フルサイズプリント

日、月とtokinon店主のtokitaro氏絶賛の写真屋日本一さんに行って来た。
日曜はネガプリントを出しにいったのだが、店に入ったら尺八教室の真っ盛り
で、不覚にも一瞬たじろいでしまった。

枚数があったので月曜に改めて引き取りにいったのだがカメラまいにちのTres Pesosさんとどうやらニアミスであったらしい。

Tres Pesosさんの言葉を借りるまでもないのだが、フルサイズプリントは
贅沢に見える。 逆に当時のBIG MINIの周辺の流れもよく判ってしまうのであった!

NY city ありがちな光景、イーストサイド37丁目付近。
b0058021_23301888.jpg


誰もが撮るであろう光景。50丁目付近か?
b0058021_23313567.jpg


中央公園の西側付近
b0058021_23323282.jpg


変わってボストンの地下鉄駅。
b0058021_23334465.jpg


ボストンの地下鉄ホームは当時、アマチュアミュージシャンの演奏会場だった。
(ボランティアだったか)
何故かゴミ拾いのオッサンがよく入っている。  
煩い日付も今見れば愛嬌か・・・
# by coolys1 | 2005-01-13 00:00 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

北新宿

王様II世の前の道。

ARSAT 80/2.8 KIEV 60 RDPIII

ARSATとこのフィルムとの相性??。

b0058021_1928467.jpg

# by coolys1 | 2005-01-12 19:29 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

INDUSTER-29

カビ有り、被膜剥がれ、クモリ少々&ボディ装着時の内面反射

というヘレンケラー+αのようなレンズの試写。

INDUSTER-29(80/2.8 テッサー型)EXAKTA66
88>>>60アダプター使用  RDPIII

六号坂商店街。
b0058021_1917517.jpg


六号坂 i macの墓場
b0058021_19175964.jpg


水道道路
b0058021_19184591.jpg


そういえばEXAKTAの3型は13枚撮れる。
# by coolys1 | 2005-01-12 19:22 | EXAKTA 66 | Comments(0)

もう誰にも・・・とめられないのか

ほぼCG

やりすぎDigital Anti Ageing



b0058021_17433022.jpg

# by coolys1 | 2005-01-12 17:44 | 寄道・脇道・誘い道 | Comments(0)

P6ファン必見!? プリズム比較  忘れない為に記録。

ジャンク扱いの古いタイプのKIEV60のTTLファインダーを買って
ばらしてみた。

これがキエフのTTL測光関係の心臓部、良心回路である。
b0058021_1733225.jpg


1 測光素子 多くの日本製と同じくアイピース側の両サイドにある。
2 測光値表示部 アクリルで左右からの光路を作ってある。
3 メイン基板にある調整用可変抵抗部分。
4 測光表示用ダイオード。アンダー/オーバー用で2箇所ある。
5 メインスイッチ BAT.CHも兼ねる。
6 BAT.CH表示部。電源を繋ぐと赤く点灯、電池を持ってた指がビリビリした。
7 測光調整ダイヤル 勿論中身は可変抵抗だ。
8 3番の調整をするための点検ハッチ。貼皮をめくればでてくる仕掛け。

電源のボディアースは+であった。
尚、この古いタイプは私の所有する最近のミラーアップキエフとは中身が違う。
ペンタ部(亜鉛ダイカスト)の分割構造も違うようだ。
メイン基板の集積回路?がなんだか渋くてかっこいい。


肝心のプリズムをP6姉妹機のEXAKTA66のプリズムと並べてみる。
b0058021_17424139.jpg


もうその大きさの違いは一目瞭然であるのだが・・
これが同じ56X56ミリの画面を写さにゃならんボディの重要部品
なので、こんなに違うと困るのだにゃ。

b0058021_1750214.jpg


しかして意外や画面の天地方向の寸法は殆ど変わらない。画面の横の巾寸法は
ご覧のとおりでキエフが49ミリ近くあるのにEXAKTAは46ミリ
無い。 しかもEXAKTAのプリズム部にはミラーの張り合わせを
してあると思われる部分がある(?部分だ)

EXAKTA66のプリズムガラスは基本的にはペンタコン6と同じと考えて
いたが、私の持っているペンタコン6のプリズムはこうなっていない。

この後加工のせいでEXAKTAのプリズムは暗いのではないか。

折角ここまでばらしたキエフのプリズムなので右のEXAKTAファインダー
カバー内に納めて使えるように移植してみることにする。

尚、謎の?部分については ナゼ?そうなっているのかその理由について
考察が進んでいる。次回(いつか)検証結果を出せると思う。

ちなみにこの連休にこんなことばかりやってはいたが、一応120で
2本は撮った。。。。(テスト撮影)  
# by coolys1 | 2005-01-10 18:15 | EXAKTA 66 | Comments(3)

新年会

正月明けの初現場、渋谷のT百貨店のウインドウ装飾。
シート貼り職人さん一人に弊社立ち会い なんと3人!!

そうこのあと渋谷で弊社新年会をやるためなのだぁ
ちゃかちゃかとシート貼りする職人の後ろでぼーっと
している烏合の衆・・・クライアントは変に思っていたに
違いない。

数年前に大阪より東京進出果たした、「贔屓屋」で新年会を行う。
進出当時は客単¥4000以上を謳っていたような気が
するが、特にメニューに特色は感じられない。最近は近い
コンセプトの店舗が増えたせいだろうか?
焼き物炉端カウンターには職人の姿はないし
隣には、旧ピンクハウスを改装した豆富料理の月の雫があるので
少々苦戦気味なのか。

それでも3人で呑んで食べて¥17000也なので@5500円
はいっている勘定であった。

東京の贔屓屋は甘太郎でおなじみのコロワイドグループに入っていたのか
知らなかった。

渋谷で解散したのち「ときのん」へ行く。
三澤さん達と深夜まで呑んだ

忙しいのにスピットファイヤーのペラを回してくれた店主に感謝。

b0058021_12431283.jpg


ハウルの動く城のキャラクターらしい(未だ観てないので・・)
b0058021_12442856.jpg

# by coolys1 | 2005-01-08 12:54 | 仕事道 | Comments(0)

元旦写真 その結末

そして どんどん近づいていく酔漢
b0058021_1761824.jpg



もうなんだか判らない、本人が判らないのに
他の人が判るはずが無い。
b0058021_1710838.jpg



入り隅、窓硝子、写り込み 

内なる胎内への精神的逃避行なのか
それとも果たして今年の流れの本流になるのか?
だ〜るい習作で終わるんかもしれん。
# by coolys1 | 2005-01-06 17:16 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(1)

元旦写真 その参

身を清める為にもちいた酒が回ってきた・・・

なにやら被写体が思いっきり市井物に・・・

b0058021_15284358.jpg

妙に青い 何故だ? 後に青いクルマが停まっていたのだ(青レフ)

b0058021_15294751.jpg

こいつは輝度差有り杉、ちょいとE100VSでは難儀だった・・失敗

b0058021_15352633.jpg

なにを撮ろうとしているのかよく判らない・・どうも自分と被写体の間に
なにかフィルター的な要素を求めているようであるが、このあと奈良漬け
脳味噌が求めた画はさらに混乱混迷を深めるのであった・・・・略
# by coolys1 | 2005-01-06 15:40 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

元旦写真 その弐

う〜む 宣伝ノボリがいかにも邪魔くさい。

そのノボリを見ると NHK 義経の次は、どうやら一豊ネタらしい
b0058021_10373860.jpg

# by coolys1 | 2005-01-06 15:23 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)

元旦写真 その壱

今年も真四角道を精進すべく

躰を酒で清め、銘刀xenarに光を通す。
b0058021_15182061.jpg

# by coolys1 | 2005-01-06 15:19 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)