人気ブログランキング | 話題のタグを見る

高山病

9/19以来搬送した車庫でお不動さんになっているD501-006J。一番怪しいイグナイターユニットを交換(*1)しても再始動なりませんでした。

主治医も忙しく(工場が修理車でいっぱい)、なかなか持ち込めない状況が続くので、とうとう往診にきてもらうことに。

とある夜(とはいっても近所迷惑にならない程度の時間) 156に乗ってきて往診。
高山病_b0058021_10513529.jpg



問題は、D501系の弱点であるデスビではないかと・・・・
もちろん自分で交換したイグナイターユニットはちゃんと火花を散らして仕事してました!(つまりクランク角センサーもOKちゅうこと)
高山病_b0058021_10513193.jpg


私がやると数時間位かかりそうな、デスビキャップを悪戦苦闘しながらも数分で外してしまうのはさすがプロ。


テスターで調べると、リークしまくりでした。

D501のデスビは湿気や軸からくるのかガスが溜まりやすく、ダメになりやすいのが評判のALPINE病(=高山病)なのです。

主治医いわくこの黒いカバーもあまり良くなくて付けないほうがいいとか、、 これはフロントエンジン用の雨水除けのカバーなのでリアエンジンのPRVには意味がないとか。
高山病_b0058021_10513310.jpg




で、、この日治ったか? というと実は治っていません。

実はテスト用に持ってこられたデスビキャップに付け替えてみたけど、そのキャップも調子がイマイチだったのです。。。。(*2)

結局 この日の往診で、「新品のデスビキャップ=どうせならローターも一緒に」買うほうがいいということになりまして
只今、ネットで物色中です。  BOSCHの部品なんだけどBMW用(*3)のものが付くらしい。。


これで治ればいいのだけど。。

直らなければ 燃圧?  そんなわけないか。


(*1)
イグナイターユニットは自分で脱着しましたが、取り付けボルト位置が殆どイジメ級の場所でコンチキショー!! 本当に整備しにくいクルマだと・・・

(*2)
湿気抜きのホールを開けたものでしたが、いかんせん中古なのでどうも各端子間の絶縁が落ちていたとか。

(*3)
もちろん純正品番は日本では入手不可。 仲間の情報でBMW用BOSCHの汎用品にたどり着きました。。。
セール品で2万くらい ヤフオクであれば1万5千円くらいでしょうか。
by coolys1 | 2016-10-09 11:09 | 仏車利 | Comments(0)


<< 君の名は、、、、辣子鶏 特選食材!? >>