「ほっ」と。キャンペーン

Where do you going ?

皆様 本年もありがとうございました。 
昨今、筆者の活動形態がSNS(FB)に移ってしまいブログの更新が途切れがちになりすいませんでした。
それでもこちらにはこちらの良さがありますので続けます。(というかFBは落書き感覚なので)

さて初冬の午後、桟橋通りで誰もいない590型に乗る筆者(と貴方)は一体どこを目指すのか? その先は天国か地獄か?



b0058021_8532339.jpg

b0058021_8532332.jpg

b0058021_8532448.jpg

b0058021_8532470.jpg


来年は2日より営業いたします。
# by coolys1 | 2016-12-31 08:57 | 休憩中 | Comments(1)

念願の物を入手。

土佐の日曜市にて、悲願の逸品をやっと入手できました!

燗銅壺と言われる 炭を熱源とする昔々の行楽用の屋外酒お燗焜炉です。

売り主の骨董屋の親爺と粘って交渉して少し安くしてもらいました!

b0058021_21194480.jpg


「明治時代のもの」って言ってましたが、もっと古いかも知れません、燗銅壺自身は江戸時代から存在するのでもしかして百年以上前のかも?
そうすると心配なのが水漏れです。 早速水槽に水を張ってテスト
b0058021_2119447.jpg


このような形で2槽ある処にチロリや銚子が温めることが出来ます。
b0058021_21194514.jpg


構造上、空焚き厳禁なので水を張ってから起こした炭を投入!
b0058021_2119459.jpg


さぁ! これで臨戦態勢。
b0058021_21194627.jpg


程よくお燗が付いたところで一杯
b0058021_21194681.jpg


鍋用に用意していたブリも焼いてしまいましたとさ
b0058021_21194756.jpg


燗銅壺のお陰で実兄とまったりとした呑み時間が過ごせました!


*本体は赤金(銅)製で中のお湯を張る部分は錫鍍金されてます。
炭の入る炉部分はお湯の中に浮かぶ形になるので、非常に高度な製作技術で作られています。
現在の赤金製品製作者も「これは作れません!」というくらい。
# by coolys1 | 2016-12-20 21:38 | GAS STOVE | Comments(0)

真鶴半島岩地区にて-03

PEROさんとどこかの飼猫
b0058021_9294465.jpg

b0058021_9294891.jpg

b0058021_9295237.jpg

釣り人のおこぼれ狙いの野心猫です。  撮影風景(撮影:時太郎氏)
b0058021_9335058.jpg




Rollei coode Va Xenar75/3.5

fuji ACROS100
# by coolys1 | 2016-12-03 09:36 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(1)

真鶴半島岩地区にて-02

b0058021_8271524.jpg

b0058021_8274064.jpg

b0058021_8264861.jpg

b0058021_8262685.jpg



Rollei coode Va Xenar75/3.5

fuji ACROS100
# by coolys1 | 2016-12-01 08:25 | 休憩中 | Comments(0)

真鶴半島岩地区にて-01

b0058021_8225386.jpg

b0058021_823691.jpg

b0058021_8225722.jpg

b0058021_823505.jpg


Rollei coode Va Xenar75/3.5

fuji ACROS100
# by coolys1 | 2016-11-29 08:21 | 休憩中 | Comments(0)

Momento Magico

2~3年前に Kip Hanrahanを検索していて出会った彼女 ユ・ソン・ナ
このライブは腰が抜けるほど凄いなぁと思いました。  彼女、Vocal Loopingも得意なんですね。





超絶ギタリストは、北欧出身のウルフ・ワケニウスという方で、何故か南米で修行していたらしいですが、私と同い年でした。
P・メセニーにも絶賛されたらしい人。
# by coolys1 | 2016-11-26 21:13 | 休憩中 | Comments(0)

Highlight/Shadow -2

道了尊
b0058021_10102992.jpg
b0058021_10103408.jpg
b0058021_10102844.jpg
b0058021_10102854.jpg
b0058021_10103409.jpg
b0058021_10103547.jpg
PENTAX Q7
01StandardZOOM
02TelefhotoZOOM
# by coolys1 | 2016-11-20 10:11 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

Highlight/Shadow

道了尊

b0058021_08285010.jpg
b0058021_08285183.jpg
b0058021_08285167.jpg
b0058021_08285253.jpg
PENTAX Q7
01StandardZOOM
02TelefhotoZOOM
# by coolys1 | 2016-11-19 08:30 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

Highlight-01

2016/11/6  神奈川 大雄山 道了尊にて

b0058021_21482475.jpg
b0058021_21482481.jpg
b0058021_21482557.jpg
b0058021_21482578.jpg
b0058021_21482586.jpg
PENTAX Q7
01StandardZOOM
02TelefhotoZOOM





# by coolys1 | 2016-11-17 21:49 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

高山病で入院治療へ

長らく自宅で治療していた006Jですが、治癒する見込みもネタも切れました。 
先月はFBMもあって工場も忙しかったし、自分も週末が埋まっていたりしていたので、入院がこんな時期になってしまいました。

思えば9/18に不動になってJAFローダーで戻ってきてから、およそ二ヶ月近い日々が過ぎ・・・もうヒーター掛ける季節ですね! 
我が家のクルマが不動の間に困る事象が無かったというのも、さすが非実用車の面目躍如というべきか・・・

おもえばエンジン停止は、環七を巡航走行中に突然やってきました! 五速で60km/h前後で走行中に高円寺陸橋前の信号で止まる為に減速中に起きました!

警告灯は一切無し。 オーバーヒートとかですと当然、その場所の警告灯と共にSTOPランプが点灯するのですが、それはなし、SERVICEランプのみの点灯。

不動になる前に高速道等200km近い連続運転をしていたので、まずは燃料系(パーコレーション)を疑い、エンジン周りを冷やすことに。

その可能性が無いことが分かると、次は点火系ですね。

駐車場で、やったこと
1.イグニッションユニットの交換(コイル&CDI)
2.デスビキャップの交換。
3.プラグの確認(3気筒分のみですが)
4.プラグキャップ及びコードの点検

以上の結果、プラグまで電気は来ており、スパークは飛んでいることが判明。 電気系統はほぼシロということになりました。

あとは燃料? ポンプは回っているのが判っていますので、燃圧でしょうか? もう車庫で出来ることはないので、とうとう入院の運びに・・・


「次にここに呼ぶときは二名指定でお願いします。」と運んでくれたJAF隊員に言われていましたので、土曜日の朝10:00の回収には「二名で」とお願いしたのですが、、、


b0058021_11250063.jpg
来られたのは一名、、、もう一名は別の出動で手間取っている様子、結局一名(+私ですが)で四苦八苦してローダーに積載しました。
ここの駐車場はローダーがやっと手前までこれる所なのでその辺大変なんですね!(一応駐車場借りるときに考慮はしたんですが)
b0058021_11250129.jpg
工場に着いてからは、ややこしい推理ゲームのぶり返しで、原因を特定していきますが、、、、

その間に私は、置きっぱなしの予備エンジンからリビルド出来そうな補機を外していました。
b0058021_11250142.jpg
外した、オルタネーターとセルモーター。 エンジン単体なので、オルタなんかは簡単に外せましたが、セルモーターは水冷オイルクーラーの配管等で苦労しました!
車載状態だとどうなることやら・・・・・ 効果があるのかないのか判らないけどオルタには空冷ダクト付ける為のシュラウドカバーが付いてます。

b0058021_11250168.jpg

で、診断結果ですが、不明です。。。。。 

はっきり判っているのは、左バンク(4/5/6シリンダー)の圧縮が無いということ。

左はヘッドカバーが外しやすいので、外してみると・・・・・・
b0058021_11250256.jpg
ドライブチェーンが切れているとか、ガスケットが抜けているとかはない様子ですが、、、あとは片側なんらかの原因でタイミングチェーンがずれてタイミングがずれているとか。。。。

ヘッド開けただけでは、タイミング調整はできないので、クルマを預けて、Vバンクカバーを開けて診てもらうことになりました。

いざという時の予備エンジンはあるのですが、それほど程度は良くないしねぇ。エンジン降ろしや載せ替えは現実的には厳しい選択です。
来週のバルタイ調整で治ることを祈るばかり。








# by coolys1 | 2016-11-13 12:13 | 仏車利 | Comments(0)