Cyclone Burner

鍋シーズン到来に合わせて、卓上カセットコンロ
を新調してみた。今まで使っていた奴は熱量が弱く、たとえば家族四人で
しゃぶしゃぶ肉を同時につっこんだら、沸きが戻るまで結構時間が
掛かっていて、アクが溜まる以前にストレスが溜まっていた。

そこで最近、目を付けていたのがこのサイクロンバーナー搭載の
Cyclone Burner CY-6という機種。製造元は東邦金属工業なので
これは”ガリバー”イワタニを生徒会長とすれば
カセットボンベ業界の影の番長である。

出力は3.3kw相当で昔でいえば2800Kcal/hに
なるのだろう。  02年に省エネ大賞を受賞しているらしく
同出力機よりも20%程、ガス消費が少ないということだ。

燃焼運転してみると、従来バーナー機より燃焼音が静かで無音に近い
これは非常に面白い、サイクロンバーナーは新潟のスノーピーク社が
国内で唯一発売している山岳用のガソリンストーブが採用していたかも。
(WGギガストーブltdバージョンが近いが違うかも)

早速、単独テストしてみた画像が下
b0058021_21263936.jpg

見てのとおり
二次燃焼に必要な酸素も十分に供給されそうな構造で頼もしい
しかも鍋を置くと中央部より炎が鍋底を舐めていくので、鍋のサイズ
にも影響されにくいといえる。
尚、このCY−6にはボンベ温度の低下防止装置は付いていない
が、どうも付けられるような構造にもなっているので付いている
機種もあるかも知れない。

室温20度で水温17度の水をアルミ鍋に入れて沸かしてみた
湯温95度に達するのに4分45秒ほどであった。
次回我が家のストーブ達と比較テストをしてみるつもりである。

今日はキッチンの大掃除をした。あまり自分で使う時間は少ないが
ここ何年かの大掃除では私の担当部署になっている。マニアックな
私の性格を利用した妻の計画だとは判っているのだが、やはり性格、
やりだしたら止まらない
でも綺麗になると気持ちいい!!
これからも綺麗に使わないとなあ。

b0058021_21374457.jpg



更新
この東邦金属工業 裏番長なんて書いたけど、なんと富士のフィルムパトレーネ缶
製造器も開発して作っているではないか!!  単三電池のジャケットや、古くはブルーガスもやっていたのかあ  凄いです。  真の番長ですね。

で私のCY-6はサイクロンがWフレームになった最新型と判明した。
# by coolys1 | 2004-12-23 21:43 | GAS STOVE | Comments(6)

super car

そう あれはうたかたの恋であったらしい・・・

b0058021_04793.jpg


魅死魔も今は昔。

b0058021_052575.jpg

# by coolys1 | 2004-12-23 00:08 | 1/43の世界 | Comments(0)

夢は1/43くらいが丁度いい?

宝くじ買ったので夢をみさせてもらおう。

でやっぱり欲しいalpine V6 tarbo

FRP BODYで1200㎏ 185馬力。 RR

中古相場は検付きで税込み200万以下(最終型でも既に12年落ち)
89年時には新車価格 785万(税別)であったはず。

買って一年で掛かりそうな修理代  50〜70万
買って二年で掛かりそうな修理代  50〜70万
そして車検代・・・・・

冷却系の改造改善車、及び駆動系のOH済み車を買うのが秘訣か。

b0058021_1254236.jpg


実は6年前に退職金で買いそうになったことがある。
でも無職だったので我慢して 仏 Statar 社の1/43レジンモデル作って堪えた。

b0058021_1345664.jpg


気合い入れて作ったので、ボディは研ぎ出し。ウインドウパーツ
は全て自作、ボディ&ホイール以外は殆どスクラッチした。
以前に作った時はエンジンを入れたので、この時はインテリアに力を入れて、
ドアポケットやAC操作盤まで作っている。
0.2ミリの透明塩ビを外貼りしたウインドウ廻りは接着剤のエポキシが
黄変してきている。

まあ所帯持ちは1/43で満足していたほうが「幸せ」なんだろうなあ。
# by coolys1 | 2004-12-21 12:54 | 1/43の世界 | Comments(8)

難題の答えへの道

11月11日に投稿した難題だが

いくら考えても判らないので、とうとう息子に答えを聞いた

息子も自分で解いた訳ではないので、部分部分で証明が
うまく解説できないのだが、図にするとこうであった。

b0058021_13155938.jpg

答えへの道

BDに平行な補助線FGを引く
それにより生まれたAB間の交点Hより
Cへの補助線を引く。とH.I.Dという正三角形
及びI.B.Cの正三角形が出来る。さらに
そのHCとDBとの交点IよりEへの補助線を引くと
H.E.I.Dという図形が出来るのであるが

これが「フランクリンの凧」といわれる
凧型図形となり図面のような角度が割り出される
ら し い のだ。

答えは想像通り30°

この問題は有名校の入試問題でも使われたらしく
凧図形やフランクリンの凧等のキーワードで検索すると
結構、ヒットする。またブログで取り上げられて居られる方
も多いようだ。

自力で解かれた方には最大の敬意を表します。
# by coolys1 | 2004-12-20 13:14 | Comments(0)

レンズの次に大切なモノを交換

KIEV (EXOTICA)60のスクリーンをペンタ67II用を使って改造交換した。

真四角画角だと標準のARSAT 80ミリの最短(60CM)付近で
LP盤ジャケットがなんとか撮れるようだ。

b0058021_23493371.jpg

# by coolys1 | 2004-12-18 23:51 | 写真機邪道 | Comments(0)

命の次に大事な物を買いに渋谷へ

忙中閑有りとは今日のことか・・・
電話も少なく、打ち合わせも昨日全て入れ込んだので今日は無し

所用で渋谷区役所に行くついでに、久々に東急ハンズにいくことにした。

その前にまづは目黒駅ビルB1Fで「フォー」を頂いて腹ごしらえ。
このフォー・ヘオ・フェ?(挽肉のピリ辛)元々辛いのに卓上の
チリソース入れすぎたもんで、口から火を噴きながらお勘定。
b0058021_16153298.jpg


ああ、でもヴェトナムに行ってみたいなあ。と思っていたら
渋谷で可愛いワニさん達に遭遇。METAL GEAR SOLID 3のキャンペーン
だった模様、白いワニでなくて良かった〜。
b0058021_1618319.jpg



彼女達、今夜首が痛くて眠れないのでは??
b0058021_16191585.jpg


で、表題の「命の次に大事な物=メジャー」もちゃんと購入できました。
本来は25ミリ幅以上で7.5m巻きでなおかつコンパクトな奴を
買うつもりであったのだが、ぜ〜んぜ〜ん違う物を買ってしまった。
b0058021_16232056.jpg


これはデジタル表示メジャーのようである。アメリカの
starrett社の商品で、やや頼りないデジタル表示で目盛りをアシスト
してくれるという、まあしょうもないメジャーなのだが、これが
あれば、間口1060ミリを1600ミリと読み違え、間口より54cmも
でっかいクローゼットを作ってしまった等という トンマ一等賞は
起きないだろう。 
あとトンマ二等賞は下一桁2ミリを7ミリと
読み違えること、これはよくある。でも5ミリ違えばやはりそれは納まらないのだった。

問題は現場でよく使う100切りでの目盛り読みがうまく行くだろうか?
しかも落とすと確実に壊れそうだし、目盛りテープも19ミリ幅で5mとショボイので
現場での耐久性も実用性も低そう・・ああ・・しょうもないモン買うてしもうた予感大である。
(使用電池はなんとPENTAX super-Aに使えるCR1/3-1タイプだ!!)


そこでちゃんと修羅場用に丈夫そうな奴も買った。komelonという韓国製のプロスペックなメジャーだ。

b0058021_1644092.jpg


これはセルフロック方式で幅が25ミリあるテープはちゃんとナイロンコーティング
されているし、テープ長さも三間対応なので5.5mある(これが普通なんだが)

テープ出したら勝手に止まるセルフロックはかつては好き嫌いが
あったが、テープ幅が広くかつ長いものはそのほうが安全かも
知れない。なにせこのクラスになると巻き戻しパワーも凄いのだ。

それにしてもKomelon君、持ちやすいけど、超かっちょ悪いなあ。

参考資料
100切りでの目盛り読みとは:
現場ではメジャーの先のベロがスグに曲がったりしてしまうので
それではスタート0点が2〜3ミリ狂ってしまう、そこでベロ部分を信用せずに100ミリ(10cm)のところを測量する対象物に当てて0点として使う。
なので目盛りを読みとる時に100ミリマイナスして読まなければならない訳だ、
(目盛りで1540ミリだと実際寸法は1440ミリということ)

デジタル表示だと数字の羅列で答えが容赦なく出るので、そこからさらに
100ミリ引くという脳内計算がちゃんと働くかどうかが心配なのだ。
# by coolys1 | 2004-12-17 17:51 | Equipment | Comments(3)

氷解

コシナ製のKマウント大口径標準レンズ

PORST COLOR REFLEX 55/1.2 (I型<勝手に命名)
を持っていたが、コシナ製ということ以外は正体不明の謎のレンズだった。

昨晩、製造元のK社長にお会いできて、その素性を
知ることができたこれはとっても嬉しい。

が、素性を知っても使いこなすのは難しい。APS-Cサイズなので
トリミングしているのだが、本来の画角の1/3くらいから早速収差が目立つ。
さらに開放でのピントは非常に薄く私の腕ではまぐれでないと
ピントはこないようだ。   
それにしても元の画角ならばもっとスッキリと納まる構図なのだが
(55×1.5=83ミリ相当)ここのところ中望遠
を使ってなかったのでファインダー内で迷ってしまうようだ。

b0058021_15404989.jpg


PORST COLOR REFLEX 55/1.2 *ist Ds f=1.2開放。1/80 iso200
# by coolys1 | 2004-12-16 15:48 | 写真機邪道 | Comments(2)

女体倶楽部VSお水??

15.16.17.20.21.22.24.27.28.29

もうこれしか仕事する日が無いじゃ。

こんなの見てニヤニヤしている場合じゃないのだけれど・・・
b0058021_1514053.jpg

# by coolys1 | 2004-12-15 15:01 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(0)

ちょっと疲れたカナ

土曜日は午後よりN氏と共に御苑〜四谷〜早稲田と歩いて
新宿でfantastic-camera主催の忘年会に参加させて頂いて、
案の定結構酔っての帰宅。

明けて日曜日は朝から夜まで現場が入っていてみっちり仕事
で週末疲労度100%達成。ここで気を抜くと風邪をひいてしまいそうなので
気をつけないといけないけれど、まだ年内納品予定の仕事もいくつかあって
それの納期が結構冷や汗もんで、とても気を抜いていられないのでその点
助かるのだ。(ん、違うか)

仕事:既存店舗のパーティション代わりに
ステンレスワイヤー張り込みのパネルを設置。
出来がイマイチな部分があってちょっとガックリ。

b0058021_13113129.jpg

# by coolys1 | 2004-12-14 13:17 | 仕事道 | Comments(1)

商道とは 2

「ここでとんかつ屋をやりたい」

とt氏に案内されたのが中野のメインの飲食通りから
一本はずれた処にある元「ヤキトリ」居酒屋だった。

よく見れば居抜き店舗とはいえ、使える物は殆ど無く
逆に使えないものの山であった。果たして営業出来ていた
かどうかも怪しい状態の物件。

「こんな状態だけど、これを最低の予算で由美かおるのようにして」

というのがt氏の要求だったので、思わず吹き出した。
物件を一見してどーすりゃいいのと絶望感で満たされていた気持ち
が奮いたってきたのは気のせいなのかホンマモンなのかは
判らないが、とにかく出来るかぎりやってやろうという気持ちに
なったのは間違いない。

勿論、由美かおるにするのは予算的にも少々ハードルが高すぎるので
もう少しハードルを下げてくださいとお願いしたような気が
する。

現場調査撮影に前日にジャンクコーナーで買ったリコーの
XR−Xで使ったら、t氏に叱られたので

竣工写真は叱られないように、新鋭プラクチカBX20Sを使った。



b0058021_1718581.jpg

b0058021_2093362.jpg
b0058021_2095992.jpg
b0058021_2010183.jpg

# by coolys1 | 2004-12-13 17:24 | 仕事道 | Comments(3)