<   2015年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

斜光のまちをあるく-1

境港駅へ向かう西向きの生活道路
b0058021_22253739.jpg

b0058021_22254092.jpg

砂洲の町なので、海抜は3mあるかないか。フラットな路地が続く。
b0058021_22254433.jpg

b0058021_2323345.jpg


b0058021_22362665.jpg

b0058021_22361854.jpg

この日は、町内で一斉のドブ浚いの日だった模様。
b0058021_22365762.jpg


固定されたブランコ
b0058021_232245.jpg

ひととき愛犬と愉しむ老いた背中
b0058021_2323084.jpg



PENTAX Q7
06 TELEZOOM
by coolys1 | 2015-07-30 22:39 | 地方出張の果は | Comments(0)

エリーゼのために

FA*85/1.4とK5IIsを持ちだしました。

b0058021_23231799.jpg



というのは大袈裟で 偶然通りがかりを撮っただけですけどね。  

甲州街道 幡ヶ谷付近にて
by coolys1 | 2015-07-27 23:25 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

Kei-4 Work & rest at Sakaiminato

b0058021_93380.jpg


b0058021_931310.jpg


b0058021_93811.jpg


kawasaki !?
b0058021_9310100.jpg

by coolys1 | 2015-07-25 09:05 | Kei-4 | Comments(4)

港のクルマ

港にはクルマもいつの間にかながれつくようです。。。
b0058021_739994.jpg


ちょっと珍しい ユーノス800
b0058021_7391237.jpg


この2台はもう帰る先をうしなってしまったようですが。

こちらは現役の でもちょっと古いWILL 綺麗に乗られてます。
b0058021_7393319.jpg

by coolys1 | 2015-07-21 07:43 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

午後の妄想セダン

うちの近所の水道道路(通称) で目撃

b0058021_17445234.jpg


ここには、幡ヶ谷屈指のパティスリーCoNCeNTがあるのだけど、バスを待っていたら、、、

b0058021_17445533.jpg


初老の女性が、CoNCeNTから出てきて、乗り込み颯爽と走り去っていきました。 

b0058021_17445761.jpg


旦那様の愛車でしょうかね。 きっと乗りづらいんだろうな本当は? いやいやそんな想像とは実は正反対でご自分の愛車だったりして?

バンパーレスのジュリアと初老の女性。 こんな謎の関係は、午後の妄想にはうってつけ!




PENTAX Q7
01LENS
by coolys1 | 2015-07-19 17:55 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

正平さんが渡れなかった橋

いやー これは私も無理!!

b0058021_11212626.jpg


物凄い高度感ですね。 これは恐怖症というより自転車で渡るのは厳しいよね(風とか強いと特にね)
b0058021_11212968.jpg


夕日にきらめく夢の橋、実際これ出来て凄く便利になった筈でしょう。
b0058021_11213190.jpg

b0058021_11213440.jpg


橋の西、島根半島に沈む夕景。そう橋を渡れば島根県なんですね。
b0058021_11214445.jpg


鉄と木のコントラスト
b0058021_11214667.jpg

b0058021_11215019.jpg


橋というのは、当たり前すぎて見落としがちですが、文明の大きな変更要素なんですね。もちろんそれは鉄道より以前も。

リンクを貼っておきますので、どうかこちらもごらんください。「霊岸島高橋の景」


実は、この橋の下をくぐれば、境港の魚市場にいけるのですが、もう今日の私には時間が許されないのでした。 仕方なく駅まで引き返します。

b0058021_11215324.jpg



PENTAX Q7
06TELEZOOM
by coolys1 | 2015-07-12 11:38 | 地方出張の果は | Comments(4)

港のディティール-2

煙突もじっくり見ると面白いディテールがありますね。 これはわざわざ切り抜き文字を浮かせてつけてあります。

b0058021_18155145.jpg


こちらは描き文字ですが 消火用の箱の表示が興味深い
b0058021_18154824.jpg


で、こっちが 本場イカ釣り漁船ですね。 夕方飛行機で美保関のほうを通過すると岬の沖合に何隻が出漁しているのがよく見えました。
b0058021_18155615.jpg


キモの集魚(烏賊)灯
b0058021_1816299.jpg

この日はひっそりとした船上です。
b0058021_1816810.jpg


そして海のガソリンスタンド船
b0058021_18162065.jpg


日暮れてきたなぁと思ったら?
b0058021_18162997.jpg


船内時計では、もう18:00に近づいていました! でもやはり西日本は陽が長くていいね。
b0058021_18163411.jpg


そして給油船の東に気になる橋が・・・・・ あれはたしか?
b0058021_18163884.jpg



PENTAX Q7
06TELEZOOM

運命の橋へと続くのだ。
by coolys1 | 2015-07-09 12:15 | 地方出張の果は | Comments(0)

港のディティール-1

これも 凄いバウをもった漁船 これは結構最新の漁船なのかも知れないなぁ。
(船名で調べたら2013年新造の巻網漁船なんですね。 19tらしい)

こいうのが見たくてきたのですよ はるばる。

b0058021_16131775.jpg


独特の形状の船型ですね。
b0058021_16132110.jpg


メインキャビン
b0058021_16133014.jpg


集魚灯はキセノンランプなのか?
b0058021_16133555.jpg



これ 十年式十二糎高角単装砲じゃぁありません。 
b0058021_16162415.jpg


このローラーの付いたアームのヘッドユニットの旋回体ですね。
b0058021_16164658.jpg

ロープローラー? 特殊な模様というか やはり巻網の絡まり防止なのかな? 
b0058021_16164495.jpg


しかし一休みのようですね。  この時間に人気がないのは、本日は休漁なのでしょうか?
b0058021_16164821.jpg




PENTAX Q7
06TELEZOOM
by coolys1 | 2015-07-07 12:00 | 地方出張の果は | Comments(0)

境港の港に行く

続きです。

境港といえば、鬼太郎ロードですが、私の真の目的はここではありません。 

なので通行人には目もくれずに 暮れ始める港へ一気に向かいました。

b0058021_12193335.jpg



この写真を撮った一月後、つまり先週の終わりにここに16万トンの豪華客船がついたようですね。
(この岸壁かどうかは不明ですが)
b0058021_12193659.jpg


b0058021_12193888.jpg


立派なバウをもった漁船? マグロ用?
b0058021_12194449.jpg

b0058021_12194780.jpg


夕方の港は人も少なく閑としてました。
b0058021_1219498.jpg

b0058021_12195214.jpg

b0058021_12195467.jpg


港にありました。
b0058021_1223416.jpg



PENTAX Q7
06TELEZOOM
by coolys1 | 2015-07-05 12:35 | 地方出張の果は | Comments(0)

境港へ行く

土曜日の出張業務が午後終わり、15:30頃に米子駅まで戻る。 
さて最終のANA米子-羽田便(20:50発なのだ)まで時間があるので、念願の境港に行くことに!

でも米子駅に行ったものの、0番ホームから出る境港線 境港行き15:26発はさきほど出たばかり、、、
一時間に一本なので、さて次の16:29発の奴に乗るのもちょっと辛いなぁ

ということで、地元日の丸自動車の路線バスの境港行きに乗ることになりました! 
こちらは米子駅前16:00発なのでそれでも30分ほど暇つぶしをば、念願の扇形機関庫を見にいきますが、、、やはりうまく見えませんね。

JR線を超える県道の高架橋からやっと見える手前の波型スレートの建物がそれですが、さすがに往年の面影も薄く色気無しですね。
b0058021_125276.jpg

転車機横のDE10 扇形機関庫はDEやキハの巣窟となっています。
b0058021_11575988.jpg


てなことで、路線バスの旅に・・・ 始発なので整理券はないですね。 ちなみにこの路線は、前乗りでしたので東京での乗車感覚と近い。
b0058021_1158227.jpg


米子から境港までの砂洲で出来たフラットな大地の県道をひたすら走るバス。 生活路線なので停留所も多いです。
b0058021_115842.jpg

どんどん跳ね上がる乗車賃表。 終点境港まで一体いくら掛かる? それにしても途中の停留所、○○農協前っていうのがやたら多かったなぁ。
b0058021_1158773.jpg


ほのぼのとした景色と砂地で作られている?葱畑を見つつ揺られて45分。 やっと終点とうちゃこ! 
料金は650円でした。 JR境港線だったら¥320ですから、バスは高いね。 でも所要時間は変わらないから、やっぱりバスで来て正解ちゅう訳です。
b0058021_11581490.jpg

(ちなみに土曜日なのにバスに乗ってる観光客は僕とあと二人くらいだったかな? 他の乗客はみな生活者でした)

出迎えてくれた立派な駅舎。 と思いきや駅舎は別だったみたい。
b0058021_11581044.jpg


こちらも駅前で出迎えてくれたブロンズ像達。 水木ファミリーは当然として、やっぱりこちらは「ヤマタノオロチ」だよねぇ。
b0058021_11582733.jpg


ということで17:00前についた境港ははてさてどう? 続くのだ。





PENTAX Q7
08WIDEZOOM
06TELEZOOM
by coolys1 | 2015-07-04 12:28 | 地方出張の果は | Comments(0)