<   2015年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ショート&ナローな時間

目黒は祐天寺のギャラリーバー「ペーパープール」でロング&メローな会話で酩酊していたら、深夜にナローが迎えに来てくれました。

b0058021_22283355.jpg


ブルブルブル。。 こっちはぐるぐる?

b0058021_22281960.jpg



どうもありがとう! それにしてもよく俺を詰め込めてたなぁ~ 可愛いelx君

b0058021_22285160.jpg

by coolys1 | 2015-02-26 22:35 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

1/4スケールのPIZZAは、まるでわんこ蕎麦のよう。

PIZZAは好きだけど 家で好きなだけ食べたい とか ドゥを大きく丸くするのが難しいとか 難問が多いのも事実。

そこで ピザのスケールモデルを作ることにしました! 試作品はこんな感じで直径4インチくらい

b0058021_22383829.jpg


それでも家の小型オーブントースターでは、たったの二枚しか焼けないので
b0058021_22385120.jpg



三菱の新丸子工場
みたいに、じゃんじゃん作らないと間に合いません!
b0058021_22384763.jpg



なんというか ”逆”わんこそば状態で、需要に供給がまったく間に合いませんがぁ・・・自分殆ど呑み喰い出来ずで 笑
b0058021_2239028.jpg


でも焼けると いっぱしに美味そうです。

b0058021_22391337.jpg


バジル後載せで 頂きます。

b0058021_22393437.jpg


 


ところで食べても食べても PIZZA生地はいくらでもあります。 

なぜなら餃子の皮だから!



b0058021_22382926.jpg





PS 昨夜は最近 三田でハマっているロティサリーチキンを1.5羽 TAKEOUTして、頂きました。 家族にも大好評でよかったよかった。

b0058021_22515254.jpg


チキンはCUTしてもらい 家のパンでポテトと一緒に少し温めましたね。(写真で半量くらい)

Farmer's Chicken
by coolys1 | 2015-02-22 23:03 | Dinner rush | Comments(0)

GAS STOVE更新

調子が悪くなったキッチンのガステーブルを更新してもらいました。

もう4つ口とかないので、標準的な3つ口(左高火力バーナー)  ショット社のガラス天板。
以前ついていたオーブン部分は、今回当然付けて貰えず、そのかわりグリルを付けて貰いました。まぁ普段使いにはグリルのほうが圧倒的に楽ちんだけど

b0058021_2282491.jpg



温度センサーは安全だけど、不便な時も。。。 センサー利用した湯沸かしモードは楽ちんかも。


ちなみに昔のはこれね。 4つ口は格好いいけど使い勝手はイマイチでしたね。 
でもフォトジェニックなのは30年物のこっち。 ホーロー天板とハードクロームメッキのバーナー部が見せる花火は今も美しいとは思う。

b0058021_22112316.jpg

by coolys1 | 2015-02-18 22:15 | GAS STOVE | Comments(0)

ブーメラン

実家から入れ物替りに持ってきた レベルのコルセアの箱に入っていたAIRFIXのブーメラン。

b0058021_10291370.jpg



CA12/13 ってカーチスのコピーだと勝手に思い込んでいたけど、実はオーストラリあが日本軍の進行に慌てて造ったオリジナル機体だったんね。

いわゆるテキサンのライセンスを持っていた同国がその機体を急遽、戦闘機(攻撃機)に仕立てあげたってことは、この翼型をみて納得。

AIRFIXの箱絵では、なにやら日本軍を地上攻撃している様子で八九式戦車らしき戦闘車両も描いている。

実機も日本軍機との空戦はなく、殆ど地上攻撃に使われたとのことだから、箱絵は正しいわけだ。

ブサイクちゃんだけど20ミリ砲もつむ凄い兄ちゃんだね ブーメラン。
by coolys1 | 2015-02-14 10:36 | プラモデル | Comments(0)

MC FLEKTGON 35/2.4のメンテンナス2015

一度事情により手放した MCフレクトゴン35/2.4。 

やはりよく写る万能レンズとしてまた欲しくなってしまい、昨年知人に譲って頂いたのだが、年明けに見たら絞りが粘っていました。

b0058021_11827100.jpg



やはり 持病なんですね。

幸い2006年にメンテナンスしたブログ記事があったので、まぁチャッチャと簡単にできるなぁと晩飯前に始めたのですが。。。

なんとお約束のネジ6本外しても ヘリコイドから光学ユニットが外れません! あれ~オカシイな??

そこで他の人の分解記事なんかも検索してみると、鏡筒先端部に固定用イモネジがあることが判明。

なんだ そうだぁと自分のレンズを見ると そのイモネジは存在しませんでした。 泣

こうなったら、最後の手段と前側の銘板部を取り外し(タクマーレンズなんかでよくあるタイプです)

b0058021_1185013.jpg


勘は的中! 前から前群ユニットを外したら 残りは後ろへすっぽり抜けました!

b0058021_1183027.jpg


後群も外して 絞りユニットのみに。 粘った絞りは開放状態で固着中。

b0058021_1183392.jpg



例によってホワイトガソリン(注-1)で洗浄し、やっと動くようになった絞り羽根。前群側から 樹脂製の絞り用カムリングが見えます。
b0058021_1183819.jpg


後群から、この光沢のある絞り羽根がいいほうへ仕事すると、あの濃厚な模写が生まれる? 日本の絞り羽根とは考え方が違うんですねぇ。
b0058021_1183637.jpg


前群ユニットを組み込んでチェック
b0058021_118419.jpg


後群ユニットも組み込んでチェック バネの付いているロッカーアームは樹脂なので、慎重に扱わないと壊れそうです。

b0058021_1184390.jpg


さて そんな樹脂部品が重なる絞り制御部を慎重に合わせながら裏蓋を組み込んで
b0058021_1184654.jpg


AUTO絞りピンの作動を確認してやっと完成宣言です。 
b0058021_1184868.jpg


慣れている筈で、10分程度で終わるはずが1時間掛かりました~ 汗  

テスト撮影

フレクトゴンに限らず、この頃のC.Z.Jのレンズは実際、撮影時も絞り環をゆったりと回転させないと、内部の樹脂部品には苦痛なのかも。 

まぁとにかく華奢なんですねこの辺りが・・・・・
b0058021_1185213.jpg



ということで 思わぬことで色々と勉強になった今回の修理で得たものは、、、、?

MCフレクトゴンMC35/2.4でも構造に違いが3つあったということ。

1.ビス6本で光学ユニットが後ろ側へスポッリスンナリ抜ける奴 (昔所有していた個体 参考Sr№10144695 )

2.先端側から前群ユニットをまず外さないと後ろへ抜けない奴(今回の個体ね 参考Sr№10835104)

3.リンク先の鏡筒先端のイモネジを外すタイプはいわゆる後期型の出目金でしたね。


シリアルナンバー通りならば今回の個体は1番の以前の個体よりも後に作られていた可能性が高いので
やはりなにか改良の後でしょうか?


さて 実はMCフレクトゴン35/2.4、もう一本絞りが粘っているのがあります。 

前回2006年に完全分解ならず後群ユニットのみ外して絞りメンテした。PRAKTICAR35/2.4です!

こちらは、出目金タイプなので、もしや鏡筒先端にイモネジあったかなぁ?と見なおしてみましたが、はやり無いですね~。 まったくもう!

Bマウントの切り札ボディとしてSONY α7 導入の際には、腰を据えてメンテナンスしないといけませんがね・・・・・・



しばらく使っていない 6*6用のMC FLEKTOGON50/4。 これも粘ってなければいいのですが、、、(怖くて確認していない)


b0058021_11391980.jpg






注-1


ホワイトガソリンによる洗浄は強力な油分除去と速い乾燥で金属絞り羽根自身の清掃には実に良いように感じますが、
古く劣化気味の樹脂部品に与える影響が未知数なので、あえてオススメはいたしません。 
どうかこの記事を鵜呑みにして安易にお使いにならないよう その点重々にご注意くださいませ。

by coolys1 | 2015-02-11 12:05 | 写真機邪道 | Comments(4)

せんだんの木の下で2015-2

せんだんの木が生える「柳原橋」の東側で茶トラ発見! 

b0058021_17544474.jpg


この子はシャイネスガールだったからか この後すぐ逃げた。 

そこで様子を伺いながら待つことしばし、茶トラ、お気に入りの場所にちゃんと戻ってきていた。(しても見事な迷彩)

b0058021_17544939.jpg


あっ見っかった。。
b0058021_17544647.jpg



それでもカメラを構えずに最低限の警戒・離脱範囲を超えないように近づいて・・・
b0058021_17545289.jpg


ズームでパチリ!
b0058021_17545717.jpg



美人のランゲでした。


Q7
06TELEZOOM

小さいシステムはこういう時にいいなぁと
by coolys1 | 2015-02-08 18:03 | クルツとランゲ | Comments(0)

せんだんの木の下で2015

高知は川の周りにせんだんの木が多い気がする?

b0058021_1027223.jpg



2006年はワンちゃんだったけど

オッ 発見!
b0058021_1027551.jpg


あちらもこちらを見つけたのか、寄ってくる
b0058021_1027720.jpg


くるくる
b0058021_1027990.jpg


うっひょう! ちょっと小太りの別嬪さん!
b0058021_10271165.jpg


場所を変えたらまた寄ってきた
b0058021_1027147.jpg


いい毛並みねぇ ちょっとランゲ。
b0058021_10271629.jpg


じゃぁな って
b0058021_1027186.jpg


へいへい 達者でな。
b0058021_10272054.jpg

by coolys1 | 2015-02-07 10:32 | クルツとランゲ | Comments(2)

Kei-4 Work & rest 2015

横切るランゲ

b0058021_21531499.jpg




Q7

06TELEZOOM
by coolys1 | 2015-02-05 21:54 | Kei-4 | Comments(0)

グランド通りの謎

高知にいた時はグランド通りでまったく違和感なかった。 なので英語ではGrand Avenueというべきか。 
でも冷静に考えると 高知のここはGrandというかGroundじゃないかと今は思う。

もちろんグランドキャバレーがあるわけじゃない。 グランドホテルはあったかな?(でも街が違うかも)

電車通りと平行する鏡川の対岸には競技場や野球場があって、そこに行く一本の道があるから、多分その道がグラウンド通りなのかも。

つまり グラウンド鈍ってグランドなのかな。

b0058021_2281171.jpg


北側にある古い医者のビル
b0058021_22182282.jpg


川の袂にある古い神社
b0058021_2291098.jpg


本町というのは、東京山の手では下町のイメージが強いのだが、高知ではどうなんだろう? 今は高知のほうが街の謎が多いのだな。
b0058021_22102831.jpg

by coolys1 | 2015-02-03 22:20 | 土佐日記 | Comments(0)

北渋谷のカーネギーホール

先週 夕方に水道道路を歩いていて見つけた居酒屋。 昨年暮れに新規OPENしたもよう。 なんだか面白いファサード

b0058021_21114361.jpg


家からごく近いのでエムリコ連れて寒い北風が吹く中行ってみることに  それでも寒い凍りそうな月!

b0058021_21122543.jpg


特徴ある入口ドアに象徴されるのは はたして・・・・
b0058021_21122726.jpg


そうここは、葱に特化した居酒屋だったのです! メニューは葱料理のオンパレード

b0058021_21153399.jpg


こんなのも
b0058021_21153641.jpg


箸置きも
b0058021_21174366.jpg


お通しから葱。 これは茨城のブランド葱で葱オイルと塩で頂きます。
b0058021_21175927.jpg


蒸鶏と焦がし葱のバンバンジーとクリームチーズの葱味噌漬。 
b0058021_2118778.jpg

b0058021_21181031.jpg


葱に隠れたつゆだく塩角煮←←メニューより
b0058021_21235845.jpg


フライドポテトの葱ディップ! *葱と大葉のMIXディップでいけます
b0058021_212527100.jpg


エムリコの頼んだ、ネギハイボール  どうやらウィスキーにネギを漬け込んでいるようです。 ついでにネギもマドラーでついてきます。
b0058021_21274075.jpg


〆はネギージョ(ネギとキノコのアヒージョですね) 焼きネギがオリーブオイルと絡まり至極の一品でした。
b0058021_21275163.jpg



いやー すべてネギ尽くし! 葱好きのエムリコも大満足の様子。

しかも こんな若い女性二人がやっているのですね! 北渋谷にまた嬉しいお店ができたのでした。
b0058021_2132232.jpg



ネギッチン negi negi


ちなみにお隣は謎のBAR ニューマタンゴだったのでした。。。。

b0058021_21362696.jpg






Q7
by coolys1 | 2015-02-01 21:43 | 北渋谷の味わい | Comments(2)