまま土電にのって東の方に行ってもいいかなぁ・・・・・

b0058021_22234397.jpg

by coolys1 | 2015-01-21 22:47 | Lunch time trip | Comments(2)

愛妻と・・・・・

想像以上に凄かった! それは愛妻との一夜

じゃないや ”アイサイト”

村正氏が主力機をレガシーWGからレヴォーグにしたのは知っていましたが、今回運転してビックリ。

空いたトンネル混じりの田舎道で「前車追従モード」で全く両足フリーになるとは想定外。 注1

しかもトンネル出口の信号に掛かると自動的に停止。。。。いやはや恐るべしカラー認識ステレオカメラとその制御アルゴリズム。 注2

b0058021_015717.jpg


ちなみにこいつはテンロクターボですが、 アイサイトの前車追従モードでL/17km以上記録したとか。。それも恐るべし

注1:この運転方法は一般道では推奨されておりません。

注2:前車が古い6V系の英車等のブレーキランプなどではさすがのアイサイトも認識不能かも?



PS その実家、 事情によりこんなクルマも仲間になりそうで、、、、

こちらもテンロクですが、自然吸気の16バルブの6MTで、こりゃ帰郷する楽しみがまた増えるかな。

b0058021_011153.jpg

by coolys1 | 2015-01-20 00:17 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(2)

The River Knows Your Name 2014-4

地元では寒い一日 東京から下るとほのぼの温かい午後。

b0058021_1754426.jpg


くるまが通らないので自転車天国だけど 昨年の台風では橋桁の下のほうまで目一杯水没していた部分である
b0058021_1754213.jpg


b0058021_1753830.jpg



06TeleZoom
by coolys1 | 2015-01-18 17:10 | 土佐日記 | Comments(0)

The River Knows Your Name 2014-3

b0058021_112322.jpg


b0058021_112764.jpg


b0058021_1121425.jpg

by coolys1 | 2015-01-17 11:02 | 土佐日記 | Comments(0)

The River Knows Your Name 2014-2

鏡川 柳原橋近辺

b0058021_23155198.jpg



b0058021_23155716.jpg


神田川(こちらの場合、こうだがわと読む)との合流点
b0058021_23161126.jpg


06Telezoom
by coolys1 | 2015-01-15 23:19 | 土佐日記 | Comments(3)

The River Knows Your Name 2014

唐人町の先は鏡川

b0058021_21481567.jpg


b0058021_21481775.jpg


b0058021_21481974.jpg


b0058021_21482163.jpg



06Tele Zoom
by coolys1 | 2015-01-14 21:50 | 土佐日記 | Comments(2)