人気ブログランキング | 話題のタグを見る

75mm 一本勝負。 その1(逆光&逆行)



C・ノーラン監督の迷宮映画の「TENET」では、あっと驚く逆行世界が描かれました。

カメラ撮影の世界では実は逆光がそのスリリングな世界観を味あわせてくれるのですが、

それをさらにスリリングにさせるのが75mmレンズでのスナップです。

えっ75mm? ならば、スナップもできるじゃんと思いきやカメラボディがM4/3(MFH)なんですよね。

つまり135判だと150ミリでスナップを撮ろうって訳ですから、これは一筋縄ではいきません。


あるきながら欲しい被写体を見つけファインダー覗くと(EVFっすが)なんじゃこりゃの距離感

そこから、撮影者は逆行(つまり後ろに下る)しながら構図を決めていくという逆行撮影モードになるんです。


そして逆光で逆行。

そんな撮影もたまにはいいかも。


75mm 一本勝負。 その1(逆光&逆行)_b0058021_20435844.jpg
75mm 一本勝負。 その1(逆光&逆行)_b0058021_20441145.jpg
75mm 一本勝負。 その1(逆光&逆行)_b0058021_20440564.jpg



今回のレンズ+ボディ


75mm 一本勝負。 その1(逆光&逆行)_b0058021_20460124.jpg





LENS:COSMICAR 75/1.4

KIEV-Pana-GX7MII





# by coolys1 | 2021-09-24 20:48 | B.C.Dマウントレンズ | Comments(1)

Task Force 20210919



昨日の日曜日は、半分以上仕事でした。 午前中は図面作業 午後は横浜方面へ視察。

その帰りに寄った渋谷で、新型MFTボディによるCマウントレンズのテスト撮影を少し。

今の渋谷は駅周辺が激変しましたが、公園通りのPARCO以外は変化が少ないような多いような。
自分たちがよく行っていた頃を思い出します。


CANON TV-16 25mm f=1:1.4

MFTボディに装着するとズバリ標準画角ですが、イメージサークルが16ミリムービー用なので
最低限1:1のフォーマットにしないと蹴られてしまいます。(それでも周辺やや落ちる)
多少絞っても相変わらずのふわっとした模写。(レンズ内もやや曇ってるかも)

Task Force 20210919_b0058021_10001231.jpg



でも、明らかにCANON LENSっぽい鏡筒デザインなのと、0.3mまで寄れるのでつい使ってしまいます。



Task Force 20210919_b0058021_10511327.jpg



そのスクランブル交差点で、今度は産業用のTAMRON 35HB 35mm/f1:2.1に付け替えて中望遠感覚でスナップ。
用途は違いますが、現役のレンズなので安心して使えます。(小さくて使いにくい点はさておき)




Task Force 20210919_b0058021_10105029.jpg





撮る方も撮られているわけで、しかもストリートフォトならぬストリートムービーでオンデマンド!





Task Force 20210919_b0058021_10142167.jpg



センター街がエリアの名称、そのメインストリートはこういう名称だそうで、この日まで田舎の渋谷区民は知りませんでしたとさ。



Task Force 20210919_b0058021_10142121.jpg


この雑多な印象は、センター街ならではですが、90年代後半から2000年代前半の危ない怪しさは無くなりましたね。
やはり呼び込みがあるとないとでは大違いです。(すくなくとも昼間はね)



Task Force 20210919_b0058021_10142162.jpg


ビルの谷間のかつての老舗。渋谷における百貨店の存在意義は年々薄くなっているような気もします。



Task Force 20210919_b0058021_10142179.jpg


往年の・・・・


Task Force 20210919_b0058021_10142143.jpg



ここでレンズを美しい鏡筒デザインのPackard Bell TeleVision LENS 25mm 1:1.9に交換
これも古いシネレンズですが、日本製(おそらくCOSMICARのOEM)

またうっすらとした柔らかい模写になりますね。(CANONほどじゃないけど)



Task Force 20210919_b0058021_10380579.jpg



この辺りは、20年ほど前は、外国人の呼び込みも多くてかなり怪しげな界隈でしたが、すっかり健康的? 正面は、ヤマダ電機



Task Force 20210919_b0058021_10380525.jpg



そして、スペイン坂へ



Task Force 20210919_b0058021_10380501.jpg


建て直したPARCOの横へ、もうありませんがPARCOにあった、
FM局のスペイン坂スタジオは懐かしいですね。



Task Force 20210919_b0058021_10380667.jpg



出口角はアメリカンブランドのドラッグストアになっていました。



Task Force 20210919_b0058021_10380688.jpg


Task Force 20210919_b0058021_10432525.jpg


最後、公園通りのApple Storeの向かいのバス停から帰る頃には何故か日も暮れて・・・



Task Force 20210919_b0058021_10380658.jpg


それはApple Storeの二軒先の地下にあるSinn Depotに寄っていたからでした。
ここには近いうちに欲しい腕時計があるのです。
(ただし人生最後から二番目くらいだけど)



Task Force 20210919_b0058021_10380600.jpg





CAMERA BODY

KIEV-GX7MII

20210919

















# by coolys1 | 2021-09-20 11:02 | B.C.Dマウントレンズ | Comments(0)

新母艦



久しぶりにCマウントレンズの母機を新調しました。 LUMIX GX7mark2 です。 
GX7シリーズは主張しないボディデザインでレンズを選びませんので、そこが良いのですね。 
ネオクラシカルなデザインでCマウントレンズと案外似合っていた前任のOLYMPUSのEP-2でしたが、
PENTAX使いにはそのインターフェースがどうにも使いづらかったんです。
そして今回わずか下取り買取1150円也でドナドナ〜〜。

GX7も今ならmark3の選択肢もありでしょうが、Cマウントレンズ群にはそこまで画素数は必要ありませんね。
ましてや全部載せのGX8とかは論外です。(7シリーズより一回りでかくなったし)

しかしまぁこれでやっと、PENTAX Qシステムで、100mm以上の望遠になっちゃう
Cマウントの25ミリレンズ群(数本ある)が50ミリ相当の標準域で使えます。


新母艦_b0058021_19065007.jpeg


上で装着しているPackard Bell TeleVision LENS 25mm 1:1.9


新母艦_b0058021_19095886.jpg


新母艦_b0058021_19095801.jpg


新母艦_b0058021_19095907.jpg

以上

以下、曲者のCOSMICAR 12.5/1.4


新母艦_b0058021_19110557.jpg

新母艦_b0058021_19110459.jpg

新母艦_b0058021_19110435.jpg

せっかくのM4/3ですが、Cマウントレンズの場合は1:1のフォーマットがよろしいようで・・・

いやそれでもよろしくないレンズも多いけど(上記 COSMICAR 12.5/1.4はその筆頭)




そして我が家のお約束で、digital-KIEVとなりました。

コシレンダーの15ミリが意外に似合いますし、模写もCレンズよりはるかに良いですね。   苦笑


新母艦_b0058021_19065427.jpg










# by coolys1 | 2021-09-17 19:23 | B.C.Dマウントレンズ | Comments(0)

ふくもの



ふくものというか、邪悪なものの侵入を防ぐ、狛犬のような
ガーゴイルなのか?

いや最近はトーテムのようでもあります。


20年くらい前に高知で入手した土佐闘犬の置物で毎朝感謝と願いで手を合わせるのはルーティンです。



ふくもの_b0058021_13564893.jpeg




# by coolys1 | 2021-08-26 13:58 | ふくもの | Comments(0)

海野宿-02




 白鳥神社


海野宿-02_b0058021_17295589.jpg

海野宿-02_b0058021_17295624.jpg

海野宿-02_b0058021_17295520.jpg
海野宿-02_b0058021_17295626.jpg
海野宿-02_b0058021_17295618.jpg
海野宿-02_b0058021_17295692.jpg




LENS:HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6ED DC WR

CAMERA:PENTAX K3markIII











# by coolys1 | 2021-08-11 17:35 | 大人の遠足 | Comments(0)