大原の麗猫

暑い昼下がりの常時? 世田谷区大原1-23-8のひと。

b0058021_09144622.jpg
b0058021_09144709.jpg


PENTAX Q7
WIDEZOOM 08



# by coolys1 | 2018-07-19 09:15 | クルツとランゲ | Comments(0)

木更津キャッツアイ 2018

木更津港夏猫造所にて

b0058021_12183823.jpg


iPhone 6





# by coolys1 | 2018-07-16 12:19 | クルツとランゲ | Comments(0)

TECNICA43 №02(実は№11)  Maserati Boomerangを巡る妄想の時間

何十年も前に発売時に買って、すぐに塗装剥がして再塗装。その時にガタガタだった可動部もすべて固定。(*注-1)
でもどうして、こんな旧日本海軍の機内色みたいな青竹色に塗ってしまったのだろうと今更不思議がる。
今回、再塗装とリビルドを考えてちょっと分解してみる。


b0058021_09512489.jpg


非常に自分好みのよい出来栄えである。 *とくにダイキャスト製+樹脂のシャーシ・エンジン部の再現等が秀逸。(見えないシャーシ裏側も)

b0058021_09512393.jpg

エーダイが潰れる寸前にリリースされた1/43のミニカー(スーパーカー)シリーズのTECNICA43

メインラインの1/28シリーズでモデル化されていた車種をそのままスモールサイジングにしてなんか慌てて出していたようだ。
1/43のテクニカ43のパンフレット。 1/43国際スケールを声高に謳う。
b0058021_09512496.jpg
b0058021_09512457.jpg



これみると、Countachがシリーズの№01っぽくなっているが、自分の記憶では TECNICA43のCountachを店頭で見かけた記憶がないのである。
自分がそれ以外に持っているのは、№03のFerrari Rainbowだけという。

ちなみにBoomerangの箱のナンバーリングはなんと№11Rainbow№12だったのでそれが正しいナンバーリングだったのだろう。
推測の域をでないけどTECNICA43の最初のモデルはBoomerangなのかもと思ってしまうのだ。(二番目の発売がRainbowというわけ)

TECNICA43は、人気に陰りの出てきたスーパーカーよりもヴェンチュリーカーでまた流行り始めたF1シリーズにリソースを集中させていたのかも知れない。
(F1シリーズもいくつかバタバタと出ていた。 自分はG・ニルソンのImperial Lotus77や地味なMarchを持っていた  *現在行方不明)

CountachやstratosやEspritやDino(RS=prototype)はGRIP1/28で以前から出ていたのでとっとと出しても良かったのかも知れないけど
どうも(逆にすぐに出来そうだからか?)後回しにしていたのかも? 

個人的には当時大人気のPorsche935/77を超心待ちにしていたのだが、こちらは1/28すらも出ていなかったので、その期待も儚いものであった。(*注-2)
永大という会社が潰れる半年くらい前から百花繚乱でカタログ・パンフレットを賑やかしたこれらのドリームカーは、
WWIIの終戦間近の試作戦闘機群なんかを連想させてしまい、今見ると大風呂敷というかなんだか虚しいものがある。

冷静に読み解くと パンフに4月発売となっていたものはギリギリ出せて、5月発売のものはアウト! という訳か・・・
そうするとCountachは4月発売予定だったので。やっぱり出ていたのかなぁ? 
出ていれば、当時世界最高の出来の1/43ダイキャストモデルになっていた可能性があるだけに興味は尽きない。
Boomerangもよい出来の1/28のスモールサイジングとは言っても、1/43の可動部はガタガタであり、かなり無理した製品化であったのは
自分でもわかったので、シザードアなんかで、より微妙な可動部を持つCountachはその再現に苦労した(する予想)とも考えられる。


パンフレットの最後に載っていた1/28シリーズのホワイトボディ達。
シリーズ後半のMaserati Boraなんかエンジンやシャーシ含めて非常に良い出来だった。(スケールが半端なので買わなかったけど)

実車のBoomerangBoraのエンジン&シャーシを流用していたので、モデルもそれに習ったか、非常によいエンジン周りを再現している。
この頃のトミカダンディ43やダイヤペットが考えもしなかった細部に凝った見せ方はエーダイがプラモデルもやっていたからかな?

Countachもそうだけど TECNICA43シリーズでも母体のBoraもぜひ出してほしかった。。。。(*注-3)
b0058021_09512462.jpg







(*注-1) 可動部は左右ドア・エンジンフード・リトラクタブルヘッドライトだったが、ドアの可動部がその形状故ガタツキが酷かった。

(*注-2) 当時プラモでも大人気だった935シリーズだったが、実車があまりにも強すぎてヒール感が出たのか?
      935/77に至ってはなぜか1/43ダイキャストモデルではモデルが薄く、
      どうしても欲しい人は高価でスキルの高い外国製のメタルorレジンキットやその完成品を大枚はたいて買うしかほぼ方法がなかったと思う。
      よく調べると1/28モデルは、発売されていたようです。

(*注-3) Maserati Boraも1/43ではなかなか良いモデルがなく。43に移行する前の1/45のダンディ製や1/43のはずなのに何故か1/45のメーべ製くらいだった。
      その後、真の1/43を謳ったサクラのは、歴史的に凄いモデルで、同社のstratosと並びボルシチに入る面取りした馬鈴薯のようなスタイルで凄く萎えた。
      なのでもしEIDAIが1/28のスタイリングのスモール化を成功させていたら、そのBoraは世界的にも素晴らしいモデルになっていたに違いない。。。






# by coolys1 | 2018-07-01 11:06 | 1/43の世界 | Comments(0)

Dream Car.

こんにちは、シャーク深町こと事件屋稼業のジョータローです。

六泉寺氏の"はっぴぃな日々"を徒然に語っています。

今回は氏に最近降り注いだ「はっぴぃな出来事?」をここにファイルしておきます。

6月のとある雨模様の明け方、六泉寺氏は、見慣れたような でも見慣れていない街を彷徨っていました。

そりゃそうですね。彼の彷徨っているのは、彼の夢の中に出てくる街なんですからね。

路の両側には車の整備工場が連なる処のようです。 氏はふと、ある工場にいる人に興味を持ちそこに入っていきました。

その人は長年、氏の愛車「ALPINE V6 TORBO」の整備でお世話になっていたL社の○山社長だったのです。

二年くらい会わない内に○山社長はずいぶんと雰囲気が変わっていましたが(パット見はVan Dyke Parksのようです。)
あちらもすぐに六泉寺氏のことを判ったようで、ブログに書けないような卑猥な言葉と珍しい笑顔で挨拶してくれました。
(俺の何処がエロ親父だよ!!って六泉寺氏はその時思ったようですが・・・)

六泉寺氏が社長に近況とちょっとした悩みを話すと

「そうか、やっぱりクルマ乗ってないのかぁ・・」

「ウチに、ちょうどいいクルマがあるんだよなぁ、欲しけりゃ只であげてもいいから見に来るか?」

「えっ? それは何ですか?」と氏が問うと


ボルボ M15だよっ!


???ぼ ボルボM15 ???


氏はボルボにはそれほど詳しくはないけど、それでもM15なんていうモデルは、
後にも先も聞いたことがないので興味が湧きまして 早速、ついていくことにしました。
(なにより社長が自分に勧めるからには、きっといいクルマに違いない!と)

さて、ほんの数件先にあるL社は氏が頻繁に通っていた時と違い、かなり繁盛しているようで○山社長はもはや自分で整備をしてなくて
大勢のスタッフが働いていました、工場も隣とつなげて広くなっていて、目の前では若いスタッフがダルマセリカの整備をしていました。

「これだよ M15」と社長が指さしたのは、白いボディカラーの軽トラより一回り大きくて、車高のやたら低いピックアップでした。。。

b0058021_17573875.jpg
「牽引車は剛性上げるため、溶接して固定しちゃったから、まぁ六輪車かなぁ」
と笑いながら言う社長。

車高がやたら低くて格好いいので氏も気に入りました!
それにしてもこのボルボは何の目的でつくられたのだろうか?
この小さいドアから俺ははたして乗り降り出来るのだろうか?

いろいろ疑問だらけの中、六泉寺氏はこのクルマに乗ることを密かに決めたのでした。

そしてこのはっぴいな密かな夢物語は、ここで終わりになるのでした。






注-1
この夢の中に出てくるボルボは「VOLVO社」のクルマとは一切関係ありません、あしからず。

注-2
ちなみにコクピットはこんな感じだったみたいです。
b0058021_18095088.jpg










# by coolys1 | 2018-06-24 18:14 | はっぴぃな日々 | Comments(2)

HIACE=SANT'AGATA

Lamborghini LP640 Style?

b0058021_19044857.jpg

# by coolys1 | 2018-06-13 19:05 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

SEVEN

五十二型丙あたりか?

b0058021_10372018.jpg

PENTAX Q7
02STANDARDZOOM


-----------------------------

# by coolys1 | 2018-04-29 10:38 | 伊太麗利・尽癖利 | Comments(0)

浜松に"A"が溢れた日 2018 その3

前回の続き そして今回はA310が三種類集まりました(壮観)

b0058021_10232033.jpg

A310injection 1974年から登場したと思われる4気筒A310の後期型です。
オリジナルカラーのブラウンメタリックはかなり洒落ていて文句なしにフランスのクルマだなぁと思います。
この後のポストモダンなD500~503シリーズに発展していく70'モダンなデザインの原点を示すディテールですね。


b0058021_09150076.jpg

クロームメタリックなトリムが時代感を感じさせますが、ボディカラーと車内のモトリタのスポークとのコントラストは最高です。
そして直線的と言われるA310のAピラー周りのかなり柔らかい面構成を示してくれています。

b0058021_09150082.jpg
現代のクルマと違い低いボンネットにギリギリの線で開口するホイールアーチが素敵ですが、
これは当時Wウィッシュボーンレイアウトで達成出来るバランスですね。

b0058021_09150114.jpg
4気筒A310のアイコン 6灯のライトハウジング。
injectionになってノーズ側に来たエアインテーク(室内換気用)と相まってかなり未来的な印象を与えてくれます。
(インテークについてはキャブ時代についていた位置では殆ど効果が無かったのだろうというのが、定説になりつつあります。)

b0058021_09150181.jpg
しつこいですが、 ブラウンメタにクロームパーツが映えますねぇ ・・・・

そして初めて見る injectionのエンジンルームでした。 ギッシギシのターボ501から見ると牧歌的というかスカスカで見た目は楽観的に感じますが
こと冷却に関しては、第二会場に移動する渋滞路ではかなり水温が上がって、オーナーは熱い車内で冷や汗かいたそうです。

b0058021_09150153.jpg

そして 二年後の1976年にモアパワーを求めてPRV6を載せた A310/V6 
WRCでもGR.5マシーンとして登場してましたね。

b0058021_09150135.jpg
A310/V6はMCを行いながら1984年頃まで作られていますが、このオーナーの個体はホイールボルトが4穴なので81年以降のモデルでしょうか?(それまでは3穴)
オプションのPAC GT4用のトレイ式ウィングが付いています。

b0058021_09150167.jpg

決してコンパクトでない PRV6がしれっと収まっているエンジンルーム!
余裕を利用してか? バッテリーまでリアに移動しておりますね~。  エアインテークの下はシングルキャブレーターによる燃料供給です。
アルピーヌに載せられた自然吸気のPRVはD500になっても結局キャブレーターのままで、おそらくこのエンジンをそのまま使ったのでしょうね。

別リンク:参照 2009年に幕張で初めてみた自然吸気のD500=ALPINE V6GTはコチラ

b0058021_09482119.jpg

そして、1981のパリサロンでデビューし翌年の82年よりA310/V6シリーズの最終進化版?として登場した! 
A310GT(Le Pack GT)

当時のお値段125,000フランだそうです。(オプションのメタリックカラーが2,140フラン、革シートが4,900フラン そしてエアコンが8,640フラン)
b0058021_09150150.jpg
このA310一族では一番過激なルックスですが、スタイリングのベースは1979年のVERSION COMPETITION GROUPE IVとなるようですね。
(それはグループ4カテゴリーでの市販レースベースマシンで、お値段はなんと150,000フランですと。)

b0058021_10110935.jpg
このオーナーの個体は、キャブレーターが換装されておりました。
それはトリプルチョークのダウンドラフトウェーバーが二基(左右バンク)!
昔々、アルピーヌが好きで、当時のCG誌を読み倒した(笑)人は覚えているかも知れないというもので、
当時、フランスのアルピーヌセンターにクルマを持ち込みでないと装着できないというレアなオプションだったのです。
(逆にツインチョークのダウンドラフト3基は、部品キットとして買えたらしいから不思議ですね~)

b0058021_10110974.jpg
b0058021_10110953.jpg

うーん 雨の日とかは乗りたくないですね~これ。

オーナーさん このキャブの調整は関西から中京方面に頼んでいるそうです。 




では 最後に 浜松の青空をこの凶暴そうなインテークに飲み込ませて終了です。

b0058021_09150237.jpg

いや終了じゃない! まいどまいどの主催者の京都のテラさん!(本当に毎年開催ありがとうございます。)
そしてアルピーヌの貴重な手持ち部品の即売&じゃんけん大会 (私も少し提供いたしました)

b0058021_10311732.jpg
b0058021_10351211.jpg


また来年! そして来年もこの光景を観に参加したいなぁ・・・・
いや出来れば乗ってとか。


b0058021_10350828.jpg


CAMERA:PENTAX KP
LENS:HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


*お断り:写真上のライセンスナンバーは典型的なものを除き加工修正してます。
------------------------

# by coolys1 | 2018-04-21 10:48 | 仏車利 | Comments(0)

浜松に"A"が溢れた日 2018 その2

第一集合場所(うなぎ藤田の横の臨時P) 第二集合場所(浜名湖ガーデンパーク)の”A”達です。
主催者(京都のテラさん)の事前の発表ですと、この日集まったAは、以下のラインナップです。

A310(4気筒&V6)3台 
V6Turbo(D501)4台
V6Turbo/leman(D502) 6台!!
A610(D503) 5台!!


なんと! あの限定車のLemanが最大参加数となる結果となりました!
まぁV6TurboからLemanに乗り換えるオーナーがそれだけ多いってことですかね。
正規には50台しか日本に入っていないLemanなので、その12%が参加していたと言う訳です。

一方その次に参加数の伸びたA610も、正規輸入は50台未満なので、10%以上が参加したことになります!

D500~D503一族で一番人気の高い美尻を持つLemans

b0058021_09271277.jpg
b0058021_08495575.jpg
b0058021_08495532.jpg
オペルからルノーに来たルケマンがモディファイ&手直ししたと言われるフロント。
エレガントなD501よりファットなフェンダー造形は後継のA610オーナーも羨ましがる魅力的な部分ですね~♡
(ホイールは前後異径でF/16 R/17のBBS特注ディッシュタイプです。軽いだろうなぁ)
b0058021_08513231.jpg
b0058021_08512781.jpg
世の中と逆行するか?のように93年にリトラクタブルヘッドライトとなったA610
俗に薄目と言われますね。バンパーに整備されたコンビネーションランプ群もあって全天候戦闘機になってますね~。

メタリックのRedとBlueですが全て色が違って見えました! 四千台作られたD500~502と違い
このAの称号を持つ最後のRRのAlpineは、少ない生産台数からみても現場ではむしろ先祖還りして手作りに近いものかも知れません。

b0058021_08563897.jpg
触媒仕様のLemanから較べると、200kg程重く60馬力程高い馬力と全域で圧倒的なターボトルク、
そして大幅に剛性の増したシャーシで、乗ってみるとそれまでの一族とは全く違う快速快適なクルマのようです。

94年にはツインターボ化して400HP程度にチューンされたレースカーがルマン24時間レースで完走しています。
*その車両そのものは日本にあります。(多分今もどこかに?)日本にあるからOTTOが、1/18で作れないのかも??

そして、何故か?少数派?になったV6Turbo(D501)でも皆勤賞の方もいますので、まだまだ大丈夫ですね!

b0058021_09152668.jpg
ユーリエデザインのフロントマスクは、やはり80年代を代表するポストモダンデザインの最優秀賞でしょう。
(日本ではグッドデザイン賞を取ってますね)

ただフロントスポイラーはあまり効果的な仕事をしてくれませんから、
ガソリン減少時等は100km/h台の後半での巡航にはちょっとした度胸と(遊びの少ないステアリングへの)繊細な操舵感覚が必要です。


そしてその3への続きはこちら・・・・

b0058021_09205150.jpg


CAMERA:PENTAX KP
LENS:HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


*お断り:写真上のライセンスナンバーは典型的なものを除き加工修正してます。
------------------------


# by coolys1 | 2018-04-17 09:30 | 仏車利 | Comments(0)

浜松に"A"が溢れた日 2018 その1 

昨年は、D501-006Jを手放した徒労感で参加できませんでしたが今年は、なんとか参加。
そういえば2015年は出張先から電車で参加したけど、今年は友人を口説いて、彼のベイビーサソリで参加することに相成りました!

晴天の日曜日の朝、東名に上がれば、早速 速馬に・・・・
b0058021_09104402.jpg

わわわと思えば、今度はバックミラーに写るのは!?
なんと812!! 速馬っていうか、車名がすでに"SUPERFIRST"だもんねぇ こりゃ速すぎかも?


b0058021_09105306.jpg

追い越し車線の赤いクルマに比べると、左側車線の赤い車は牧歌的でしたね、 なるほど三車線あって正解みたいな?


b0058021_09105868.jpg

あと、かなり毒の強そうなサソリも走ってましたね。。。。


b0058021_09152622.jpg


そして着いたうなぎ屋(藤田)で頂いたうな重の(山)(竹とか松とか並とか上とかではなく ここはこういうカテゴリです)
一匹分ですねこれで、 でも税込み五千円近いお値段でしたから、鰻はほんまに高級になりました!

藤田さんは関東風です。 タレが上品な感じなのでふわっとした鰻には相性がいいかも知れません。
立派なお店構えなので、大人は白焼きで一杯と行きたい処ですがね~本当は!

b0058021_09255320.jpg


ということで、あれれ?"A"が1台も写らないまま その1終了です。


つづく

CAMERA:PENTAX KP
LENS:HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
iPhone 6




--------------------------



# by coolys1 | 2018-04-15 09:31 | 仏車利 | Comments(0)

春の西新宿

b0058021_08221160.jpg

# by coolys1 | 2018-04-13 08:22 | DULL.HAZY.BRIGHT | Comments(0)