ボン・クレー

ボン・クレー=盆・暮れレンズ

*正しくは、漫画「ワンピース」に出てきた愛すべき敵キャラ「ボン・クレー」のことであるのは言うまでもないが・・・

いわゆる 一年を通して「盆と暮れ」くらいしか使っていないレンズのこと

得てして口径の大きい長玉のレンズの場合が多いが、似通った焦点距離で地味ぃなレンズもそれに陥りやすい。

出会ったばかりに 今ここで買わないと後が無い!?という強迫観念が生み出す無用の長物でもあり、

また目的がないのに、これでシリーズコンプリート的な最終購買対象的なレンズも入るかも?

ワタシの場合は、Aus Jena銘のSonar180/2.8MCがボン・クレーの筆頭だが、最近はSHUNEIDERのTle-Xenar250/5.6や
はたまたPENTAXのFA*85/1.4なんかが半分陥っていると思われる。。。。

もっともSonar180/2.8MCは盆暮れどころか4年くらいは使っていないので、
言いようによれば、それはまさしくオリンピア・ゾナーと言って相応しい風格ではある。


ところで、我が家の135判フィルムカメラも殆どボン・クレー状態だけどね。。。
# by coolys1 | 2001-01-20 17:53 | クーリーズ ウヰキ | Comments(0)

クーリーズ ウヰキ お客

お客=おきゃく

土佐=高知で言うところの宴会・宴席のこと

お客に呼ばれるというところから来ているのかどうか・・・


ちなみに宴席以外では

たとえば湾内で釣り船がポイントに集中している状態の時を

「あそこはお客をやりゆう(やっている)」という表現を聞いたことがある。


土佐の料理としてあまりにも有名な皿鉢料理がお客の料理の主役であるのは言うまでもない。
# by coolys1 | 2001-01-19 14:24 | クーリーズ ウヰキ | Comments(0)

大艦巨砲主義


b0058021_1057411.jpg


このシステムを見てからM.riccoはニシ○マさん=大艦巨砲主義のイメージが植え付けられたというが・・・・




列強の・・・・
b0058021_10555754.jpg





やはり 大艦巨砲主義は 男のロマンでしょう。バーベル替わりに(借り物のVR328)
b0058021_1056225.jpg

# by coolys1 | 2001-01-19 10:54 | クーリーズ ウヰキ

標準レンズ党

b0058021_10372523.jpg



標準レンズが好きで集う集団。

迫力の大口径レンズが大好きだが、スタイリッシュな小口径レンズも好き。

レアなレンズの収集に金をつぎ込むが、基本は駄物、普及品好き。

トキノンや掲示板で偉そうなことをぬかしているが、普段は圧倒的に
ズームレンズを使う党員も多い。 笑

マウントやメーカー・ブランドによる優劣を語らない。
時にレンズに厳しく! しかしマウントには優しい。
消滅したブランドへの敬愛の念がある。

標準なのに体の大きい党員が多い。(東京地区)


カメラ、音楽、乗り物、時計、オーディオ、ミリタリー好きが多い。
もちろん写真好きもいる。

主な活動場所

標準レンズを語る部屋
  内容のユルサでは○○研究会BBSに並ぶ!?

主な集会所?
写真機居酒屋 tokinon 50/1,4

党員・党友・常連さん達との撮影遠足が年に何回か開催されてます。
(最近は都内近郊のゆるめの滝が多いかも)


参考文献

標準党の歴史

tokinon 50/1,4の始まり


この項目は書きかけです。
# by coolys1 | 2001-01-11 10:36 | クーリーズ ウヰキ

四国四県は様々・・・

東京から南九州なんかへ飛行機で飛んだ人が、「今日は天気がよかったので四国が全部見えたよ」なんて宣うが、それは嘘八百で、

実は四国はオーストラリアくらいある。 まぁそれは面積でなくて人の住めない場所の話しだけど、

四国四県は意外にお互いに仲が良くない。

大阪商人を相手に五分・五分で勝負できる徳島。

常に頭のいい愛媛

粉に優れる香川

というところで高知には既に武器がないのだが、商才のある徳島や才能のある愛媛にはなから相手にされないのは仕方ないとして

高知は香川とは、割に仲が悪くないとも言える。

よく考えたら、京阪神からくる下りモノは常に高松を経由しないと高知には到着しないわけで、こちらから仲良くしないといけない立場なんだけどね。

かつて国とD力会社とK県とT県に騙されて村を潰して「駄目裏ダム」を作った高知だが、それも致し方ないといえるだろう。

もっともあのダムがカラッポになっても高知県民は殆ど困らないのは案外知られていない。

高知には四国山地から太平洋に流れる優秀な河川がいくらでもあるからなのだ。

温暖で水と光が豊富で日教組が強かった高知は(中山元大臣が言うように)やはりアホが多いのだろうか?
# by coolys1 | 2001-01-10 15:26 | クーリーズ ウヰキ

主な登場人物

coolys creekに登場する主な登場人物の紹介


coolys creek
ブログ"coolys creek"の管理人であり日本人。
政治的な話しを絶対にブログ内でしないという考え方である。
自身は右翼的発想と極左思想を嫌っているようだが、なにがあっても國を捨てないという愛国心くらいはあるようだ。


六泉寺兼行
ブログ"coolys creek"の総合プロデューサーであり元歌手。
(過去に二回ほど以下のシングルを出している?)

1 「新宿中古みれん道 」  side-B びしょ濡れライカ
2 「買うたやめた音頭  」   side-B 恋のヴギウギワインダー

1にはロバート喜屋波氏がつけた歌詞があった。
2は同氏の歌詞に東京音頭のメロディで唄えるようになっていたらしい。
六泉寺自身は「びしょ濡れライカ」が一番好きなナンバーだということだが、
内容があまりにも切なすぎる為に歌詞のコンセプトしか発表されていない模様。

「新宿中古みれん道 」のCDジャケは長らく中野の某居酒屋に置いてあったが
最近、本人の元に戻り、パンツなどが入った箪笥の上に放置され家族の不評を買っている。

六泉寺への最近のインタビューによると、五十を機会に三波春男の「忠臣蔵」を唄えるようになるのが夢らしい。

越前屋蟹子=カニーコ・越前屋
毎年脱皮を繰り返して、成長するイキモノであるが六泉寺はその成長を見るのが嫌で
数年前から見て見ぬふりをしている。
蟹のわりに良く喋る。六泉寺家の血を濃く残していることに気づいていない・・・・・
六泉寺家の女性のなかで一番、背が高いかも *最近、眼鏡をかけた

M.ricco =エムリコ
「血まみれのM」とも言われるが、六泉寺とはまさに血みどろの、、、血で血を洗うような、、、
血なまぐさい生活を20年以上続けている。
なぜか無類のネギ好きで、NYのカーねぎーホールに世界中のネギ好きを集めて新興葱宗教を立ち上げるのが夢とか・・・
六泉寺の友人が蒸留酒のトマトジュース割を酒場でM.riccoと称して飲んでいることがあるので要注意。

まりこ・あんとわねっと
M.riccoの異質変身体。
カメラもミニカーも買えないなら、静岡茶を買えばいいのに・・という遠州のお姫様。

妻 楊子
使い捨ての夫によりそう健気な妻 楊子。 コンビニで買うと袋に妻楊子に注意と書かれているのはなぜだ!
同じ弁当でも神田川や今半だとなんと妻は別包扱いであるのだが、、、、希に黒いときもある。


愚息
六泉寺家の次期総領、 アイロニータップリの好青年になってしまった。。。。。
夢の電波系大学に通う宙を語ることの殆ど無い元天文部。 スカイプに夢中
バイトで稼いでいるので、一番可処分所得が高い! らしいが、夜更かしが過ぎて最近 背が縮んだとか!?
Beerよりも八海山が好きなそうな・・・・・


村正氏
六泉寺がピーターペティグリューならばきっとヴォルデモートのような人。なにかあれば
躊躇なく片腕を差し出すことになっている。

村正氏の「MASAZO」ブランドの箸を頼んではや二年・・・・・・・

Nephew
村正家の血統を正しく受け継いでいる長男 印度製バイクを操る

Niece
村正氏の性格をある意味正しく受け継いでいる長女 両親を巧みに操る

鉄魚=テツヲ=テッチャン
村正氏の孫? 雄のパグ犬  帰郷するとたまに一緒に寝る。







この項目は書きかけです。
# by coolys1 | 2001-01-05 12:36 | クーリーズ ウヰキ

クーリーズ ウヰキ

coolys creek

昔々、港区の高樹町にあったレストランバー/Coolie's Creekの店名に由来します。

センチメンタルシティスタジオ(代表 馬上氏)設計の
贅沢な空間は当時のインテリアデザイン業界人の溜まり場でした。

知られざるブルーカラーの業界人が仕事をほったらかして
辛酸っぱい酒を夜な夜な喉に流し込む光景は
さながら辛い仕事から開放された「苦力の溜まり場」であったのです。

当時はイケイケドンドンの業界でしたが90年バブル崩壊と共にあっという間に
地盤沈下してしまいました。


Coolie's Creek 妄想周辺図 (時代考証とか滅茶苦茶です)


b0058021_111214.jpg



2009年初夏 白金高輪にCoolie's Creekが復活したそうです。

もう私がいくことはないでしょうけど・・・



この項目は書きかけです。
# by coolys1 | 2001-01-04 10:56 | クーリーズ ウヰキ

クーリーズ・ウヰキ

日本旭學会とは

旭日に人生を学び、日本の伝統を正しく後世に伝えていこうという。。。。

やられた〜 とか ガッカリされられたぜぇ!!!
とか人前ではさんざ悪口を言いながらも、やっぱりPentaxをやめられない!!
早いAFと巻き上げ速度を嫌い、奥ゆかしくかつ美しい心を持つスローカメラ・ライフな人々の集い、、、、

人畜無害ですが道で出会ってもけっして蔑んだり虐めたりしてははなりません。


即見返鏡のバチが当たりますから


この項目は書きかけです。
# by coolys1 | 2001-01-03 00:02 | クーリーズ ウヰキ | Comments(0)

クーリーズ ウヰキ

散財法人:銀塩作動音保存協会

自らの財産を散財する覚悟で、銀塩カメラ保存と存続に手を尽くそうと夢見る人々。

使わなくなった銀塩カメラを差し上げると物凄く喜ぶが、これは日頃身銭で散々散財している
からで、殆ど動かないカメラでもタダだと涙が出るほど嬉しいらしい。
(なぜなら彼等は時に、ウゴカナイカメラに3千円も出すらしいから・・・・)

なのでもし道であったら

「そーいえば実家に古いカメラがあったような・・・それって要る?」

と言ってあげるのが彼等に対する最高の礼儀になります。
(たとえ動かなくても週末に跋扈する廃品回収業者よりも引き取り率が高く、礼儀正しいのでちょっとしたお礼も期待できます。)

* 団体として実在するかどうか疑問だが中央線沿線某駅北口でよく見かけるらしい。
* カメラ界の”ふり〜めいすん”とも呼ばれることもある、それ故に過去の略奪機や幻の埋蔵機の噂が絶えない。


この項目は書きかけです。  
ジョーホー下さいな。。。
# by coolys1 | 2001-01-02 00:00 | クーリーズ ウヰキ | Comments(2)

クーリーズ・ウヰキ

CITY FORCEとは

1970年代に高知の南国バイパス周辺に存在した、「塩屋崎潮江」率いる中年激走系グループ。
構成年代は30〜40代が多いくせに若年層の暴走集団とのトラブルも意外に多かったとされる。

アメ車が中心だったが、結構ヘッポコの欧州車もあったらしい。どちらにしても
攻撃的なメンバーに似合わず戦闘能力の低いマシンが多かった。

77年、後免町に現れた怪物Gr.5セリカとの激しい追撃ゲームで大半の車両を路肩や田んぼに失い、ほぼ壊滅。
さらに塩屋崎潮江の突然の上京により事実上、消滅したと言われる。

塩屋崎はその後東京で「六泉寺兼行」に改名し、
二輪車主体によるT.H.S.A=「東京高速機関」を設立、第二のCITYFORCEとしたが、
生き馬の目を抜く大都会、東京では目立つこともなく94年頃にその活動を停止した。
# by coolys1 | 2001-01-01 00:01 | クーリーズ ウヰキ | Comments(0)